トレンド

寒い冬に!絶対にスープまで飲み干したい全国のラーメン店5選

寒い冬には、温かい食べ物が恋しくなるもの。そんなときに手軽に楽しめるのが、熱々のラーメンです。湯気の立ちのぼるスープから麺をすするのは、まさに至福のとき。そして美味しいスープを一滴残らず飲み干したあとは、体だけではなく心までぽかぽかと温まりますよね。今回は、お店で実際に食事をした方々の口コミ情報を元に編集部が選定した、全国でおすすめの「絶対にスープまで飲み干したい全国のラーメン店」をご紹介します。

#店舗1:えびそば 一幻 総本店(北海道)

札幌市営地下鉄 南北線 中島公園駅 2番出口より徒歩15分の「えびそば 一幻 総本店」。甘えびの濃厚な旨みが効いたスープは、北海道ならではの逸品。

最初にご紹介するお店は、札幌市営地下鉄 南北線 中島公園駅 2番出口より徒歩15分の『えびそば 一幻 総本店』。行列必至の名店です。
北海道の魅力と言えば、新鮮な海の幸ですよね。「えびそば 一幻 総本店」では、そんな北海道のえびの美味しさが、ぎゅっとつまった絶品ラーメンが味わえます。
毎日、大量の甘えびの頭をじっくり煮込んで作られるこだわりのスープは、えび好きにはたまらない美味しさ。

そのまま えびしお(830円)は、えびの香り豊かな基本の味。スープや麺の組み合わせはカスタマイズ可能。

写真のメニューは、そのまま えびしお(830円)。えびの味わいをストレートに堪能できるスープが特徴です。
スープは塩、味噌、醤油の3種類の味と、えびの風味を活かした「そのまま」、少々とんこつスープを足した「ほどほど」、さらにとんこつスープを増した「あじわい」の3種類との組み合わせから選べます。
人気の組み合わせは、そのまま えびしおとあじわい えびみそ(830円)なので、迷ったときはどちらかを注文してみましょう。
麺は、スープがよく絡む極太麺と、スープの味を引き立てる細麺の2種類から選べるので、お好みの組み合わせで、甘えびの豊かな味わいを楽しみましょう。

店舗情報

えびそば 一幻 総本店
住所:北海道札幌市中央区南7条西9丁目1024-10
電話番号:011-513-0098

#店舗2:麺屋 海神(東京)

JR 山手線 新宿駅 東南口より徒歩2分の「麺屋 海神」。あっさりとした魚介系のラーメンが味わえるお店。

続いてご紹介するお店は、JR 山手線 新宿駅 東南口より徒歩2分の『麺屋 海神』。新鮮な魚のあらを炊き上げた魚介系ラーメンが味わえるお店です。
当日仕入れる魚によって、異なる風味が楽しめるスープ。使っている魚は店内に掲示してあり、その日の出汁をじっくり味わいながら楽しめます。
また、トッピングは鱈のすり身と海老のつみれ、鶏つくねが特徴で、あっさりとしたやさしい味のラーメンに仕上がっています。

その日に仕入れた魚のあらで出汁をとる、あら炊き塩らぁめん(880円)。季節を感じられる風情あるラーメン。

写真のメニューは、あら炊き塩らぁめん(880円)。
透き通ったスープは、ラーメンスープなのに高級感があり、上品な味わいと評判です。細麺とふわふわのつみれやつくねもスープによく合っていて、スープの美味しさを引き立てます。
締めは、ご飯メニューのへしこ焼きおにぎり(220円)を入れて、雑炊風に楽しむのがおすすめ。具材も追加注文可能です。最後の一滴までしっかりと味わいたいですね。

店舗情報

麺屋 海神
東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル 2F
電話番号:03-3356-5658

#店舗3:らぁ麺 飯田商店(神奈川)

JR 湯河原駅より徒歩9分の「らぁ麺 飯田商店」は、日本屈指の美味しさと名高いお店。素材にこだわりぬいた味が楽しめる。

続いてご紹介するお店は、JR 湯河原駅より徒歩9分の『らぁ麺 飯田商店』。日本でも5本の指に入ると称されるほどの人気店です。
「らぁ麺 飯田商店」では、開店前から整理券が配られ、時間帯別に案内されるシステム。整理券を持っていない方も時間を置いてから案内されますが、整理券分のみで営業終了となる日もあるので、ぜひ開店前に来店して、整理券を入手しましょう。

わんたん入り しょうゆチャーシュー麺(1,730円)はまさにラーメンの完成形といえる美味しさ。具材、スープ、麺全てが絶品。

写真のメニューは、わんたん入り しょうゆチャーシュー麺(1,730円)。
ロースとバラのチャーシューに、純粋金華豚と山水地鶏の2種類のわんたんが楽しめる贅沢な一品は、お店の一番人気です。
スープは、あっさりしつつも丁寧に出汁を取った無化調スープ。ぷりぷり食感の細麺は、数種類の国産小麦がブレンドされ、その日によってブレンドや水の量が調整されています。
メニューは全て、化学調味料不使用で素材にも強くこだわった体にもやさしいラーメンです。

店舗情報

らぁ麺 飯田商店
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
電話番号:0465-62-4147

#店舗4:烈志笑魚油 麺香房 三く(大阪)

JR 新福島駅より徒歩2分の「烈志笑魚油 麺香房 三く」は、煮干しラーメンの名店。営業開始時間は名前にちなんで11時39分から。

続いてご紹介するお店は、JR 新福島駅より徒歩2分の『烈志笑魚油 麺香房 三く』。煮干系の濃厚な魚介ラーメンを楽しめるお店で、行列ができることも珍しくありません。
煮干系スープでもえぐみや苦みが全くなく、しっかりと効いた出汁の旨みを堪能できます。見た目よりもあっさりとした味わいで、スープを飲み干してしまう美味しさです。

かけラーメン(並 850円)は、煮干しの濃厚な味わいを楽しめるラーメン。魚介系好きにはたまらない美味しさ。

写真のメニューは、定番のかけラーメン(並 850円)。大きな煮干しが一匹のった、インパクトのあるラーメンです。
トッピングは、角煮のような柔らかいトロトロチャーシューと白ネギ、ほうれん草がのっています。
味変を楽しみたい方には、「くすり」と呼ばれる「やまつ辻田」の七味をリクエストするのがおすすめ。ラーメンに投入すると、柚子胡椒の豊かな香りが楽しめます。
冬季限定メニューには、丼いっぱいに広がるチャーシューがインパクト大の落とし蓋ラーメン(950円)も登場。1日10食限定なので、こちらも要チェックです。

店舗情報

烈志笑魚油 麺香房 三く
住所:大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F
電話番号:06-6451-4115

#店舗5:来来(福岡)

JR 新飯塚駅より15分の「来来」は、仕込み数が限られているため、朝から並ばないとなかなか入店できない人気店。

最後にご紹介するお店は、JR 筑豊本線 新飯塚駅より徒歩15分の『来来』。
看板などは出ていないため、外観ではラーメン店とは気づきにくい、知る人ぞ知るお店。しかしながら、遠方からもお客さんが訪れる人気店です。
1日数十杯の仕込みで、売り切れ次第営業終了となるため、お昼前に閉店していることもしばしば。お客さんが並んでいれば、早く開店することもあるので、開店時間を狙って並ぶのがおすすめです。

中華そば(大盛り 750円)は、博多ではなかなか味わえない透明な豚骨清湯。豚骨の旨味をダイレクトに味わえるスープで、トッピングはシンプルにチャーシューのみ。

メニューは、中華そばとごはんのみ。中華そばは、塩ラーメンのように透き通っているスープですが、れっきとした豚骨ラーメン。
麺は少し太めの柔らかい麺で、スープとの相性抜群。非常にあっさりとした、ちょうどいい塩加減のスープは、気が付けば飲み干してしまうほどの美味しさです。
カウンターのみのお店で、気さくな店主とラーメン談義も楽しめる、心温まる場所。ラーメン好きなら通いたくなること必至です。

店舗情報

来来
住所:福岡県飯塚市片島1-3-38
電話番号:非公開

冬にぴったりの、「絶対にスープまで飲み干したいラーメン」のお店をご紹介しました。いずれのお店も、素材から吟味したこだわりの味。美味しさがたっぷりと詰まっています。ラーメンファンの評判も名高い逸品揃いですので、ぜひ食べに出かけてみてくださいね。
※画像とユーザーの声はRettyから提供

ほかにもオススメ記事がいっぱい♪