トレンド

日本茶の本場京都で味わう!ほろ苦さが絶品の抹茶スイーツ9選

日本の古きよき文化が残る古都、京都。そんな京都を訪れたなら、ぜひ味わっておきたいのが、日本ならではの和の甘味や抹茶スイーツです。奥深い味わいに癒されること間違いありません。 今回は、お店で実際に食事をした方々の口コミ情報を元に編集部が選定した、京都で人気の「抹茶スイーツが食べられるお店」をご紹介します。

#店舗1:伊藤久右衛門 本店

京阪宇治線宇治駅より徒歩5分の「伊藤久右衛門 本店」。宇治茶で知られる老舗で、茶房が併設。

最初にご紹介するのは、京阪宇治線宇治駅より徒歩5分の『伊藤久右衛門 本店』です。宇治茶で知られる老舗で、宇治茶の販売店舗に茶房が併設されています。
茶房では、お茶とお菓子はもちろん、抹茶スイーツや抹茶そばも楽しめます。

中でも、抹茶をふんだんに使用したパフェが人気だとか。パフェをお目当てに行列ができていることも多いそうです。

定番から季節限定のものまで、美しいパフェが揃っており、抹茶や煎茶とセットにすることもできます。

抹茶パフェ(780円)。抹茶ゼリー、白玉、小豆、みかん、抹茶せんべい、生クリームなど、トッピングは盛りだくさん。

写真のメニューは、抹茶パフェ(780円)。抹茶のアイスに、抹茶ゼリー、白玉、小豆、みかん、抹茶せんべい、生クリームなど、トッピングは盛りだくさんです。自分で抹茶の濃さが調整できるよう、抹茶パウダーもついてきます。
さまざまな抹茶の味わいが楽しめるのはもちろん、濃厚な抹茶のお味が堪能できることで、人気を集めているそうです。上品な味わいはさすがだとか。
周辺には、「花やしき浮舟園」や「光流園静山荘」などの宿泊施設があります。

店舗情報

伊藤久右衛門 本店
住所:京都府宇治市莵道荒槇19-3
電話番号:0774-23-3955

#店舗2:嵐山おぶう

京福電鉄嵐山本線嵐山駅より徒歩1分の「嵐山おぶう」。桂川や渡月橋、嵐山の景色が一望できる。

続いてご紹介するお店は、京福電鉄嵐山本線嵐山駅より徒歩1分の『嵐山おぶう』。お土産店の2Fにあるお店です。
落ち着いた雰囲気で、窓からは渡月橋を見下ろすことができることから、デートなどゆっくりくつろぎたいときにもおすすめだとか。
メニューは、抹茶を使用した甘味のほか茶そばなどの食事も楽しめます。実は穴場としても地元で人気がある「嵐山おぶう」。嵐山観光とともに訪れてみてはいかがでしょうか。

特濃濃茶パフェ(1,300円)抹茶アイスに、白玉や抹茶カステラ、抹茶ゼリーなどトッピングがたくさんの一品。

写真は、「嵐山おぶう」で一番人気という、特濃濃茶パフェ(1,300円)です。
抹茶アイスに、白玉や抹茶カステラ、抹茶ゼリーなどトッピングがたくさんの一品。抹茶味が濃く、最後の一口までしっかり抹茶が堪能できると評判です。
抹茶アイスは、抹茶が一段濃いものが使われているとか。濃厚ですが、苦みよりも甘みがしっかり感じられるそうです。
周辺には、「京都嵐山温泉 花伝抄」や「嵐山温泉彩四季の宿花筏」などのお宿があります。

店舗情報

嵐山おぶう
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町37-17新八茶屋2F
050-3491-0784

#店舗3:中村藤吉本店 宇治本店

JR奈良線宇治駅より徒歩2分の「中村藤吉本店 宇治本店」。重厚な店構えが特徴の老舗。

続いてご紹介するお店は、JR奈良線宇治駅より徒歩2分の『中村藤吉本店 宇治本店』。重厚な店構えが印象的な宇治茶の老舗です。
暖簾をくぐると、お茶のよい香りが漂い、売店と風情のある庭が広がります。日によってはかなり混み合いますので、時間に余裕を持って訪れるのがおすすめだとか。待ち時間の間は、お土産や庭を見ることができるそうです。
カフェでは、さまざまな抹茶の甘味のほか、抹茶のうどんやそば、そうめんも楽しめます。

宇治本店限定の生茶ゼリイ(抹茶, 900円)。抹茶ゼリイと濃厚な抹茶アイス、小豆、白玉がトッピング。

写真のメニューは、生茶ゼリイ(抹茶 , 900円)。宇治本店限定のメニューです。
器は竹筒で、挽きたての抹茶を使用したゼリイと、濃厚な抹茶アイス、小豆、白玉がトッピングされています。
ぷるぷるの抹茶ゼリイは、筒の下までぎっしり詰まっていてボリュームたっぷりだとか。甘過ぎず、抹茶そのものを飲んでいるような、上品な苦みを楽しめるそうです。
ちなみに、生茶ゼリイにはほうじ茶もあり、こちらもおすすめだとか。
周辺には、「きみ家」や「鮎宗」などの宿泊施設があります。

店舗情報

中村藤吉本店 宇治本店
住所:京都府宇治市宇治壱番10
電話番号:0774-22-7800

#店舗4:茶寮都路里 祇園本店

京阪本線祇園四条駅より徒歩4分の「茶寮都路里 祇園本店」。宇治茶の老舗「辻利」が運営するカフェ。

4店舗目にご紹介するのは、京阪本線祇園四条駅より徒歩4分の『茶寮都路里 祇園本店』。
創業150年以上の宇治茶の老舗「辻利」が運営するカフェで、濃い抹茶のスイーツが味わえるとのことで評判です。こちらも行列ができていることが多い人気店。
さまざまなトッピングの抹茶パフェは、豪華で食べごたえがあるそう。季節の限定パフェも要注目です。パフェのほかには、抹茶ソフトや抹茶ドリンク、夏場にはかき氷も楽しめます。

都路里パフェ(1,178円)。抹茶アイスにほうじ茶と抹茶のゼリーや栗甘露煮、抹茶アイスやホイップなどがトッピング。

写真は、都路里パフェ(1,178円)。抹茶アイスにほうじ茶と抹茶のゼリーや、 栗甘露煮、抹茶アイス、抹茶ホイップ、小豆がトッピングされています。
抹茶と小豆がたくさんでボリューム満点ですが、さっぱりしていて、味の変化も楽しめるのでペロっと食べられてしまうとか。そのほかのパフェも、食べごたえのあるものばかりだそうです。
周辺には、「春夏秋雪 京の宿 ギオン福住」や「ぎおん畑中」などの宿泊施設があります。

店舗情報

茶寮都路里 祇園本店
住所:京都府京都市東山区祇園町南側573-3 祇園辻利本店 2F・3F
電話番号:075-561-2257

#店舗5:稲荷茶寮

JR奈良線稲荷駅より徒歩4分の「稲荷茶寮」。伏見稲荷大社の参道にある休憩所「啼鳥菴」内の日本茶カフェ。

続いてご紹介するお店は、JR奈良線稲荷駅より徒歩4分の『稲荷茶寮』。伏見稲荷大社の参道にある休憩所「啼鳥菴」の中にある日本茶カフェです。
大社御用達の老舗、伏見の「椿堂茶舗」が運営しており、大社献上の宇治抹茶や抹茶スイーツが味わえます。池に面しており、窓際やテラス席では美しい四季折々の景色を眼前で楽しみながら、ゆったりとくつろげるそうです。

濃い抹茶ぜんざい(1,100円)は白玉と小豆に抹茶をあわせた甘味。濃茶と甘い小豆とのバランスが絶妙な一品。

写真のメニューは、濃い抹茶ぜんざい(1,100円)。白玉と小豆に抹茶をあわせた甘味です。「お濃茶の風味としっかり甘い小豆とのバランスが絶妙」だとか。「椿堂茶舗」の抹茶のお味が堪能できるそうです。
ほかにも、献上宇治抹茶や稲荷パフェなどが楽しめますので、お参りの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。充実した時間が過ごせます。
周辺には、「アーバンホテル京都」や「ホテルジェントルフォックス京都」などの宿泊施設があります。

店舗情報

稲荷茶寮
住所:京都府京都市伏見区深草薮之内町68
電話番号:075-286-3631

#店舗6:甘味どころ ぎをん小森

京阪本線祇園四条駅徒歩4分の「甘味どころ ぎをん小森」。店内は広々としたお座敷。

続いてご紹介するお店は、京阪本線祇園四条駅徒歩4分の『甘味どころ ぎをん小森』。辰巳神社の前にある甘味処です。
かつてお茶屋さんだったといい、店内は広々としたお座敷となっています。日本家屋らしい上品な風情があり、雰囲気は抜群だとか。窓からは川の景色も楽しめます。
わらびもちが評判で、抹茶とともにさまざまなメニューで味わうことができます。夏には季節限定のかき氷も人気だそう。

わらびもちパフェ(黒みつ付き)1,580円。抹茶とバニラのアイスの中にあるわらびもちはとろとろもちもちの食感。

写真のメニューは、わらびもちパフェ(黒みつ付き , 1,580円)。抹茶とバニラのアイスに、中にはわらびもち、粒あん、カステラ、抹茶ゼリーが入っています。お好みにあわせて黒みつをかけて味わえます。
かなりボリュームがありますが、甘すぎない抹茶味で最後までおいしく味わえるとか。わらびもちは「とろとろもちもち」だそうです。
周辺には「祇をん新門荘」や「祇園吉今」などの宿泊施設があります。

店舗情報

甘味どころ ぎをん小森
住所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
電話番号:075-561-0504

#店舗7:ジュヴァンセル 祇園店

京阪本線祇園四条駅より徒歩9分の「ジュヴァンセル 祇園店」。八坂神社の近くにある和洋折衷のスイーツのお店。

続いてご紹介するお店は、京阪本線祇園四条駅より徒歩9分の『ジュヴァンセル 祇園店』。八坂神社の近くにある、京都ならではの和の文化が生きた和洋折衷のスイーツのお店です。
こちらも和スイーツの人気店のひとつで、行列必至。抹茶やチョコを使用した京をイメージしたケーキやアイス、ドリンクなどが楽しめます。
中でも、スイーツを抹茶チョコソースにくぐらせて味わう抹茶フォンデュが評判です。

祇園店限定のメニューの抹茶フォンデュ(1,512円)。合わせる素材は、果物や和菓子、洋菓子などさまざま。

写真が、抹茶フォンデュ(1,512円)。祇園店限定のメニューです。合わせる素材は、果物や和菓子、洋菓子などさまざま。どれもソースとの相性は抜群だそう。季節によって限定のフォンデュも登場します。
フォンデュでお菓子を味わったあとは、残った抹茶ソースに、ホットミルクを注いで抹茶ラテに。抹茶を思う存分味わえるスイーツです。
周辺には「花楽」や「坂の上」などの宿泊施設があります。

店舗情報

ジュヴァンセル 祇園店
住所:京都府京都市東山区八坂鳥居前南入清井町482 京ばんビル2F
電話番号:075-551-1511

#店舗8:通圓 宇治本店

京阪宇治線宇治駅より徒歩2分の「通圓 宇治本店」。創業は1160年で由緒ある老舗。

続いてご紹介するお店は、京阪宇治線宇治駅より徒歩2分の『通圓 宇治本店』です。
宇治川や宇治橋を眺めながら甘味や食事が楽しめるお店で、古民家風の落ち着ける雰囲気。創業は1160年(永暦元年)で、かつては秀吉が使用していた茶道具が展示されているという由緒のある老舗です。
宇治茶の老舗だけあって、抹茶のおいしさは間違いなしだとか。抹茶を存分に味わえる甘味が揃います。

上抹茶とお菓子(840円)。茶団子のほか、もなかやようかん、抹茶あんぱんなどから好きなものを選べる。

写真のメニューは、上抹茶とお菓子(840円)。
上抹茶には、宇治市栽培の「満天」を使用。お菓子は写真の茶団子のほか、もなかやようかん、抹茶あんぱんなどからお好きなものを選べます。
茶団子は苦みのある味わい深いお味だそう。お土産としても定評があるお団子ですので、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。
周辺には、「花やしき浮舟園」や「鮎宗」などの宿泊施設があります。

店舗情報

通圓 宇治本店
住所:京都府宇治市宇治東内1
電話番号:0774-21-2243

#店舗9:うめぞの CAFE & GALLERY

阪急京都本線烏丸駅より徒歩6分の「うめぞの CAFE & GALLERY」。京都らしい町家の雰囲気のお店。

最後にご紹介するお店は、阪急京都本線烏丸駅より徒歩6分の『うめぞの CAFE & GALLERY』。京都らしい町家の雰囲気のお店で、お団子やぜんざいといった定番の和菓子から、独自の和洋折衷のスイーツまでさまざまな甘味が楽しめます。
店内はモダンさも感じられる、シンプルな落ち着いた空間。大きな窓からは、趣深い箱庭が望めて雰囲気は抜群です。ギャラリーも併設されており、さまざまな展示が随時行われています。

抹茶のホットケーキ(930円)。ふわふわのホットケーキで、あんこと黒糖のバターがトッピング。

写真のメニューは、抹茶のホットケーキ(930円)です。京都産宇治抹茶の緑が色鮮やか。お箸で食べるふわふわタイプの分厚いホットケーキです。
あんこと黒糖のバターがトッピングされ、メープルシロップが添えられています。ホットケーキは、これまでにないとろけるようなおいしさとのこと。まず一度ケーキのみを味わってみるのもおすすめだそうです。
周辺には、「ホテルインターゲート京都 四条新町」や「ホテルビスタプレミオ京都 和邸」などの宿泊施設があります。

店舗情報

うめぞの CAFE & GALLERY
住所:京都府京都市中京区不動町180
電話番号:075-241-0577

以上、京都でぜひ行っておきたい甘味処・抹茶スイーツのお店をご紹介しました。
見どころ満載の京都。観光の合間に、ぜひおいしい抹茶スイーツで一息ついてみてはいかがでしょうか。ユニークで絶品なスイーツは、ここでしか味わえないものばかりです。
※画像とユーザーの声はRettyから提供

ほかにもオススメ記事がいっぱい♪