トレンド

【旅行・おでかけ】一見の価値あり 美しすぎる冬の風物詩

【旅行・おでかけ】一見の価値あり 美しすぎる冬の風物詩

兼六園は日本三大名園のひとつで、中でも冬の兼六園は、雪吊りと呼ばれる降雪から樹木を守るために縄を張った状態を見ることができます。雪吊りされた兼六園の樹木がライトアップされている様子は一度は見ておきたい絶景です。

▼冬の風物詩 雪吊り

兼六園の冬

 
▼春は桜が咲き誇ります

兼六園_春

 
▼紅葉の時期もオススメです

秋の兼六園

 
 
ツアー・宿情報はこちらボタン

ベストシーズン

兼六園の気候
兼六園の雪吊り作業は11月~12月中旬の予定です。降雪の状況にもよりますが、雪の降る12月~2月が見ごろになるでしょう。中でも1月~2月にかけてのライトアップされた雪吊りはとても美しく、一見の価値ありです。

アクセス

車の場合・・・北陸自動車道の金沢西IC、金沢東ICからともに約30分で兼六園に到着します。
電車の場合・・・JR金沢駅下車、バスやタクシーでのアクセスになります。
兼六園シャトルバスが、金沢駅東口より始発9時30分から終発17時50分まで20分間隔で運行しているので、こちらを利用するのもよいでしょう。

食べたい1品

金箔ソフト
兼六園にある箔一の「かがやき金箔ソフト」は、金箔をまるごと一枚覆いかぶせたなんともゴージャスなソフトクリーム。金箔が放つ輝きは、食べるのを一瞬躊躇してしまうほど。金箔の産地として発展した金沢ならではの、ぜひ一度は食べてみたい一品です。

合わせて行きたい

金沢城公園

 

金沢城公園

兼六園からほど近い、金沢城の城址を整備してつくられた都市公園です。復元された歴史的建造物を見ることができ、休日は家族連れも多くピクニックなどにも最適な場所です。

 

撮影ロケ地として盛り上がりを見せる金沢

兼六園のある金沢では2002年に金沢フィルムコミッションが発足し、様々な映画やドラマのロケ地として使用されています。北陸新幹線も開業し、現在も盛んに撮影が行われているので、訪ねた際に運よく撮影現場に出会うこともあるかもしれません。

ツアー・宿情報はこちらボタン

この情報は2016年11月22日時点のものです。