トレンド

【ファッション】流行アイテムの着こなし術!

【ファッション】流行アイテムの着こなし術!

まずは流行アイテムをご紹介!1つは欲しい激売れアイテム!!

体型カバーテクニック5選

ニットスカートやミモレ丈スカートなど、トレンドのアイテム。可愛いから着てみたい! でも体型に自信がなくて……とあきらめてしまうのはもったいない。体型難を“こなす”コーディネートや物選びのコツを、スタイリストに聞きました。

その1 身体のラインはもう気にしない!ニットスカート着こなしテクニック

ニットスカート商品一覧をみる >>

ふんわりした印象を醸しだせるし、暖かいというメリットもあるものの、腰回りに難を抱える人にとっては二の足を踏んでしまうニットスカート。写真のように上下を同素材のセットアップにすると縦に長いバランスを強調できます。その際、トップをアウトして着るとよし。セットアップじゃない場合は、トップを少し長めの丈やオーバーサイズのような広がったデザインにすると、目線を腰回りに集中させずにすみます。

その2 寸胴さんのピンチを救う、ウエストマーク着こなしテクニック

ウエストマークできる商品一覧をみる >>

やや寸胴気味な人にとって、スカートは体型難を隠す強力なサポーター。ベルトが付いているウエストマークデザインのスカートは、腰高見せの効果が特に高いアイテムです。ウエストの位置を気持ち高めに設定して着るのがポイント。といっても上げすぎは禁物で、ベストはおへその上にしっくりくるあたり。タイトなシルエットのもので、シックな雰囲気を演出するとベター。Aラインを選ぶ場合は、広がりすぎに注意すること。

その3 ガッシリふくらはぎは、もう気にならない!ミモレ丈着こなしテクニック

ミモレ丈スカート

ミモレ丈商品一覧をみる >>

ミモレ丈は、フランス語の「ミ(中央の)」「モレ(ふくらはぎ)」が語源。ふくらはぎの立派さが強調されかねない……と不安に思ったかた、その通りです。が、短すぎず長すぎず、大人の女性が履くのにもっとも程よい丈でもあります。脚を目立たないようにするには、ヒールが高めのシューズを合わせてふくらはぎを美しく見せること。ベストは6cm。かつチャンキーヒールのような太ヒールだと歩きやすいと思います。

その4 太もも・下半身が気になる方必見!流行アイテムで着痩せテクニック!

8〜9分丈商品一覧をみる >>

下半身にボリュームがあってパンツを好まない人におすすめしたいのが、8〜9分丈のスカート。錯視というのがあるのですが、人間の脳は目に見える部分から、見えていない部分を想像し、情報を補完しているそうです。つまり脚のなかの細い部位・足首を出しておくと、覆われた部分も細いらしいと思ってもらえるというわけ。ストライプやタイトシルエットで縦長感を強調し、ボリューム靴で足首の細さを主張してダメ押しを。

その5 小柄だって大丈夫!憧れのロングスカート履きこなしテクニック

ロングスカート商品一覧をみる >>

小柄さんに難易度が高いアイテムといえば、ロングスカート。タイトなデザインのトップを合わせ、ウェストをタックインさせるとバランスアップして見えます。また足元は、厚底やヒールの高いシューズで底上げを。ただ、こればかりはバランス云々だけでは問題をすべて解消できるものではありません。1番のポイントはスカート自体の丈感。ウェストラインからくるぶしまでのジャストサイズとなるものを選びましょう。