トレンド ~毎週火・金曜日更新~

ちょっとしたお礼やギフトにも最適!冬のお菓子特集

寒い季節になると、クッキーやチョコをつい食べたくなりますよね。特に期間限定のものなどは、差し入れやちょっとしたお礼としても最適です。この記事では冬に食べておきたいおすすめのお菓子を、洋菓子と和菓子にわけてご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
冬はお菓子でお腹と心を満たそう
冬に食べたい人気の洋菓子は?
冬に食べたいおすすめの和菓子はこれ!
まとめ

冬はお菓子でお腹と心を満たそう

冬はお菓子でお腹と心を満たそう

厳しい寒さが続く冬は身体が冷えやすく、一定の体温を保とうとして普段よりもエネルギーを消耗するため、糖分がほしくなるという説があります。また、寒さに加えて家にこもる時間が増えて気持ちも落ち込みがちになるため、β-エンドルフィンやセロトニンといった幸福感を得られる物質を分泌しようとして、甘いものが食べたくなるともいわれています。ぜひ冬はおいしいお菓子を食べて、お腹も心も満たして温まりましょう。雪をイメージしたお菓子や冬季限定のフレーバーなどは、自分へのご褒美としてだけでなく、恋人や家族、友人へのバレンタインのギフトとしてもおすすめです。

冬に食べたい人気の洋菓子は?

冬に食べたい人気の洋菓子は?

まずは冬に食べたいおすすめの洋菓子の特徴や、人気のブランドなどを見ていきましょう。

クッキー

クッキーは、サクサクとした軽やかな食感が癖になりますね。「帝国ホテル」のクッキーの詰め合わせは、見た目の美しさだけでなく、いちじくやココナッツといった素材の風味を活かしているところも魅力です。高級砂糖である和三盆糖をつかった「和三盆クッキー」も、口の中でほろほろと溶けていくような食感で、優しい甘さがあります。ダイエット中の方には、食物繊維をたっぷりと摂れてよく噛む必要がある、「おからクッキー」もおすすめです。黒ごまや紅茶、ココア、しょうがなど、味のバリエーションも豊富ですよ。
■「クッキー」はこちら>>

チョコレート

バレンタインデーのギフトとしては定番のチョコレート。「リンツ」のチョコレート「リンドール」が特に人気となっており、カラフルな包装と丸くてコロンとしたフォルムが特徴的です。外側は少し硬めのチョコ、内側には違う味で少し柔らかいチョコが入っています。味はミルクやキャラメルだけでなく、マンゴー&クリーム、抹茶、ピスタチオといった珍しいものがあり、いろいろな味を試してみたくなりますね。アソートやギフトボックスも何種類か用意されているので、ギフトとしても丁度いいものを選びやすいでしょう。高級感のある「ゴディバ」のチョコレートは、好きな人や友人への特別なプレゼントとして贈ると喜ばれるはずです。
■「チョコレート」はこちら>>

ケーキ

ケーキは見た目も華やかで、お祝いの日には欠かせませんね。誕生日やバレンタインには、チョコレート愛好家の間で話題の「テオブロマ」のショコラケーキや、高級チョコレートを使用した「オリエンタルホテル東京ベイ」のチョコレートケーキがおすすめです。「東山茶寮抹茶のロールケーキ」にはモンブランなどの3種類のトッピングがあり、どれも宇治抹茶の味わいをより引き立てています。また、くまやコアラ、パンダといった動物の形をした「アニマルケーキ」はかわいいので、家族や友達と一緒に食べるときには盛り上がるでしょう。
■「ケーキ」はこちら>>

バウムクーヘン

縁起物で、結婚式の引き出物としてもつかわれやすいバウムクーヘン。「金谷ホテル」のバウムクーヘンはバニラ風味のふんわりバウムと、発酵バターが香る、もっちりとした食感のハードバウムの2種類がセットになっていて人気です。ドイツで100年以上続く伝統のあるカフェ「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」のバウムクーヘンも、シンプルながら箱や包装がかわいくてギフトにも最適です。生地が米粉でできているものやバナナ味のもの、チョコレートコーティングがされているものなども、普通のものとの味の違いを楽しみたいですね。
■「バウムクーヘン」はこちら>>

マカロン

外側はサクサク、内側はクリームが挟んでありしっとりとしていて、高級菓子という印象が強いマカロン。伝統のあるフランスのブランド「ダロワイヨ」が特に人気で、現存するマカロンの原形を作ったとされているほどの歴史があり、味はチョコやキャラメル、いちご、抹茶などがあります。ほかにも表面の模様がかわいい「グラモウディーズ」や、大阪生まれの「パティスリーワイスタイル」もおすすめです。
■「マカロン」はこちら>>

プリン

プリンは濃厚なカスタードの味となめらかな口当たりが特徴的で、カラメルソースが合わさってどこか優しい味がしますよね。「神戸フランツ」の「神戸魔法の壺プリン」はモンドセレクションを7連続で受賞しており、上に乗った生クリームと、とろとろのプリン、底に煮つめた香ばしいカラメルソースの3つが絶妙に絡み合います。卵のコクを活かした「たまご村プリン」や、和風で抹茶味の「東山茶寮宇治抹茶プリンと白玉プリン」も人気です。
■「プリン」はこちら>>
■「洋菓子」はこちら>>

冬に食べたいおすすめの和菓子はこれ!

冬に食べたいおすすめの和菓子はこれ!

冬にはお茶と合わせて、和菓子も食べたくなる方が多いと思います。おすすめの和菓子の特徴や、人気のブランドは以下のとおりです。

ようかん

あんこを寒天で固めたようかんは、長期間の保存が可能で上品な味がするため、職場の人や年上の方へのギフトとしても最適です。なかでも「とらや」のようかんが有名で、小倉、黒砂糖、抹茶、蜂蜜、紅茶といった5種類の味が楽しめるものは食べやすいサイズになっていて都度切る必要がなく、手軽に食べられて人気です。少量でも意外とボリュームがあるので、満足感があるでしょう。
■「ようかん」はこちら>>

カステラ

スポンジケーキの一種で、ポルトガルから長崎に製法が伝えられた、歴史のあるカステラ。人気なのは「長崎カステラ」で、ハニー・抹茶・チョコといった3種類の味があるため飽きずに楽しめます。昔ながらのカステラを味わいたいのであれば「文明堂」の特撰カステラがおすすめで、卵の黄身を多めにつかっていて、砂糖は和三盆糖を加えてあり、しっとりとした口当たりです。
■「カステラ」はこちら>>

大福

昔の大福は中身があんこだけのシンプルなものがほとんどでしたが、最近では生クリームやフルーツが入っているものが多いです。「まるごとみかん大福」や「とちおとめのいちご大福」は、甘い果物がふわふわのお餅に1個まるごと入っていて、果汁が口いっぱいに広がります。大正9年から続く「おもちの黒川」の「生クリーム入り豆塩大福」も、上品な味でやみつきになるでしょう。
■「大福」はこちら>>

甘納豆

豆類を茹でて糖蜜で煮つめ、砂糖をまぶしてある甘納豆は、ご年配の方へのギフトとしても喜ばれやすいです。60年以上続く老舗である「銀座鈴屋」の「釜だし甘納豆詰合せ」は、釜揚げしたての大納言小豆・うぐいす豆・大福豆・虎豆などの甘納豆を缶詰めにしてあり、長期保存が可能です。豆類だけでなく「みかん甘納豆」といった果物をつかっている珍しいものもあり、ほんのりとした塩味がみかんの甘味を引き立てます。
■「甘納豆」はこちら>>

わらび餅

わらび粉と砂糖、水だけで作られており、ほんのりとした甘さとつるんとした食感で、弾力のあるわらび餅。創業明治元年から続く老舗「芭蕉堂」の「元祖わらび餅」は、150年以上継承される製法をもとにしており、職人技が必要とされる銅釜直火炊きで炊いたばかりのお餅を瞬間密封してあります。味は普通のきな粉だけでなく、抹茶や黒胡麻、ココアなどもありますよ。
■「わらび餅」はこちら>>

ぜんざい

甘く煮た小豆の粒と、餅や白玉、栗の甘露煮などを入れてあるぜんざい。「京都・東山茶寮抹茶のおぜんざい」は、粒感をたっぷりと残したあんこと、柔らかくてもちもちの白玉に、宇治茶の老舗・堀井七茗園の上質な宇治抹茶を合わせた逸品です。抹茶味のぜんざいは珍しいので、一度は食べておきたいですね。忙しい方には「井村屋」などが出している、レンジでの加熱や湯せんをして手軽に好きなタイミングで食べられるタイプもおすすめです。
■「ぜんざい」はこちら>>
■「和菓子」はこちら>>

まとめ

ちょっとしたお礼やギフトにも最適!冬のお菓子特集_まとめ

気になるお菓子はありましたか?気分が沈んでいるときや頑張り過ぎているときほどおいしいお菓子を食べて、自分をいたわってくださいね。以下のページではほかのお菓子やスイーツもご紹介していますので、よろしければご覧ください。
■「お菓子・スイーツ」はこちら>>