トレンド

首都圏で人気の担々麺5選!痺れる辛さや濃厚でクリーミーな一杯を紹介

痺れるような辛さの一杯や濃厚でクリーミーな美味しさのものなど、独特の味わいがクセになる担々麺。さらに、汁なし担々麺やご当地グルメの勝浦タンタンメンといったバリエーションもあります。今回は、お店で実際に食事をした方々の口コミ情報を元に編集部が選定した、首都圏で人気の「担々麺」のお店をご紹介します。

#店舗1:ほうきぼし+神田店(東京都)

JR神田駅から徒歩30秒にある「ほうきぼし+神田店」は、汁なし担々麺が有名な人気店。

初めに紹介するのは、JR中央線神田駅(北口)から徒歩30秒の『ほうきぼし+神田店』です。
テレビなどのメディアでも取り上げられることが多く、担々麺の激戦区として知られる神田エリアの中でも突出した人気を誇ります。ランチタイムは行列必至。

8種のスパイスが使用された肉味噌とともに、小松菜、もやし、揚げ麺、ナッツがのった汁なし担々麺(850円)。

「ほうきぼし+神田店」で人気を集めているのは、汁なし担々麺(850円)です。
8種のスパイスが使用された肉味噌を囲むように、小松菜、もやし、揚げ麺、ナッツがのっていて、食感も楽しめるのだとか。もっちりとした太麺は肉味噌とよく絡んで、辛さのバランスもよいのだそうです。
卓上の乾燥ニンニクチップを追加して、味を変化させることも可能。小ライス(50円)を残った具と混ぜて、追い飯を楽しむ人もいます。

店舗情報

ほうきぼし+神田店
住所:東京都千代田区内神田3-19-9
電話番号:03-3251-8053

#店舗2:豆でっぽう(千葉県)

店内は照明の光を落とした落ち着いた雰囲気の「豆でっぽう」は、JR常磐線天王台駅から徒歩2〜3分。

続いて紹介するのは、JR常磐線天王台駅(北口)より徒歩2〜3分の『豆でっぽう』。オープンと同時に満席になり、行列ができることが多いという人気店です。
店内にはカウンター席や小上がりのテーブル席、個室があり、店内の雰囲気もよいと評判です。

たっぷりの胡麻とカシューナッツを使い、濃厚でクリーミーと評判の担々麺。麺は細めの縮れ麺。

担々麺(830円)は、たっぷりの胡麻とカシューナッツを使ったスープが、濃厚でクリーミーで美味しいのだとか。辛さは控えめでありながらも、スパイシーだそうです。
別皿に添えられた山椒を途中で加えて、味の変化を楽しむことができます。半ライス(50円)やライス(100円)を一緒にオーダーする人が多く、スープとご飯の相性も抜群だそうです。
夏には、曜日限定で冷やし担々麺(820円)も楽しめます。

店舗情報

豆でっぽう
住所:千葉県我孫子市柴崎台2-6-21
電話番号:04-7185-4010

#店舗3:匠(神奈川県)

「匠」はJR横浜駅から徒歩2分。2種類の唐辛子を使用した自家製辣油を使った担々麺や、麻婆豆腐が楽しめるお店。

続いて紹介するのは、JR横浜駅から徒歩2分『匠』。「匠」は「たくみ」ではなく、「ジャン」と読みます。
担々麺と麻婆豆腐の専門店で、自家製辣油には韓国産の赤唐辛子と、中国産の朝天椒(チャオティエンジャオ)という2種類の唐辛子を使用。辛さと美味しさを引き出す決め手となっています

麻辣担々麺(890円)は、濃厚な胡麻のコクとほどよい辛さで痺れる美味しさだと人気のメニュー。

濃厚な胡麻のコクがあり、ほどよい辛さで痺れる美味しさだという麻辣担々麺 (890円)。特製の麺と辛いスープがよく絡むのだとか。
辛増しは一辛(30円)、二辛 (60円)、三辛(90円)で、さらに辛さをアップすることも可能。辛いものが好きな人には、三辛が人気です。

店舗情報


住所:神奈川県横浜市西区高島2-16横浜ポルタB1F
電話番号:045-440-0141

#店舗4:永吉(埼玉県)

一品料理も評判で、夜は中華居酒屋として楽しめる「永吉」。お店までは、JR京浜東北線西川口駅から徒歩2分。

続いて紹介するのは、JR京浜東北線西川口駅から徒歩2分の『永吉』。担々麺が美味しい店として知られていますが、夜は中華居酒屋として楽しむ人もいます。
店内では、矢沢永吉の曲がBGMとして流れているのだそうです。

辛さや痺れ、胡麻の風味などのバランスがよいと人気の看板メニュー、担々麺(850円) 。辛さを3段階から選ぶことが可能。

看板メニューの担々麺(850円)。辛さは普通・中辛・大辛の3段階から選ぶことが可能。
「辛さ、痺れ、酸味、ゴマの風味、中太麺と、バランス良し。コクはあるがゴマゴマし過ぎず、しつこくなくて万人ウケする担々麺かな。」という声もあるほど。「普通」はほどよい辛さで辛さが苦手な方でも美味しく頂けそうです。
麺類には無料で、お茶椀サイズの小ライスをつけられます。「白飯とコラボすることで、山椒の辛さと胡麻の風味が食を進ませる。」のだとか。

店舗情報

永吉
住所:埼玉県川口市西川口1-5-5 MFハイツ1F
電話番号:050-5890-9210

#店舗5:御食事処いしい(千葉県)

「御食事処いしい」はJR外房線勝浦駅より徒歩15分の勝浦タンタンメンの人気店。刺身定食などの定食類も楽しめるお店。

最後に紹介するのはJR外房線勝浦駅より徒歩15分の『御食事処いしい』。
勝浦のご当地B級グルメ、勝浦タンタンメンの人気店です。毎月1~15日に勝浦朝市が開かれる下本町朝市通り沿いにあり、朝から勝浦タンタンメンを楽しむことができます。
勝浦タンタンメンは、醤油ベースのスープにラー油がたっぷり入り、具材はひき肉とミジン切りの玉ねぎが入っているのが基本。
「御食事処いしい」では、焼き魚定食(900円)や刺身定食(1,300円)などの定食や、サザエカレー(1,000円)といった海辺の街ならではのメニューも味わえます。

生の玉ねぎがトッピングされているのが特徴のタンタンメンは、辛いのが苦手な人は辛さ控えめのオーダーも可能。

「御食事処いしい」のタンタンメン(800円)は、生の玉ねぎがトッピングされているのが特徴。玉ねぎが良いアクセントになっているのだとか。
オーダー時に辛さを確認されるそうで、辛いのが苦手な人は控えめにすることが可能。辛さが足りない人は卓上のラー油で調節することもできます。
食べ進めると辛さがじんわりと効いてきて、病みつきになるそうです。チャーシュータンタンメン(1,000円)は食べ応えがあるのだとか。
塩タンタンメン(800円)や味噌タンタンメン(900円)、カレータンタンメン(900円)といったスープのバリエーションもあります。

店舗情報

御食事処いしい
住所:千葉県勝浦市勝浦159
電話番号:0470-73-7153

辛いイメージのある担々麺ですが、意外とマイルドでクリーミーな一杯もあります。もちろん、辛さを増して激辛な一杯を楽しめるお店もありますよ。お店独自のこだわりある担々麺を求めて、ぜひ、お店まで足を運んでみてくださいね。
※画像とユーザーの声はRettyから提供

ほかにもオススメ記事がいっぱい♪