トレンド

古都を感じる2泊3日の京都ベストコース

寺社仏閣を巡りながら、古都の歴史を感じる旅に出かけませんか? 2泊3日で京都を巡る旅をご紹介します。

Day1【京都駅→伏見稲荷大社→清水寺→祇園→ホテルグランヴィア京都】

伏見稲荷大社

伏見稲荷

京都駅からまず訪れたいのが「伏見稲荷大社」。最寄りの稲荷駅までは京都駅から約5分です。全国に点在する「お稲荷さん」の総本宮が「伏見稲荷大社」。商売繁盛・五穀豊穣の神様として多くの人から厚い信仰を集めています。海外観光客にも人気の千本鳥居は神秘的な魅力を持ち、多くの人を虜にしています。
 

清水寺

清水寺出すコントラストは、見る者の心に深く残ります。清水寺のインスタグラムでは美しい瞬間を切り取った光景を多く見ることができるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。
 
■清水寺公式インスタグラム(https://www.instagram.com/feel_kiyomizudera/)
 

祇園

祇園通は、雰囲気のある石畳が敷かれ情緒ある風景を生み出しています。
 

1泊目、ホテルグランヴィア京都

「祇園」で京の風情を満喫したら、京都駅まで戻りホテルに向かいましょう。

ホテルグランヴィア京都

「ホテルグランヴィア京都」は京都駅直結、観光の拠点として絶好のロケーションのホテルです。「心にも身体にも、そして環境にも優しい客室空間」をテーマしたゆとりある客室は、旅の疲れを癒やしてくれます。最上階のレストランからも、客室からも古都・京都の眺望が楽しるのもうれしいポイントです。
 
付近には、四季折々の旬の京料理と風情を味わえる「純和風料理旅館き乃ゑ」や、閑静な雰囲気が漂う数奇屋造りの宿「坂の上」など京都の雰囲気があふれる宿もあります。

 

Day2【ホテル→金閣寺→嵐山→ホテル】

 

金閣寺

2日目は「金閣寺」に向かいましょう。京都駅から「金閣寺」まではバスのみを利用して行くこともできますが、渋滞する恐れも。京都駅から円町駅まで電車で向かい、西ノ京円町バス停からバスで「金閣寺」へ向かう方法もあります。「金閣寺」の正式名称は「鹿苑寺」といい、1397年に創建の京都を代表する観光名所のひとつです。国内外問わず多くの観光客が訪れるスポットです。
 

嵐山

嵐山

風にたゆたう数万本の竹の中を歩けば、日ごろの疲れが癒やされ穏やかな気持ちになれるはずです。
 

2泊目、松井別館 花かんざし

「嵐山」観光を終えたら京都駅に戻り、電車で烏丸御池駅より徒歩6分の「松井別館 花かんざし」で今晩は過ごしましょう。

松井別館 花かんざし

「松井別館 花かんざし」は京の町の真ん中にあり、京町家の佇まいの宿で古都の町並みにしっくりと溶け込みます。2010年に全館リニューアルされ、まるで京都に暮らしているかのように滞在ができる、和モダンなお部屋は寛ぎの空間が広がります。

 
嵐山には、付近の見どころが徒歩圏内という好立地の「嵐山温泉彩四季の宿花筏」や、風情ある渡月橋のほとりに佇む「京都・嵐山ご清遊の宿らんざん」など嵐山観光に適した風情ある宿もあるので、嵐山をゆっくり見て回りたい方はこちらに一泊しても良いですね。

宿泊プランを見る

Day3【松井別館 花かんざし→宇治(平等院・宇治川・宇治上神社)→京都駅】

宇治

宇治

3日目はまず、「宇治」に向かいましょう。「宇治」へは京都駅から電車で17分(快速利用時)。世界遺産の平等院や宇治上神社に、特産物の宇治茶などが有名です。豊かな自然に囲まれ、ゆったりとした時間のなかで、宇治川沿いを散策するのもおすすめです。散策がてら、名物の宇治茶を使用した茶団子や抹茶スイーツのお店に立ち寄るのもいいですね。和スイーツ

京都駅

京都駅
今回の旅の終着地である「京都駅」へ戻りましょう。現在の京都駅ビルは駅舎として4代目となり、「京都は歴史への門である」という設計主旨のもと、平安京の都市の特徴である条坊制(碁盤の目)をデザインに取り入れた建物です。観光地の駅舎に注目する機会はなかなかないかもしれませんが、海外からも評価の高い「京都駅ビル」、ぜひじっくりと見てみてください。お土産を購入できる店舗も多くあるので買い忘れのないように。

京都以外のエリアはこちら♪

金沢
2泊3日 金沢の旅♪>


大阪
2泊3日 大阪の旅♪>