トレンド

頑張っている自分に贈る!贅沢チョコレート4選♪

贅沢なご褒美ギフトで頑張っている自分を労ってみては?

サロンドショコラ
バレンタインデーが近づいて、街角にも彩り豊かなチョコレートが並ぶ時期になりました。今回は、1月22日からスタートしたチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に出店するブランドを中心に、自分へのご褒美ギフトとして味わっていただきたいチョコレートをご紹介!贅沢な味で頑張っている自分を労ってくださいね。

カラフルなパッケージがかわいい「ゴディバ ジュエリーアソートメント10粒入」

ゴディバ ジュエリーアソートメント10粒入

“ゴディバ ジュエリーアソートメント10粒入”

キラキラと輝くジュエリーをイメージしたチョコレートの詰め合せ。カラフルで華やかなパッケージも魅力的です。自分へのご褒美にも贈り物にもぴったりです。

  • 商品について詳しくみる

そのままでもホットミルクに溶かしても!「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ キャビアミルク」

テオブロマ-キャビアミルク

“ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ キャビアミルク”

本場フランスで修行をした後、1999年に東京でチョコレートの専門店として誕生した「テオブロマ」。日本人パティシエによる繊細な味わいのショコラが並んでいます。

テオブロマ-キャビアミルク2

キャビアに見立てた粒状のミルクチョコレート

キャビアに見立てた粒状のミルクチョコレートは、人気が高い馴染みの商品です。フランス産のショコラの中にシリアルが包み込まれているので、一度食べたら止まらないおいしさ!そのままでも、ホットミルクに溶かしてもお楽しみいただけます。

  • 商品について詳しくみる

マイルドな味わい!「アンリ・ルルー ショコラ・オ・レ」

アンリ・ルルー ショコラ・オ・レ

“アンリ・ルルー ショコラ・オ・レ”

フランスの菓子職人の名がブランド名となったアンリ・ルルー。スイスの製法をいち早く取り入れた先駆者的ショコラティエで、「フランスショコラ界の父」と呼ばれるほど。そんなアンリ・ルルーの伝統が継承され、今日まで発展を続けています。 「ショコラ・オ・レ」はカカオ分41%の板チョコレート。ハチミツとバニラを連想させる香りが特徴です。アンリ・ルルーのタブレットの中では、数少ないマイルドな味わいをお楽しみいただけます。

  • 商品について詳しくみる

豊かなバラエティが魅力的!「帝国ホテル バラエティアソート」

帝国ホテル バラエティアソート

“帝国ホテル バラエティアソート”

1890年に日本の迎賓館として開業し、「おもてなしの心」でお客様をお迎えしてきた伝統あるホテル。そんな帝国ホテルブランドによる、シックなパッケージにスティックとプレート全9種のバラエティ豊かなチョコレートを詰合せました。2段のパッケージは重厚なイメージで特別な方への贈り物にぴったりです。

  • 商品について詳しくみる

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に出店するブランドを中心に、自分へのご褒美ギフトとして贅沢なチョコレートをご紹介しました。自分に贈りたいチョコレートは見つかりましたか? どれもショコラティエの個性が光るものばかり。きっと、お好みのチョコレートが見つかるはずです。いつも頑張っている自分を贅沢なチョコレートで労ってみてはどうでしょうか?日頃の疲れも癒やされ、リフレッシュできることでしょう。

dショッピングギフト 三越伊勢丹商品担当

this is japan.」の企業メッセージのもとに、日本の四季がはぐくんできた五感を生かし、品揃えをしております。感謝や祝福など、ことばだけでは伝えきれない、相手を大切に思う「こころ」が込められた贈りものをご提案します。