トレンド

第一弾!ラーメンライター井手隊長が選ぶ!本気で旨いお取り寄せラーメン【札幌味噌ラーメン編】

第一弾!ラーメンライター井手隊長が選ぶ!本気で旨いお取り寄せラーメン【札幌味噌ラーメン編】

日本のラーメンの進化が止まらない。老舗から新店まで多くの名店が誕生し、今や世界でも注目されている。それに合わせてお取り寄せラーメンやインスタントラーメンの世界も進化している。各社からたくさんの商品が発売されているが、果たして本当に旨いのはどのラーメンなのか?スープ、麺、それに合う具材など、ラーメンライター井手隊長が、あなたにピッタリの一杯を導き出す。今回は、札幌味噌ラーメンの名店のお取り寄せラーメン4選を紹介。味噌ラーメンの元祖といわれる札幌なだけに、味噌の旨味にこだわったラーメンが目立つ。早速紹介していこう。
※人気商品につき、完売の場合はご容赦ください。

#1 札幌ラーメン にとりのけやき 味噌

「すすきの」の人気店のお取り寄せラーメン「札幌ラーメン にとりのけやき 味噌」

初めに紹介するのは、『札幌ラーメン にとりのけやき 味噌』。
1999年オープンの「すすきの」の人気店。
サザンオールスターズの桑田佳祐さんもお気に入りのお店としてよく名前を挙げている。深夜まで行列の絶えない人気店で、一杯一杯中華鍋で丁寧に作りあげる味噌ラーメンが、地元のみならずラーメンファンに愛されている。

トッピングにはチャーシューやネギ、もやしを用意

スープ、麺に加え、バター風味のコーンが付いている。
麦味噌、玄米味噌、オリジナルのけやき味噌の3種類の味噌をブレンドしているのがポイント。かなりまろやかな味噌ダレで、動物系のスープが厚みを加え、濃厚に仕上がっている。スープの表面に浮かぶラードで熱さと香りが閉じこもる。

バター風味のコーンがまろやかな味わいに

コーンが甘く、スープの中でいいアクセントになる。コーンにバターの風味がついているので、バターは不要。そのままいただくのがオススメだ。

ウェーブ感のある麺

麺は短めになっており、お子さんやお年寄りでも啜りやすくなっている。しっかりウェーブ感があるのでスープをしっかり持ち上げる。
他の3品に比べて濃厚な味わい。こってり系がお好きな方にはピッタリの一杯だろう。

#2 札幌ラーメン 白樺山荘 コク味噌味

全国でも有名な札幌味噌ラーメンの人気チェーン「札幌ラーメン 白樺山荘 コク味噌味」

次に紹介するのは、『札幌ラーメン 白樺山荘 コク味噌味』。

1997年オープンの札幌味噌ラーメンの人気チェーン。

「新千歳空港」や「ラーメン横丁」、「札幌らーめん共和国」などを初め、全国各地のイベントにもよく出店しているので、ご存知の方も多いかもしれない。

トッピングには、チャーシューやネギ、メンマ、モヤシ、海苔がオススメ

味噌の香りが高く、塩角も強いが、スープ自体はサラッと仕上がっている。塩味が強めなのでネギで清涼感をプラスしたいところ。
シャキッと茹でたモヤシも味のアクセントになるので、オススメだ。

海苔を加えることで、さらに香りがプラスされる

トッピングとしては、海苔があると嬉しい。
味噌の香りがしっかりしているので、ここに海苔の香りが加わると味変にも繋がり、飽きが来ずに食べられる。

「森住製麺」の麺は、モチモチ感が強く、しっかりとした歯ごたえ

そして、こちらのお取り寄せラーメンは人気製麺所の「森住製麺」が発売元。
こちらの麺が、さすがに旨い。
縮れは少ないがモチモチ感が強く、本格派。しっかりとした歯ごたえなので、麺量以上に満足度の高い一杯だ。

#3 札幌ラーメン 彩未 味噌

ミシュランガイド北海道にも掲載された名店のお取り寄せラーメン「札幌ラーメン 彩未 味噌」

次に紹介するのは、『札幌ラーメン 彩未 味噌』。
2000年オープンの超のつく人気店。
ミシュランガイド北海道にも掲載された名店で、その人気は留まることを知らない。
老舗「すみれ」の出身で、長い行列は営業中に途絶えることがない。修業先の味を受け継ぎながら、オリジナリティを加え、まさにここでしか食べられない一杯を提供している。

スープ、麺、メンマがセットになっていて、トッピングにはチャーシューやネギ、モヤシをチョイス

こちらのお取り寄せラーメンも「森住製麺」が発売元。トッピングとしてメンマが付いている。
数種の白味噌をブレンドしたスープは色が白く、しょっぱすぎず、大人な味わい。味が強すぎない代わりに香ばしさがあるのが特徴だ。ネギやモヤシを多めに乗せても旨い。

スープのバランスが優れた一品

味噌が強すぎることもなく、豚骨スープが強すぎることもなく、バランスが秀逸。ガーリックやショウガもほんのり効いている。ショウガはお好みでさらにプラスしてもOK。
付属のメンマはコリコリとした歯ごたえでいいアクセントになる。なかなか本格派な一杯だ。

コシの強い麺が旨さを引き立てる

森住製麺の特製麺はコシが強く、スープの中でもかなり存在感が強い。
いわゆる札幌味噌ラーメンの中でも進化系の一杯。「彩未」ファンはもちろん、渋好みの方にもオススメだ。

#4 札幌ラーメン すみれ 味噌味

札幌味噌ラーメンを全国に広めた「純すみ系」のお取り寄せラーメン「札幌ラーメン すみれ 味噌味」

最後に紹介するのは、『札幌ラーメン すみれ 味噌味』。
1964年創業の札幌味噌ラーメンの横綱。
「すみれ」や「純連」から派生したラーメンは「純すみ系」と呼ばれ、札幌味噌ラーメンを全国区に押し上げた立役者と言っても過言ではない。香ばしくてアツアツのスープに、縮れ卵麺を合わせた一杯は唯一無二の旨さだ。

スープ、麺、メンマがセットで付いていて、トッピングにはチャーシューやネギ、モヤシを用意

こちらは「西山製麺」が発売元。味噌ラーメンの元祖の麺を作った製麺所として有名。
トッピングは、メンマが付いている。
スープの深みと香ばしさはピカイチ。豚骨とタマネギの甘みが特徴的だ。

本家の味を再現するために、高温のお湯で作ることがオススメ

これぞ「純すみ系」なイメージで、「すみれ」ファンの方にも喜んでもらえる一杯になっている。
本家の熱々なスープを再現するために、高めの温度のお湯で作ることをポイント。スープが強いのでネギのトッピングをオススメしたい。

プリプリとした食感の麺

麺は西山製麺の「特製33丸麺」だ。
こちらは「すみれ」特製麺で、名前は「すみれ」を数字表記にして「33丸(0)」としている。
プリプリした食感で縮れも程よく、スープをよく持ち上げる。

いかがだっただろうか? 4者4様の味噌ラーメンで、なかなか面白い食べ比べになった。まずファミリー向けなのは「けやき」だろう。味噌がマイルドで麺も短め。老若男女にオススメできる一杯だ。そして「白樺山荘」は濃いめ好きの方にピッタリだ。札幌味噌ラーメンのスタンダードに近い味。また、ラーメンファンで本格派を求める方には「彩未」「すみれ」がオススメ。王道好きなら「すみれ」、白味噌好きなら「彩未」をチョイスしよう。お好みに合わせてぜひチョイスしてみていただきたい。

この記事を書いた人

井手隊長(いでたいちょう) ラーメンライター/ミュージシャン 全国47都道府県のラーメンを食べ歩くラーメンライター。東洋経済オンライン、AERA dot.などでの連載のほか、コンテスト審査員、番組監修・イベントMCなどで活躍中。 自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。 その他、ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。
閉じる

最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございます。
下記ボタンからアンケートに
ご回答いただけます。