トレンド

【全国版】夏にピッタリ!ひんやり「Cool」な名グルメ9選

蒸し暑い夏のつらさを和らげてくれるものといえば、口当たりのよい「Cool」なグルメ!暑い夏にピッタリなお気に入りのグルメが食べられると思うと、猛暑日でも外出が楽しみになりますよね。今回は、お店で実際に食事をした方々の口コミ情報を元に編集部が選定した、全国で人気の「ひんやりCoolなグルメ」をご紹介します。

#1:冷やし中華(東京都)

「揚子江菜館」の五色涼拌麺(1,510円)。具沢山で味もお墨付き。

最初に紹介するのはこちら、五色涼拌麺(1,510円)。東京都千代田区にある「揚子江菜館」でいただける人気の冷やし中華です。
富士山のようなビジュアルがキレイですね!「錦糸卵に海老、ハム、肉団子、椎茸、キュウリ、インゲン、春雨、シナチク、そしてうずらの卵と何とも具だくさん」と、ボリュームも満点の様子。
リピーターに「この素晴らしいビジュアルだけで価値のある一皿」と言わしめる一品です。

こちらは担々冷麺(1,030円)。冷たすぎない、ほどよいひんやり感も魅力。

五色涼拌麺がいただける「揚子江菜館」は、諸説はありますが「冷やし中華発祥のお店」といわれていることで有名です。通年で冷やし中華が提供されているところも特徴のひとつ。夏といわず、いつでも人気メニューの味が楽しめるのは嬉しいですね!
「揚子江菜館」へのアクセスは、都営地下鉄 新宿線・三田線、東京メトロ 半蔵門線 神保町駅A7出口より、徒歩2分です。古本屋巡りの腹ごしらえにいかがですか?

店舗情報

揚子江菜館
住所:東京都千代田区神田神保町1-11-3
電話番号:03-3291-0218

#2:冷製パスタ(東京都)

冷たい桃のスパゲッティーニ(アラカルト単品で2,000円)。これを食べるために予約する方も多いというスペシャリテ。

次に紹介するのはこちら、冷たい桃のスパゲッティーニ(アラカルト単品で2,000円)。 東京都中央区銀座にある「クラッティーニ」のスペシャリテです。
この冷製パスタの魅力は、メインの具材であるたくさんの桃。桃の甘酸っぱさはそのままに、「シャキシャキかためで野菜のようにいただける」と評判ですよ。

こちらはランチコースについてくる「地味野菜のインサラータ」。フルーツだけでなく、野菜もたっぷり摂れるところが魅力。

「クラッティーニ」の特徴は、先ほど紹介した冷たい桃のスパゲッティーニのように、フルーツを使ったパスタが多く用意されていること。桃や柿、イチゴなど、旬のフルーツが楽しめるとのことで、グルメ番組や雑誌などにも多く取り上げられています。
「クラッティーニ」へのアクセスは、東京メトロ 東銀座駅3番出口より、徒歩3分程度。予約だけで満席になってしまうこともある人気店なので、お出かけの際は事前予約がおすすめですよ。

店舗情報

クラッティーニ
住所:東京都中央区銀座3-12-19里垣ビルB1F
電話番号:03-6278-7339

#3:冷やしうどん(香川県)

香川県綾歌郡の「本格手打うどんおか泉」でいただけるひや天おろし(972円)。エビの天ぷらは存在感抜群。

次に紹介するのはこちら、ひや天おろし(972円)。香川県綾歌郡の「本格手打うどんおか泉」でいただける人気のうどんです。
まず目を惹くのが、存在感あふれるエビの天ぷら!揚げたてのサクサクとした食感が楽しめる他、「エビを食べた感じがハンパない」と、身の歯ごたえも満点というコメントが寄せられています。
「冷たいうどんに大根おろしがのっていて、エビ天が2尾入っています。これにダシをかけていただきます。最高に美味しいです」というコメントも。この味を求めて、遠方からでも足を運びたくなりますね!

こちらは生じょうゆ(432円)。「醤油とすだちだけでこんなに美味しいのはすごい」と評判の一杯。

「本格手打うどんおか泉」は、地元・香川で屈指の「讃岐うどんの名店」として知られているところが特徴です。
「本格手打うどんおか泉」へのアクセスは、JR 予讃線・本四備讃線 宇多津駅から徒歩15分。ツヤツヤとしてコシもあるうどんが食べたい時にぜひどうぞ。。ツヤツヤとしてコシもあるうどんが食べたい時にぜひどうぞ。

店舗情報

本格手打うどんおか泉
住所:香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10
電話番号:0877-49-4422

#4:海鮮丼(静岡県)

「鮮魚・お食事処山正」でいただける山正丼(970円)。数量限定のメニューで、並ばないと食べられないと噂の一品。

次に紹介するのはこちら、山正丼(970円)。静岡県沼津市にある「鮮魚・お食事処山正」でいただける、数量限定の人気メニューです。
ほどよいサイズの新鮮な具材がたくさん入っているメニューで、「きゅうりの歯応え、イカの食感、サーモンや中トロのとろける感がめちゃくちゃ美味しい!」と評判ですよ。

こちらは刺身DX定食(1,200円)。マグロ、イカ、ねぎとろ、アジ、太刀魚の炙りなどがたっぷり盛られた一品。

「鮮魚・お食事処山正」は、獲ったばかりの地元の幸が楽しめるところが特徴。さらに定食は1,000円以内、ランチメニューも1,000円前後と、リーズナブルな価格設定になっているのも嬉しいポイントです。
静岡県沼津市にある「鮮魚・お食事処山正」へのアクセスは、JR 東海道本線 沼津駅南口から徒歩7分。ちなみに遠方からも多くのファンがやってくる人気店のため、「山正丼をランチに食べるなら朝10:30に並ばないと食べられない」のだそうです。時間に余裕を持ってお出かけください。

店舗情報

鮮魚・お食事処山正
住所:静岡県沼津市平町3-14
電話番号:055-963-0377

#5:冷やしラーメン(山形県)

山形県山形市の「栄屋本店」でいただける冷やしらーめん(800円)。「夏にこそ食べてみたい一杯」と評判。

次に紹介するのは、冷やしらーめん(800円)。山形県山形市の「栄屋本店」でいただける、人気の冷やしラーメンです。
あっさりめのスープに透き通った氷が浮かんでいて、「見た目もキレイ」とのこと。「麺もコシがあってのど越し最高。牛モモ肉のチャーシューが歯ごたえ抜群」と、夏にこそ食べてみたい一杯に仕上がっているそうですよ。

こちらは冷やしワンタンチャーシューメン(1,150円)。「ワンタンが美味しかった」と評判。

「栄屋本店」は、山形名物である冷やしラーメンの老舗中の老舗。こちらのお店の初代が日本で初めて冷やしラーメンを提供し始めたそうで、新幹線で通いつめるファンまでいるのだとか。
「栄屋本店」へのアクセスは、JR 奥羽本線 山形駅からタクシーで5分です。名店の冷やしラーメンをいただきたい時におすすめです。

店舗情報

栄屋本店
住所:山形県山形市本町2-3-21
電話番号:023-623-0766

#6:冷や汁(宮崎県)

宮崎県宮崎市の「ふるさと料理杉の子」でいただける冷や汁定食(1,000円)。夏季限定(5月~8月)の人気メニュー。

次に紹介するのは、冷や汁定食(1,000円)。宮崎県宮崎市の「ふるさと料理杉の子」でいただける、夏季限定(5月~8月)の人気メニューです。
「宮崎と杉の子を代表する郷土料理」という冷や汁をはじめとして、栄養をたっぷり摂れる品々がセットになっているところが魅力。めざし、小鉢、麦めしなど、「さっぱりさらさらと美味しくいただける」と評判ですよ。

こちらはコース料理内のお刺身。旬な食材の味はもちろん、涼やかな盛りつけも魅力。

「ふるさと料理杉の子」の特徴は、とことん地元の食材にこだわっていること。いつでも旬の味を楽しんでほしいという願いから、1年に7回もメニューが変わるのだそうです。
「ふるさと料理杉の子」へのアクセスは、JR 日豊本線 宮崎駅から徒歩20分、バス(宮崎交通)で10分。普段使いはもちろんのこと、記念日のお祝いや結納の会場としても使われている人気店です。ご予約はお早めに。

店舗情報

ふるさと料理杉の子
住所:宮崎県宮崎市橘通西2-1-4
電話番号:050-5596-1587

#7:冷麺(岩手県)

こちらは岩手県盛岡市の「食道園」でいただける冷麺(別辛・950円)。シンプルながらも絶品と評判。

次に紹介するのはこちら、冷麺(別辛・950円)。
岩手県盛岡市の「食道園」でいただける、盛岡冷麺の人気メニューです。麺、スープ、牛チャーシューなどのトッピングが少々というシンプルなメニューですが、「麺もスープもかなり美味しいです!」とのこと。
「麺はコシが強くて、食べるとプリッとした食感」で、スープも「酸味が強いのかと思いきや、甘めで牛の旨味がつまった感じ。飲み心地は非常にスッキリとして美味しかった」そうですよ。

こちらは冷麺(別辛)に付属するカクテキ。「大根自体はかなり柔らかくて美味しい」とのこと。

盛岡冷麺発祥の店として知られる「食道園」ですが、焼き肉も絶品と評判です。のどごしの良い冷麺とカルビがセットになったランチメニューも用意されているので、お店の自慢の味を堪能したい時は注文してみてくださいね。
「食道園」へのアクセスは、JR 山田線 上盛岡駅より徒歩13分です。地元の方はもちろん、出張中や旅行中のお客さんも多いそうですよ。

店舗情報

食道園
住所:岩手県盛岡市大通1-8-2
電話番号:019-651-4590

#8:かき氷(栃木県)

こちらは栃木県日光市の「松月氷室」でいただける生いちごプレミアム(900円)。ふわふわの氷といちごの果肉シロップが魅力。

次に紹介するのはこちら、生いちごプレミアム(900円)。
栃木県日光市の「松月氷室」でいただける、かき氷の人気メニューです。写真からでもいちごシロップのジューシーさが伝わってきますね。
こちらは「苺が大量に入荷したときだけ登場するレアなかき氷」だそうで、まさにプレミアム!フワフワのかき氷の中にもいちごが入っているそうなので、いちご好きな方にぴったりの一品。

こちらはメロメロメロン(時価)。器にメロンが使われている贅沢な一品。

「松月氷室」のかき氷は、日光の天然氷を削って作られるところが大きな特徴。「夏場は2~3時間並ぶほどの人気店」とのことなので、暑さ対策を万全にして出かけたいですね。
「松月氷室」へのアクセスは、JR 日光線 今市駅より、徒歩6分です。ちなみに営業自体は通年で行っているそうなので、夏の時期以外でも、かき氷を味わえるのは魅力的ですよね。

店舗情報

松月氷室
住所:栃木県日光市今市379
電話番号:0288-21-0162

#9:ジェラート(大阪府)

こちらはクリーミィピスタ(ピスタチオとクリーミィクリーミィのハーフアンドハーフ)600円。ナッツとミルクアイスの相性が抜群な一品。

最後に紹介するのはこちら、ピスタチオ+クリーミィクリーミィのハーフアンドハーフであるクリーミィピスタ(600円)
大阪府大阪市にある「ジェラテリアチルコドーロ」でいただける人気メニューです。
ピスタチオは「ナッツの味がめちゃくちゃ濃厚で、濃いのに全くしつこくなくてスプーンが止まらない」。クリーミィクリーミィは「ベーシックな味わいでピスタチオと相性抜群」とのことで、単品はもちろん、ハーフアンドハーフでもまた違った魅力が楽しめるそうですよ。

クリーミィルーナ(アモーレ・デッラ・ルーナとクリーミィクリーミィのハーフアンドハーフ)600円。サービスのひとくちジェラート付き。

「ジェラテリアチルコドーロ」は、ジェラートの世界大会での入賞経歴もある大阪屈指のジェラート屋さん。「暑さをふき飛ばすなめらかジェラート!」と、口コミでも大好評です。
「ジェラテリアチルコドーロ」へのアクセスは、大阪メトロ 谷町線 谷町六丁目駅より徒歩4分。ネットからお取り寄せもできますが、できたての美味しさを楽しみたい方はぜひ直接足を運んでみてくださいね。

店舗情報

ジェラテリアチルコドーロ
住所:大阪府大阪市中央区谷町7丁目3-4新谷町第三ビル114
電話番号:06-6767-0515

以上、全国で見つけた「ひんやりCoolなグルメ」を9選ご紹介しました。今回ピックアップしたのは、地元はもちろん遠方から通うファンもいる人気店ばかり。行きつけを作っておくと、暑い夏の訪れが楽しみになるかもしれませんよ。
※画像とユーザーの声はRettyから提供

ほかにもオススメ記事がいっぱい♪