トレンド ~毎週火・金曜日更新~

家で楽しめるベランピングとは?おすすめのグッズをご紹介

アウトドアを楽しみたいけれど遠出をしづらい場合には、公園でキャンプをするという方法もありますが、ご自宅でベランピングをするのもおすすめです。この記事では最近注目されているベランピングの魅力と、マンションや一軒家でベランピングをするために用意しておきたい人気のグッズをご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
ベランピングってどんなもの?
一人暮らしやマンション向けのおすすめグッズ
家族で楽しむ一軒家向けの人気グッズは?
まとめ

ベランピングってどんなもの?

ベランピングってどんなもの?

そもそもベランピングという言葉をはじめて聞いたという方もいらっしゃるはずですので、まずはベランピングの特徴やメリット、注意点をおさえておきましょう。

ベランピングとは

ベランピングとは、「ベランダ」と「グランピング」をかけ合わせた造語です。グランピングとは「グラマラス(魅力的な)」と「キャンピング」をかけ合わせた造語なので、つまりベランピングとは、ベランダで行う華やかでおしゃれなキャンプといった意味になります。ベランダが洗濯ものを干すためだけの場所になっているという方も多いと思いますが、ベランピングをすればベランダがもっと楽しい空間になりますよ。

ベランピングの魅力

ベランピングであればわざわざ出かける必要がなく、自宅にいながら気軽にアウトドア気分を味わえるので、外出をする機会が減って物足りなさを感じている方にはおすすめです。グッズを揃えておけば準備にも大して時間がかからず、思い立ったときにすぐできるので忙しい方でも楽しめますよ。キャンプ場とは違って施設利用料などがかかりませんし、最低限のグッズがあればはじめられるので費用も安く済みます。小さなお子さまがいるご家庭でも、お子さまが目の届く範囲にいてトイレにもすぐ行けるのであんしんですし、室内や公園とは違った体験ができるでしょう。グッズを充実させてベランダを非日常的な空間にすれば、よりリフレッシュできてストレスも解消できるはずです。

ベランピングをするときの注意点

ベランピングは楽しくてついはしゃいでしまうかもしれませんが、近隣に配慮して、大声で騒いだり走り回ったり、大音量で音楽をかけたりすることは控えましょう。自宅の敷地内とはいえ屋外なので、油断せずにお子さまからは目を離さないようにすることも大切です。またベランダは火災時には避難経路になるので、避難ハシゴがしまってあるハッチや、隣の部屋との隔たりとなる蹴破り戸付近にものを置いてはいけません。ほとんどの集合住宅でベランダでの火器使用は禁止されていますので、飲食を行う際はキッチンで調理したものをベランダに持ち運んで食べるようにしましょう。一軒家などの屋外で調理ができる環境でも、煙や灰によって近隣のご迷惑にならないように気をつけてくださいね。

一人暮らしやマンション向けのおすすめグッズ

一人暮らしやマンション向けのおすすめグッズ

ベランピングは、マンションのベランダなどの限られたスペースでも楽しむことができます。一人暮らしの方やマンションにお住まいの方もアウトドア気分を味わえる、おすすめのグッズやその選び方を解説します!

アウトドアテーブル

食事をするために、ベランダに置けるサイズで料理や飲みものを載せられる、適度な幅のアウトドアテーブルを用意しましょう。折りたためるものだとコンパクトに収納ができて場所を取りにくく、いずれは屋外のキャンプでもつかいたいのであれば軽いものにしておくと持ち運びもしやすいです。高さが調節できるタイプだと用途やシーンによって都度変更できますし、簡単な開閉だけですぐに設置や収納ができるタイプだと、組み立てる手間が省けるので忙しい方におすすめです。水や熱に強い金属製メッシュ天面のものであれば丈夫でお手入れしやすく、コンロもそのまま載せられますよ。
■「アウトドアテーブル」はこちら>>

アウトドアチェア

ベランダでくつろぐためのアウトドアチェアも、アウトドアテーブルと同じく折りたためるものだと収納しやすく持ち運びやすいですし、テーブルの高さに合わせて選ぶとつかいやすいです。ベランピングをするのが短時間であればシンプルな椅子でも構いませんが、長時間座る場合やつかう頻度が多くなりそうな場合には、リクライニング機能付のものなど、背もたれのあるタイプの方が快適に過ごせるでしょう。アームレストにペットボトルを入れられるホルダーが付いていて、すぐに飲みものを取り出せる便利なタイプもあります。
■「アウトドアチェア」はこちら>>

ライト・ランタン

室内の照明が点いていたとしても、ベランダで手元が見えないと危険です。夜のべランピングも楽しみたいのであれば、ライトやランタンも取り入れましょう。特にLEDのランタンは火をつかわないのであんしんですし、ステンドグラスシート付など凝ったデザインのものもあるので、手軽に非日常的な雰囲気を演出できますよ。防災グッズとしても1つ持っておくと、いざというときに役立ちます。虫が寄りにくいように工夫されているランタンは屋外でもつかいやすく、虫が気になる夏には特に重宝しそうですね。
■「ライト・ランタン」はこちら>>

タンブラー

ベランダでもキンキンに冷えたジュースや温かいお茶を、できるだけ適温で長時間楽しみたいのであれば、室内に汲みに行く頻度を減らすためにもタンブラーを用意しておくことをおすすめします。真空断熱など二重構造のものは外気の影響を受けにくいので、飲みものが冷たい状態や熱い状態を維持しやすいです。透明な容器のフィルターインボトルにフルーツを入れると、写真映えしてベランピングがますますおしゃれに仕上がるでしょう。
■「タンブラー」はこちら>>

ブランケット

キャンプと違って自宅なので寝袋までは必要ありませんが、手足が冷えやすい方は特に、肌寒い日にはブランケットや膝かけがあると風邪予防になります。特に発熱や断熱、保温機能があるものを選ぶと冷たい空気をとおしにくくて暖かさが長持ちしますし、内側の湿気を吸収するためムレを防ぐことができます。マイクロファイバーなどの素材は肌触りがふわふわしていて柔らかいので、肌が弱い方や小さなお子さまでもつかいやすいですよ。
■「ブランケット」はこちら>>

レジャーシート

アウトドアチェアがあればベランダの地面に座ることはないと思いますが、いろいろなものをベランダに持ち込みたいときはあるはずです。地面に直接ものを置くと汚れるかもしれませんし、アウトドアテーブルの上に置けるものは限られますので、レジャーシートを敷いておけばつかえるスペースが広がります。3層構造になっているものだと長時間座っても疲れにくいので遠足のときにもつかえて便利ですし、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭であれば、キャラクター柄のシートを選ぶと喜んでもらえるでしょう。
■「レジャーシート」はこちら>>
■「キャンプでもおうちでもつかえる!アウトドアグッズ特集」はこちら>>

家族で楽しむ一軒家向けの人気グッズは?

家族で楽しむ一軒家向けの人気グッズは?

一軒家であれば比較的ベランダが広い分、できることの幅も広がりそうですね!家族でベランピングを楽しむために、用意しておきたいグッズは以下のとおりです。

テント

ベランダの空いているスペースが少ない場合にはテントは不要ですが、置ける余裕がある場合には日よけや雨よけも兼ねてテントをつかってみると、キャンプをしている雰囲気がぐっと増しますよ。ベランダに問題なく置ける大きさか、いずれ遠出をするキャンプでもつかう予定であれば持ち運べる重さかどうかも確認しておきましょう。小型のワンタッチテント(ポップアップテント)だと広げやすくて設営が楽ですし、メッシュ窓が付いているものだと風とおしがよい上に虫の侵入も防げます。
■「テント」はこちら>>

タープ

日差しが強い時期には、ベランピングをするのが億劫になってしまうという方もいるはずです。ひもを結んで固定するだけのタープ(シェード)を設置すれば、暑い夏でもベランダに日陰ができますし、風もとおすので涼しくなり、同時に雨よけや目隠しにもなるので便利です。特に日焼けしたくない方は、紫外線をカットする働きがあるものを選んでくださいね。サイズもさまざまですので、つかいたい場所に合うかどうかを測って確認しておきましょう。
■「タープ(シェード)」はこちら>>

ハンモック

適度な広さがあるベランダであればハンモックを置くと、揺られながら思う存分くつろげます。寝転がるだけですが、ベッドで眠るときとは違った特別感があり、屋外であればなおさら開放感があって癒やされるでしょう。自立式であればどこでも気軽に設置できますし、フレームを折りたためるものだと収納や持ち運びも楽です。ベランダだけでなく室内や庭でつかったり、キャンプのときに持って行ったりすることもできるので、お子さまは特に喜んでくれるはずですよ。
■「ハンモック」はこちら>>

コンロ

本格的にベランピングをするのであれば、コンロをつかって屋外でお湯を沸かしたり、ご飯を作ったりするのもよいですね。着火が簡単なカセットコンロは火力も強くてつかいやすく、その場で調理ができるので、室内で料理を作って屋外まで運ぶといった手間も省けます。小型であれば持ち運びやすいので、いずれはキャンプを楽しみたいと考えている方にもおすすめです。加熱性能が強くて風の影響を受けにくいバーナーを搭載しており、風を気にせずつかえるタフなタイプもあります。
■「コンロ」はこちら>>

ラック

ベランピングのグッズが増えてきたときや、屋外で食材を置く場所がほしいときにはラックが役立ちます。ただごちゃごちゃとしまうよりも、ラックを活用して収納するとすっきりしておしゃれに見えますし、ベランピングでつかうもの専用のラックにすると片付けも楽になって室内に道具を取りに行く手間も省けますよ。簡易的なテーブルとしてもつかえて便利なので、収納したいものの量や用途によって、何段のラックを選ぶか決めましょう。
■「ラック」はこちら>>

ウッドパネル

ウッドパネルを敷き詰めるだけで、ベランダが温かみのあるおしゃれな印象に変わります。滑り止めの役割もあるので、お子さまがいらっしゃるご家庭にもおすすめです。素材が人工木のものだと腐りにくくて長持ちするだけでなくお手入れも楽ですし、パズルのようにつなげるだけのタイプは施工が簡単です。ベランダを公園のような癒やしの空間にできる人工芝も人気で、2層構造になっているものだと芝が抜けにくく耐久性も抜群です。
■「ウッドパネル」はこちら>>
■「ファミリーキャンプ初心者は必見!揃えておきたい持ち物は?」はこちら>>

まとめ

家で楽しめるベランピングとは?おすすめのグッズをご紹介_画像1_640_430

ほしいグッズはありましたか?ベランピングは狭いスペースでもできますし、おうち時間がますます充実するはずですので、必要となるものを揃えてマナーを守って楽しみましょう。ほかにも気になるものがある方は、以下のページもチェックしてみてくださいね!
■「アウトドア用品」はこちら>>