トレンド

【旅行・おでかけ】知ってた?長野のエメラルドブルーの絶景

【旅行・おでかけ】知ってた?長野のエメラルドブルーの絶景

阿寺ブルーとも呼ばれる、驚くほど透明な川の流れる阿寺渓谷。渓谷を流れる阿寺川は一級河川の木曽川の支流です。渓谷の入口では木曽川と中央アルプスを一望でき、美しい景観が広がっています。 滝などを見ながらのハイキングにもおすすめです。

▼狸ヶ淵。鮮やかな色

狸ヶ淵

▼吊り橋も渡ってみたい

阿寺渓谷の吊り橋

 
 
ツアー・宿情報はこちらボタン

ベストシーズン

阿寺渓谷の気候
紅葉時期の阿寺渓谷は、渓谷の樹木が色とりどりに染まり、その間を流れる美しいエメラルドグリーンの清流のコントラストが楽しめます。季節としては夏もおすすめです。暑い夏の日でも涼しく過ごすことができ、ハイキングで美しい自然を満喫できます。

アクセス

阿寺渓谷アクセス
車の場合は、中央自動車道の中津川ICから国道19号線を大桑町方面へ。「阿寺渓谷入口」という交差点を左折し看板に従って進むと阿寺渓谷の入口に到着します。電車の場合はJR「野尻駅」下車徒歩20分で阿寺渓谷入口に到着します。

食べたい1品

五平餅

うるち米で作る五平餅は、江戸時代に木曽・伊那地方の人々によって作られたとも言われており、木曽の名産品になっています。五平餅が焼ける香ばしい匂いは食欲をそそります。

合わせて行きたい

寝覚めの床

 

寝覚の床

木曽川の水流によってできた奇岩が続く景勝地です。浦島太郎と縁の深い場所とも言われています。侵食された花崗岩が作り出す風景は圧巻です。

 

「動物」たちと出会える渓谷

阿寺渓谷では様々な動物の名前が付いたスポットに出会うことができます。そのむかしタヌキやキツネが、化けた自分の姿を映していたと言われる狸ヶ淵など、その場所の名前の由来を探るのもひとつの楽しみです。

ツアー・宿情報はこちらボタン

この情報は2016年11月17日時点のものです。