トレンド

美味しいしらすが味わえる鎌倉・江ノ島の人気店7選!

しらすといえば、「釜揚げしらす」を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、鎌倉や江の島では「生しらす」も楽しめます。1~3月中旬の禁漁期間と不漁の日は「生しらす」の提供がありませんが、釜揚げしらすやしらすのかき揚げといったメニューも人気です。 今回は、お店で実際に食事をした方々の口コミ情報を元に編集部が選定した、鎌倉・江ノ島で人気の『美味しいしらすが食べられるお店』をご紹介します。

#店舗1:しらす問屋 とびっちょ本店

小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩12分の「しらす問屋 とびっちょ本店」のこだわりは、その日獲れた新鮮なしらすしか使わないこと。

最初に紹介するのは、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩12分の『しらす問屋 とびっちょ本店』です。
その日獲れた新鮮なしらすしか使わないというこだわりのあるお店。釜揚げしらすは小さな子供でも安心して食べられるように、天然塩を使い塩分濃度が低い状態で茹でているのが特徴です。
電話で30分単位の優先順番予約がとれたり、WEBや店頭の発券機で順番待ち予約をしたりできるので、混み合う日も並ぶことなく、観光を楽しみながら待つことができるのも嬉しいポイント。

左からしらすのかき揚げ(850円)と生しらす丼(1,100円)。かき揚げはお皿いっぱいの大きさで、ボリューム満点の1品。

写真のメニューは、生しらす丼(1,100円)としらすのかき揚げ(850円)。
しらすのかき揚げはお皿いっぱいの大きさで、しらすかき揚げ丼1枚(1,000円)も人気。しらすかき揚げ丼2枚(1,350円)もありますが、「1枚でボリュームがとにかくすごいです」という声もあるほどです。
中にチーズが入った揚げパンのしらすパン(250円)といった変わり種メニューもあります。

店舗情報

しらす問屋 とびっちょ本店
住所:神奈川県藤沢市江の島1-6-7
電話:0466-23-0041

  • お店の詳細はこちら
  • 周辺の宿はこちら

#店舗2:レストラン四季菜

JR鎌倉駅から徒歩5分の若宮大路沿いにある「レストラン四季菜」。店主は元魚屋で、しらすの目利きに自信あり。

次に紹介するのは、JR鎌倉駅から徒歩5分の若宮大路沿いにある『レストラン四季菜』。元魚屋の店主が営む、しらすの目利きに自信を持っているお店です。
しらすを中心とした海鮮料理をいただける和食料理店ですが、特製しらすのピザ(850円)や腰越産しらすのだし巻き玉子(500円)といったオリジナリティのあるメニューも楽しめます。

生しらすと釜揚げしらすの両方が楽しめる二色丼(1,100円)。ごま豆腐や小鉢、みそ汁にデザートつき。

ランチタイムにはしらすや海鮮がのった丼や定食があります。
写真のメニューは、生しらすと釜揚げしらすの両方が楽しめる贅沢な二色丼(1,100円)。卓上のゆず風味しょうゆ、ポン酢の中からタレを選んでかけていただきます。
胡麻豆腐や小鉢、香の物、みそ汁に、デザートもついていて、ボリューム満点なのだとか。
周辺には「Hotel鎌倉mori」や「ホテル いずみ」などがあるので、鎌倉旅行の夕食としても利用しやすいです。

店舗情報

レストラン四季菜
住所:神奈川県鎌倉市小町2-12-35 大路ビル2F
電話番号:0467-23-3638

  • お店の詳細はこちら
  • 周辺の宿はこちら

#店舗3:しらすや 腰越漁港前店

江ノ島電鉄線腰越駅から徒歩2分の「しらすや 腰越漁港前店」。しらすの網元「勘浜丸」の直営。

続いて紹介するのは、江ノ島電鉄線腰越駅から徒歩2分、腰越漁港の目の前にある『しらすや 腰越漁港前店』です。
カフェのようなおしゃれな雰囲気のお店ですが、しらすの網元「勘浜丸」の直営で、「さすが屋号にも謳うだけあって、しらすの味は文句なし」と新鮮なしらすの美味しさも評判のお店。土日を中心に行列ができることが多い人気店です。
店内にはいけすが設けられ、朝獲れた生しらすはもちろん、新鮮な地魚の刺身や塩焼などの海鮮料理を楽しむことができます。

しらすづくし定食(1,700円)。生しらすと釜揚げしらすが楽しめ、日替わりの一品やちりめん佃煮などもつく豪華なメニュー。

人気のしらすづくし定食(1,700円)。生しらすと釜揚げしらす、たたみいわしを楽しめ、日替わりの一品やちりめん佃煮などもついています。
生しらすと釜揚げしらすと、数種類の刺身などから選べる一品がのった3色丼(1,000円)もオーダーする人が多いメニューです。
周辺には、「ほてる汐彩」や「ほてる彩夏」などの宿泊施設があります。

店舗情報

しらすや 腰越漁港前店
住所:神奈川県鎌倉市腰越2-10-13
電話番号:0467-33-0363

#店舗4:磯料理 きむら

小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩13分の「磯料理 きむら」。観光客の少ないエリアにある隠れ家のようなお店。

続いて紹介するのは、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩13分の『磯料理 きむら』です。
しらすを目当てに訪れつつ、焼はまぐり(300円)やさざえつぼ焼き(650円)、刺身盛合せ(2,200円)などをつまみに昼飲みを楽しむ人も多いです。

生姜と土佐酢で磯臭さだけを消し、生しらす本来の風味を味わえるという生しらす丼(1,300円)。

生しらす丼(1,300円 ※時期によって価格状況が変わる)は生しらすがたっぷりとのっていて、鮮度抜群なんだとか。土佐酢でいただくと、「生シラスの生臭さに負けると思いきや生姜と土佐酢で見事に磯臭さだけ消して生シラスの風味を味わえる」のだそうです。
きんめ煮付け定食(2,200円)や数量限定のあら煮定食(1,600円)も人気。あら煮定食は「2人分あるようなボリューム」なんだとか。
周辺には、「BREATH HOTEL」や「岩本楼本館」などのホテルや旅館があります。

店舗情報

磯料理 きむら
住所:神奈川県藤沢市江の島1-6-21
電話番号:0466-22-6813

#店舗5:池田丸 稲村ヶ崎店

江ノ島電鉄線稲村ヶ崎駅から徒歩2分の「池田丸 稲村ヶ崎店」の店内では、サザンのBGMが流れている。

続いて紹介するのは、江ノ島電鉄線稲村ヶ崎駅から徒歩2分、稲村ケ崎の海辺に面した『池田丸 稲村ヶ崎店』です。サザンのBGMが流れる店内では、海を眺めながら食事を楽しむこともできます。
魚は、池田丸で水揚げした魚を始めとして、腰越沖で獲れた地魚のみを提供しています。魚によっては、刺身、焼き物、煮付けから好みの調理法を選ぶことが可能。

しらすを堪能できるとして人気のしらす定食(1,300円)は、生しらすと釜揚げしらす、しらすのかき揚げとアカモク小鉢つき。

しらす定食(1,300円)には、生しらすと釜揚げしらす、しらすのかき揚げとアカモク小鉢がついていて、しらすを堪能できるとして人気。アカモクは海藻で、コリコリしていて美味しいのだそうです。
「池田丸 稲村ヶ崎店」は「鎌倉プリンスホテル」や「鎌倉パークホテル」などのホテルが立地するエリアにあります。

店舗情報

池田丸 稲村ヶ崎店
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎3-5-17
電話番号:0467-61-2424

#店舗6:はま善

江ノ島電鉄線由比ヶ浜駅から徒歩4分の「はま善」。いわし料理のお店だが、入荷があれば生しらすが食べられる。

続いて紹介するのは、江ノ島電鉄線由比ヶ浜駅から徒歩4分の『はま善』です。いわし料理のお店ですが、生しらすは1~3月の禁漁期間以外に入荷があったときのみ提供しています。
夜は、いわし料理を中心とした一品料理や、地魚を好みに合わせて調理して提供される、はま善特選 おまかせコース(5,000円~)を魚に合うお酒とともに楽しめます。
カウンター7席のみのお店のため、子供は入店できないので注意しましょう。

いわしなどの地魚の刺身盛合せといわしの天ぷらのほかに生しらす、釜揚げしらすがのったサラダ、あら汁などボリューム満点。

日曜日と祝日、繁忙期のランチメニューは写真のはま善御膳(2,000円)のみ。
いわしなどの地魚の刺身盛合せといわしの天ぷらのほか、いわし南蛮漬けと生しらす、鎌倉野菜に釜揚げしらすがのったサラダ、地魚がたくさん入ったあら汁などが楽しめます。
通常の時期の平日のランチメニューは、鰯づくし御膳(1,800円)と地魚刺身盛り合わせ御膳(1,800円)の2種類です。
いずれも生しらすは入荷があったときのみのサービスとなっています。

店舗情報

はま善
住所: 神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-12-19
電話番号:0467-22-8060

  • お店の詳細はこちら
  • 周辺の宿はこちら

#店舗7:梵蔵 自家挽工房

江ノ島電鉄線和田塚駅から徒歩12分、ミシュラン一つ星を獲得したことのある「梵蔵 自家挽工房」。

最後に紹介するのは、江ノ島電鉄線和田塚駅から徒歩12分、鎌倉材木座郵便局の隣にある『梵蔵 自家挽工房』。ミシュラン一つ星を獲得したことのあるそば屋です。
昼、夜ともコースは予約制で、夜は予約があるときのみ営業しています。夜のコース(5,000円)では、水そばと本日の創作そば、せいろの3種類のそばを始め、鴨焼や自家製胡麻豆富などを楽しむことができます。
水そばは塩とわさびでいただく一品で、「そば好きにはたまらない」のだそうです。鴨焼も絶品とのことで、「今迄食べた鴨の中で最高の美味しさ」との声があるほどです。

鎌倉野菜としらす蕎麦(1,550円)。アボカドやトマトなど新鮮な鎌倉野菜のうえに、釜揚げしらすがのせられている。

鎌倉野菜としらす蕎麦(1,550円)は、アボカドやトマトなど新鮮な鎌倉野菜のうえに、釜揚げしらすがのせられ、つゆとオリーブオイルがかけられたもの。
「地元の釜揚げしらすはふっくらして美味しい」そうで、「蕎麦の既成概念を打ち破る一品」なのだとか。

店舗情報

梵蔵 自家挽工房
住所:神奈川県鎌倉市材木座3-17-33
電話番号:0467-73-7315

鎌倉や江の島では新鮮な生しらすや釜揚げしらすとともに、腰越沖で獲れた地魚も楽しむことができます。ボリューム満点の丼や定食を味わうほか、魚に合うお酒を揃えているお店も多いですので、一杯やりながら、しらすを堪能するのもおすすめです。
※画像とユーザーの声はRettyから提供

ほかにもオススメ記事がいっぱい♪