トレンド ~毎週火・金曜日更新~

VRやARがさらに進化!ドコモのXRに関する取り組みとは?

「VR」や「AR」は知っているかもしれませんが、「XR」という言葉は初めて聞いたという方もいるはずです。5Gの導入もあり、XRをつかえば映画のような世界を体験できます。今回はXRの特徴や、ドコモのXRに関する取り組みを一挙にご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
そもそもXRって何?
XRでどんなことができる?
ドコモのXRにはどんなものがある?
まとめ

そもそもXRって何?

そもそもXRって何?

まずXRとは一体何なのか、そして関連する「VR」「AR」「MR」についても詳しく見ていきましょう。

XRとは?

XRとは「VR」「AR」「MR」などの総称です。それぞれの技術には違いがありますが、現実にはない仮想現実の世界を可視化したり、現実と仮想世界を組み合わせたりするものです。今までにないリアルな体験ができるため、様々な領域での活用が期待されています。

仮想現実「VR」

VRは「Virtual Reality」の略で、現実には存在しない仮想世界を体験できる技術です。インターネット上にCGや360°カメラで撮ったリアルな映像による環境が作られており、デバイスを通じて実際にその空間にいるかのような迫力のある体験ができます。映像はあらゆる方向や角度から見てもほぼ違和感がなく、景色や物体なども本当に目の前に存在しているかのような臨場感を味わえますよ。細かい部分まで立体的に見られるので、医療現場での治療や実習などでも導入され始めています。

拡張現実「AR」

ARは「Augumented Reality」の略で、現実上にデジタルな情報を重ねて表示する技術です。スマホのカメラなどを通して実在する空間を映して、そこにCGなどで作られた仮想世界の映像やキャラクターを取り込みます。例えば今見ている空間にキャラクターを出現させたり、自分の顔に動物の動く耳を付けたり。部屋に家具の映像を表示させて、サイズ感や配置を確認することも可能です。

複合現実「MR」

MRは「Mixed Reality」の略で、実世界とデジタルコンテンツとユーザーが融合した環境を体験できます。現実を拡張するARが発展して、さらに現実と仮想世界が合わさったものです。カメラやセンサーなどによって位置情報が反映されるので、例えば画面上で目の前の空間に3Dのデータを表示させて、そのデータに近付く・触れる・入力するといったことができます。離れた場所に住んでいる人とも仮想空間上で立体的なデータなどを共有できますし、同じ仮想空間を同時に複数名で体験することも可能です。

XRにはどんなデバイスをつかうの?

スマホやパソコン、タブレットなどのデバイスでは、XRをつかったアプリやゲームが楽しめます。またスマホを装着するだけで気軽にVR体験ができるゴーグルや、パソコンやゲーム機と接続すると本格的な体験ができるヘッドセットもあります。MRを体験できるウェアラブルヘッドセットの「Magic Leap 1」も話題です。軽いので長時間身に着けていても快適ですし、持ち運びも楽ですよ。「Magic Leap 1」は5G体験コーナー(PLAY 5G)があるドコモショップの一部で展示をしており、コンテンツを利用できます。気になった方は実際に店舗で体験してみてくださいね。

※『ドコモのお店』による5G体験コーナー(PLAY 5G)をご利用の際は、体験コンテンツが継続してお休みをしている場合がございますので、必ずご確認の上ご来店ください。
■Magic Leap 1についてはこちら>>
■Magic Leap 1が体験できる店舗はこちら>>

XRでどんなことができる?

XRでどんなことができる?

XRをつかえば、今までの生活では考えられなかった体験が実現します。具体的にはどんなことができるのでしょうか?

高画質でリアルな映像を360°ライブ配信

今までも映像の生中継はありましたが、どこか平面的で実際に観るのとは違ったはずです。しかしVRをつかえば8Kと呼ばれる高画質の映像を、リアルタイムで様々な角度から楽しめます。これは複数の高画質カメラで撮影した各映像の歪みやつなぎ目を修正し、3Dの映像を合成しているためです。また映像は高画質になるほど容量が重くなりがちですが、ユーザーが視聴している方向だけ高画像度、それ以外は低画像度にするなどの工夫が施されており、ほぼタイムラグのない配信が実現します。ゴーグルやヘッドセットを装着して鑑賞すれば、ライブやスポーツ観戦などの映像もまるで会場の最前列にいるかのような臨場感を味わえますよ!
■8KVRライブ配信についてはこちら>>

バーチャル空間で交流できる

オンラインでの飲み会やミーティングが以前より一般化しましたが、今普及している映像配信技術ではモニターを介しているため非言語の情報がうまく伝わらず、不便に感じる場面もあるはずです。しかし3Dスキャナーで自分の分身となる3Dのアバターを作れば、離れた場所にいる友達や家族とも仮想空間で身振り手振りを交えて話せるようになります。仮想の会議室で世界各国のスタッフとミーティングすることも可能ですし、VR特有の没入感によって集中力や生産性が高まります。
■XRテレプレゼンスミーティングについてはこちら>>

楽譜なしでも楽器が弾ける

例えばピアノの楽譜台にスマホなどのデバイスを置き、ヘッドセットを装着して表示を見ながら実際のピアノを弾くと、楽譜なしでも手軽にピアノを演奏できるようになります。視覚やハンドジェスチャーで選択・決定などの操作ができるので、コントローラーも不要です。ヘッドセットの画面上では鍵盤が美しく光るといった演出も体験できるので、初心者でもゲーム感覚で練習を続けられて気付けば上達しているでしょう。
■AIピアノコーチMR版についてはこちら>>

ドコモのXRにはどんなものがある?

ドコモのXRにはどんなものがある?

ドコモが発表しているXRをつかった取り組みのうち、ここでは一例をご紹介します!

新体感ライブ CONNECT

ドコモの新体感ライブ CONNECTとは、スマホやタブレットからアーティストのライブをリアルタイムで視聴できるコンテンツです。5Gの特徴である「高速・大容量」を最大限に活かしており、配信時のタイムラグがほとんどありません。中でも「マルチアングルライブ」であれば、複数のカメラアングルのうち好きな視点を選べます。アングルを変更して再度観てみると同じライブでも新しい発見があるなど、毎回飽きずに楽しめるでしょう。専用のVRグラスを装着すれば、会場の最前列からライブ観戦をしているかのような臨場感溢れる映像を堪能できます。詳しくは以下のページでも解説しています。
■会場に行かなくてもライブが楽しめる!新体感ライブ CONNECTって?>>

ポケットアバター

ポケットアバターとは専用のスキャナーをつかって自分そっくりの3Dアバターを作り、それを動かして加工することで動画やGIFスタンプを作成するアプリです。撮影した自分のアバターをつかい、「嬉しい」「悲しい」などの作りたいスタンプの気持ちに当てはまるアイコンを選びます。それに合わせたセリフなどが表示されてアバターが動き出すので、気に入るものができたらアルバムに保存します。既存のものよりもオリジナルで自由度が高いスタンプや動画を作れるので、友人や家族にシェアした時にも思わず笑ってくれるなど、印象に残りやすいでしょう。
■SNSのコミュニケーションに最適!ポケットアバターとは?>>

新感覚トラベルガイド

新体感トラベルガイドは、バスや電車などで旅行する際に、位置情報に応じた観光のXRコンテンツを配信するサービスです。例えば旅行者がいる場所付近の見どころや歴史に関する情報などがスマホやタブレットに送られてくるため、旅の移動時間がより充実するはずです。近くにあるけれど入れない場所の映像を、360°のパノラマ映像で体験することも可能です。ドコモでは、将来的には電車やバスの窓そのものをつかって観光情報を旅行者に届けるサービスの提供を目指しています。観光スポットが近付いた時にそのスポットの情報を解説する、シャッターチャンスを教える、降車駅が近付いたら知らせるなど、様々なサービスがいずれ実現するでしょう。
■新感覚トラベルガイドについてはこちら>>

まとめ

XRは今後ますます進化していきます。そう遠くないうちに、XRを通して誰でも気軽に近未来的な体験ができるようになると考えるとワクワクしますね。XRについてもっと知りたい方は、以下のページも確認してみてください。
■docomo XRについてはこちら>>