トレンド ~毎週火・金曜日更新~

dポイントで外付けハードディスクを買替えよう!おすすめ外付けHDD特集

ハードディスクの容量が埋まってくると、以前の番組やデータを消さないと録画できなかったり、バックアップが取れなくなったりして不便ですよね。そこで今回は買替えを考えている方向けに、外付けHDDの選び方や、テレビ用やパソコン用などの用途別におすすめの製品をご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
新年を機に新しい外付けHDDに買替えよう!
外付けHDDの選び方
【用途別】オススメの外付けHDDはこれ!
dTVならHDD不要で話題作も見放題!
まとめ

新年を機に新しい外付けHDDに買替えよう!

新年を機に新しい外付けHDDに買替えよう!

新年を迎えて心機一転するためにも、外付けHDDを見直してみませんか?まずは外付けハードディスクの特徴や、メリットを見ていきましょう。

年始の番組は長くて録画の整理が大変

年末年始には特番などの長時間のテレビ番組が多数放送されますし、以前よりも家にいて録画をする回数が増えた方も多いはずです。しかし容量が少ないHDDを使用している場合や、まだ観きれていない番組を録りためている場合には、すぐに容量が埋まってしまって過去のデータを整理するのが大変になりますよね。どのデータを残すか確認したり、容量を空けるためにまだ観終わっていない番組を観たりするのは手間や時間がかかるので、この機会に新しい外付けHDDの購入も検討してみてください。

外付けハードディスクとは?

外付けHDD(ハードディスクドライブ)とは、テレビやパソコンのデータを保存するために外側に設置する機器のことで、USBケーブルなどでつなぐだけで簡単に容量を増やせます。種類としては大容量の据え置きタイプと、持ち運べるサイズのポータブルタイプがあります。パソコン用に関しては、画像などのデータは本体に内蔵されたHDDに保存されますが、故障する可能性もあるため外付けHDDにバックアップを取っておくと安心ですし、本体の空き容量が増えると動作がスムーズになることもあります。

dショッピングならdポイントで外付けHDDを購入できる

dショッピングをつかえばdポイントを利用してお得に外付けHDDを購入することができて、お買物をすることでdポイントもたまるのでおすすめです。毎月20日は「dショッピングデー」で4,400円(送料込・税込)以上購入するとポイント20倍・ポイント利用分が20%還元になるので、タイミングが合えば活用してみてくださいね!
※キャンペーンの内容は毎月変わる可能性があります。
■「dショッピングデー」はこちら>>

外付けHDDの選び方

外付けHDDの選び方

外付けHDDは、以下の5つのポイントを踏まえた上で購入することをおすすめします。

用途

高画質のテレビ番組の録画や動画の保存、パソコンのバックアップなどに外付けHDDを利用する際や、家などの決まった場所のみでつかいたい場合には、据え置きタイプが適しています。据え置きタイプは、設置したい場所に合ったサイズかどうかも見ておいてください。容量が大きめのデータを持ち運びたい場合や、そこまで場所を取らない方がよいのであればポータブルタイプを選ぶとよいでしょう。

接続する機器

テレビやパソコン、ゲームといった複数の機器につかえるHDDもありますが、接続できる機器が限られているものもあるので、接続したい機器や家電に対応しているかどうかを確認してから購入してください。パソコン用はWindows OSには対応している製品がほとんどですが、Mac OSではつかえない可能性もあるため要注意です。

容量

高画質のテレビ番組の録画や、パソコンのバックアップには2TB以上の容量があった方がよいですし、PS4やPS5などのゲーム用であればゲームソフト1つにつき約50GBが目安なので、1TB以上あると便利です。エクセルなどのデータや画像、音楽データの保存には1〜2TBあれば足りるでしょう。容量が大きくなるほど価格も高くなる傾向にあるので、用途や予算に合うものを選んでくださいね。

接続端子

外付けHDDをパソコンなどの機器と接続するための端子としては、USBケーブルを利用するタイプが一般的です。USBには規格の違いがあり、「USB2.0」は通信速度が480Mbpsと少し遅いですが比較的安価で、「USB3.0」や「USB3.1」は5Gbpsなのでデータを移動する際の速度が速いです。最近ではMacのパソコンなどに対応している「USB Type-C」や、外出時にも便利なWi-Fi接続ができるタイプもあります。

保証

絶対に必要というわけではありませんが、大事なデータを保存しておいたHDDが買ってからすぐに壊れてしまっては困るので、万が一のことを考えると保証期間に関する記載がある製品だとよりあんしんです。メーカー保証期間は1年間が多く、長いと3年間となっているものなどもあります。

【用途別】おすすめの外付けHDDはこれ!

【用途別】おすすめの外付けHDDはこれ!

テレビ番組の録画用やパソコンデータの保存用といった用途別で、dショッピングでも購入できるおすすめの外付けHDDはこちらです!

テレビ番組録画用

テレビ番組の録画用としてつかう外付けHDDとしてはエレコム(ELECOM)やバッファロー(BUFFALO)の製品が人気で、容量は500GBから多いと16TBなどもあります。地上デジタル放送と同等の画質で1TBあたり約125時間、BSデジタル放送と同等の画質で約90時間録画できるので、2〜4TB程度あれば基本的には1か月近く録りだめしておいても余裕があるでしょう。「ファンレス設計」などの静音や防振に関する記載があるものだと、寝室に設置する際や録画した番組を観るときにも稼働音が静かですし、「24時間連続録画」のものは長時間の録画にも対応できるほどの耐久性があります。「ひかりTV for docomo」を利用している方は、動作確認済みの表記がある製品にすれば録画する環境を充実させられますよ。
■「TV番組録画用外付けHDD」はこちら>>
■「ひかりTV for docomoを家族で楽しもう!お得につかう方法は?」はこちら>>

パソコンデータ保存用

パソコンのデータ保存用の外付けHDDも、エレコムやバッファローの製品が人気です。容量は1TBから36TBといった大容量のものまでありますが、個人でつかうのであれば2〜8TB程度で十分でしょう。パソコンのバックアップのために使用する際は、パソコン本体の2倍以上の容量があるHDDを選んでください。接続端子は「USB3.0」または「USB3.1」対応だと、通信速度が5Gbpsと高速なので画像や動画などのデータ移動もスムーズですよ。セキュリティ対策に関する記載のあるものだと、重要なデータを暗号化して保護したり、データをひらく際に設定したパスワードで認証する必要があったりするので、データの流出が心配な方におすすめです。
■「パソコンデータ保管用外付けHDD」はこちら>>

持ち運び用

手のひらに収まるサイズで薄くて軽く、持ち運びたい方にはぴったりのポータブルタイプの外付けHDDの中で人気なのは、エレコムや東芝(TOSHIBA)の製品です。容量は500GB〜2TB程度が主流ですが、5TBなどの据え置きタイプにも劣らないスペックのものもあり、接続端子は「USB3.0」や「USB3.1」だけでなく、今後ますます増えると予想されている「USB Type-C」に対応しているものも増えています。専用のケースも用意しておくとバッグの中に入れておいても衝撃を吸収して、HDDをしっかりと保護してくれるでしょう。パソコンを介さなくてもスマートフォンの写真や動画、連絡先などを直接保存できるスマートフォン用のポータブルHDDも登場しており、無料でダウンロードできるアプリをつかって簡単に操作できますし、新しく購入した端末に転送することもできて便利です。
■「ポータブルハードディスク」はこちら>>

dTVならHDD不要で話題作も楽しめる!

新しい外付けHDDを購入してデータを整理するのもよいですが、テレビ番組を録りためている方には、そもそも外付けHDDが不要となるdTVの活用もおすすめします。dTVなら録画をしなくても、月額550円(税込)※で約12万作品もの人気の映画やドラマ、アニメなどがいつでも楽しめるので、見終わってから容量を空けるために都度データを消すといった手間も省けますし、過去に視聴した作品も好きなタイミングで何度でも見ることができます。作品のラインナップが豊富なので、気になる作品を探すのも楽しいでしょう。1つのアカウントに対し最大5つのデバイスで利用可能なので、家にいるときにはリビングのテレビで、外出先ではスマートフォンやパソコンで見るといった生活シーンに合わせたつかい方もできますよ。オリジナルグッズプレゼントやdポイントプレゼントなどの会員限定特典も満載のdTVについて、詳しくは以下のページをご覧ください。
※ dTV(App Storeでの購入)を除く
■「dTV」はこちら>>

まとめ

dポイントで外付けハードディスクを買替えよう!おすすめ外付けHDD特集_まとめ

新しい外付けHDDを購入しつつdTVも取り入れて、dTVで観られる作品の録画は消すなど、うまくつかいわけるのもアリでしょう。ほかの外付けHDDも気になっている方は、以下のページも確認してみてくださいね。
■「外付けHDD」はこちら>>