トレンド ~毎週火・金曜日更新~

マスクによって肌荒れする原因は?おすすめの予防・対策グッズもご紹介

マスクを日常的に着用するようになり、女性だけでなく男性も含めて肌が荒れてしまった、という声が多く聞かれるようになりました。そこで今回はマスクを着けていることによる肌荒れの原因や、肌トラブルを防ぐための方法、おすすめの予防・対策グッズをご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
マスクによって肌荒れする原因
マスクによる肌荒れを防ぐ方法は?
おすすめの肌荒れ予防&対策グッズはこれ!
まとめ

マスクによって肌荒れする原因

マスクによって肌荒れする原因

マスクによる肌荒れである「マスク荒れ」はなぜ起きてしまうのか、その原因を見ていきましょう。

摩擦による刺激

マスクを着脱する際に、肌がマスクの繊維とこすれて刺激を受けて荒れたり、かゆくなったりする場合があります。摩擦によって皮ふの外側にある角質層が削られてしまい、肌のバリア機能が低下してデリケートな状態になるため、ダメージを受けやすくなってしまうのです。洗って繰り返しつかえるマスクの場合には、繊維に残っている洗剤成分が刺激になってしまう可能性もあります。

湿度が高まることによるムレ

吐く息がこもってマスクの内部が高温多湿になることも、肌荒れの原因の一つです。湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすくなり、気温が上がるなどして体温も高くなるので、さらに汗や皮脂の分泌量が増えます。すると肌の角質層がふやけた状態になって外部からの影響を受けやすくなり、ムレて肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

肌の乾燥

マスク内部が多湿になって角質層がふやけた状態になると、バリア機能が低下して肌の水分が蒸散しやすくなります。その状態でマスクを外すと内部の湿気が蒸散して、同時に肌の内側の水分が奪われてしまうため、肌が乾燥しやすくなります。急激な温度や湿度の変化によっても、肌のバリア機能や保湿機能が低下してしまうのです。乾燥した肌はバリア機能が正常に働きづらくなり、ますます肌トラブルが悪化してしまいます。

肌荒れが悪化するとどうなる?

正常な肌は角質層がバリア機能を持っており、内側の水分や脂質を保っています。しかしマスクによって肌荒れするとバリア機能が低下して、赤みやかゆみが出る、乾燥してかさつきやごわつきが起こる、ニキビができるといった症状が出てしまうのです。さらに悪化すると皮ふが痛くなったり、肌に跡が残ったりするケースもあります。肌荒れが改善しない場合には、放置せずに皮ふ科を受診することも視野に入れておきましょう。

マスクによる肌荒れを防ぐ方法は?

マスクによる肌荒れを防ぐ方法は?

マスクによる肌荒れを防ぐためには、どんな方法を実践すればよいのかを解説します!

スキンケアで保湿する

肌のバリア機能を低下させないようにするためにも、スキンケアアイテムで日常的に保湿することが大切です。自己流のスキンケアでは肌を傷つけてしまう可能性がありますので、正しい方法でお手入れを行えているかどうかも確認してみてください。肌が過敏になったと感じている方は、スキンケアアイテムを敏感肌用などの低刺激性のものに切り替えてみるのもよいでしょう。詳しい保湿の方法については以下のページでもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
■「【秋冬の乾燥対策】おすすめの保湿方法や部位ごとのケアを紹介」はこちら>>

汗をこまめに拭く

マスクの内部は湿気がこもりやすくてムレやすく、汗もかきやすくなります。かいた汗をそのままにしておくと、かゆみが出たり、あせもができてしまったりする場合もありますので、汗はハンカチやタオルでこまめに拭き取るようにしてください。ゴシゴシこすると肌を傷めてしまいますので、優しくおさえるようにして拭き、マスクも湿ったら洗うか新しいものに交換して清潔に保ちましょう。

マスクの素材を変える

マスクの素材が合わないと、肌への負担がかかりやすくなります。密閉性が高いマスクほど内部の湿度は上がりやすいとされていますので、布製やガーゼ生地のマスクに変えてみるのも一つの方法です。綿(コットン)やシルクといった天然素材のものだと吸湿性があり通気性もよいです。長時間の外出時には密閉性が高いマスク、散歩など多少の外出であれば布マスクにする、というように、状況や肌の状態に応じてつかいわけるのもよいですね。
■「マスクはシーンでつかい分け!オシャレなメンズマスク特集」はこちら>>

肌への負担を減らす

肌のバリア機能が低下すると、普段よりもささいな刺激によっても肌荒れしてしまう場合があります。そのためマスクをしているところや肌荒れしている部分は日焼け止めを塗らずに、日傘を差す、帽子をかぶるといった方法で紫外線を防ぐことも大切です。ただし紫外線によるダメージも肌のバリア機能が低下する原因になるため、ほかの方法に置き換えて、必ず日焼け対策は徹底してください。

生活習慣も見直そう

マスクだけではなく、睡眠や食生活も肌に影響を与えます。睡眠不足や偏った食事によって生活習慣が乱れると、肌細胞の生まれ変わりの停滞や免疫力の低下にもつながってしまい、肌がダメージを受けやすくなってしまうのです。睡眠時間を確保するために起床や就寝の時間を決める、睡眠の質を改善する、バランスよく食事を摂るなど、生活習慣を見直して規則正しい生活を心がけましょう。
■「【在宅勤務で寝不足な方は必読】快眠グッズで睡眠の質を改善しよう」はこちら>>

おすすめの肌荒れ予防&対策グッズはこれ!

おすすめの肌荒れ予防&対策グッズはこれ!

マスク荒れの予防や対策をするためには、このようなグッズを取り入れるのがおすすめです。どれもdショッピングやd fashionで購入できますので、ぜひ人気の商品もチェックしてみてくださいね!

乳液・クリーム・美容液

夏は汗や皮脂によって肌がべたつきやすいため、化粧水だけで済ませる方もいらっしゃるかもしれません。しかし暑い時期でも化粧水をつけたあとに、乳液やクリーム、美容液を顔全体に手のひらでなじませるように塗ると、水分の蒸発を防ぐことができ、肌のうるおいを持続させやすくなります。夏はさらっとしたクリームにするなど、季節や肌質によって選んでください。ブランドとしては「コーセー」「アルビオン」「資生堂」「SKINFOOD」などが人気です。
■「dショッピング 乳液・クリーム・美容液」はこちら>>
■「d fashion 乳液・ジェル・クリーム」はこちら>>

化粧水

洗顔後につける化粧水には、肌を柔らかくして水分や保湿成分を補う役割があります。脂性肌や混合肌の方はさっぱりしているもの、乾燥肌や敏感肌の方はしっとりしていて低刺激性のものを選ぶとつかいやすいでしょう。顔だけでなく、全身につかって保湿するのもよいですよ。化粧水も、ブランドとしては「アルビオン」「コーセー」「資生堂」「SKINFOOD」などが人気です。
■「dショッピング 化粧水」はこちら>>
■「d fashion 化粧水」はこちら>>

クレンジング

肌をいたわるためにも、帰宅したらなるべく早くメイクや肌の汚れを落としましょう。クレンジングはオイルやシートよりも、ジェルやミルクタイプの方が肌への刺激が少ないです。「DUO」や「シュウウエムラ」のクレンジングはW洗顔不要で、洗顔もメイク落としも一度にできるため、肌への負担を軽減できるのがうれしいですね。
■「dショッピング クレンジング」はこちら>>

洗顔料

洗顔をする際はできるだけ肌に刺激を与えないように、ぬるま湯にして、洗顔料をたっぷり手のひらで泡立ててから、マッサージするように優しく洗うことが大切です。ブランドとしては「コーセー」「資生堂」「アクセーヌ」などが人気です。使用方法は製品によって異なるため、詳しくは確認してください。
■「dショッピング 洗顔料」はこちら>>

パック・フェイスマスク

美容成分がたっぷりと含まれているパックやフェイスマスクをつかえば、ますます肌荒れしにくいうるおいのある肌を目指せますよ。ブランドとしては「ルルルン」「サボリーノ」「クオリティファースト」「SKINFOOD」などがおすすめです。洗顔後や寝起きのタイミングでつかい、化粧水代わりとしてつかうとよいでしょう。
■「dショッピング パック・フェイスマスク」はこちら>>
■「d fashion パック・フェイスマスク」はこちら>>

マスク

現在つかっているマスクが肌に合わないと感じているなら、布製のものに変えてみるなど、いろいろなタイプを試してみてください。ブランドとしては、つかい捨てのタイプであれば「ユニ・チャーム」「エリエール」「超快適マスク」、洗って繰り返しつかえる布マスクであれば「フューティアランド」「マルカワ」「トゥービー バイ アニエスベー」などがおすすめです。
■「dショッピング マスク」はこちら>>
■「d fashion マスク」はこちら>>

肌・皮ふ薬

肌荒れが悪化している場合は、なるべく早く皮ふ科に行った方がよいですが、まだ症状が軽いようであれば、乾燥肌や肌荒れへの効果が期待できる皮ふ薬をつかってみるのも一つの手です。メーカーとしては「ヒルマイルド」「ハイチオールC」などがあります。
※つかってみて何かしらの症状があらわれた場合は直ちに使用を中止し、医師や薬剤師に相談してください。
■「dショッピング 肌・皮ふ薬」はこちら>>

日傘

暑い日は日差しが強いので、紫外線による肌へのダメージを防ぐための日傘も、男女問わず用意しておきましょう。晴雨兼用だと雨の日もつかえて便利ですし、遮光率が高いものを選べば日差しや紫外線をしっかりと防ぐことができますよ。ブランドとしては「SMV JAPAN/mabu(マブ)」「レフューム」などが人気です。
■「dショッピング 日傘」はこちら>>
■「d fashion 日傘」はこちら>>

帽子

日傘に比べると劣りますが、帽子にも紫外線による肌へのダメージを防ぐ役割があります。自転車に乗るときや、ジョギングやスポーツをするときには日傘は差しづらいので、夏は帽子もあると重宝するはずです。ブランドとしては「プーマ(PUMA)」「ダンロップ」「ビーバー」「アニエスベー」などがおすすめです。
■「dショッピング 帽子」はこちら>>
■「d fashion 帽子」はこちら>>

まとめ

マスクによって肌荒れする原因は?おすすめの予防・対策グッズもご紹介

これからもマスクを身につける機会は多いと思いますので、この記事でご紹介した方法を実践したり、おすすめのグッズを取り入れたりして肌荒れを防いでくださいね。ほかのスキンケアアイテムも気になる方は、以下のページもご覧ください。
■「dショッピング スキンケア・基礎化粧品」はこちら>>
■「d fashion スキンケア」はこちら>>