トレンド

初心者から上級者まで必見!おすすめスキーグッズ

ウインタースポーツの定番であるスキー。真っ白なゲレンデに鮮やかなシュプールを描くのは気分爽快です♪スキー用品はレンタルも可能ですが、より楽しむためには自分だけのスキーグッズを持つのがベスト!そこで今回は、おすすめのスキーグッズを厳選してご紹介します。初心者から上級者まで、スキー好きな方必見です!

スキーウェア

スキーに欠かせないウェア。価格やデザインなど選ぶポイントはいろいろありますが、通気性や防水性などの機能面も重要なチェックポイントです。上下セットで一気にそろえるとお得な上、全体のバランスも◎

  • 商品をもっとみる

ニット帽

寒いゲレンデの必須アイテム。雪に濡れでも乾きやすい素材のものを選ぶのがポイントです。スキーウェアに合う色を選べばオシャレ感もアップ♪長さがあり深くかぶれるニット帽がおすすめ!

  • 商品をもっとみる

インナーウェア

スキーウェアの下に着るインナーは、吸湿性や抗菌加工など機能面を重視して選びましょう。体を動かせば寒いゲレンデでも汗をかくので、特に吸汗速乾性は重要です!冷えや風邪予防にもなります。

  • 商品をもっとみる

グローブ

冷えやすい指先を温めてくれるグローブ。5本指タイプがスタンダードですが、保温性を重視するならミトンタイプがおすすめ!気軽に洗えるインナーグローブがあれば暖かいだけでなく清潔です♪

  • 商品をもっとみる

ソックス

機能的なスキー用のソックス。保温性はもちろん、発汗後の速乾性も重要です。ブーツが足に当たらない長めのものを選ぶのがポイント。耐摩擦性や防臭性に優れ、クッション性のある厚めのソックスがおすすめ!

  • 商品をもっとみる

兼用できる?スキーウェアとスノボウェアの違いを徹底比較!

ゲレンデで楽しむスキーとスノボ。似たようなウェアに見えますが、実は機能面で大きな違いあります。ここでは、その違いを徹底的に比較します!

■シルエット

スキーウェアはタイトなシルエットですが、スノボウェアはゆったりとしたルーズなシルエットです。スキーウェアがタイトなのは、スピードが出たときに風の抵抗を受けないようにするため。一方、スノボウェアは中にプロテクターやインナーを装着するのでゆったりしています。

■厚み

スキーウェアは全体的に中綿が入った厚めのものが主流ですが、スノボウェアは背中にのみ中綿が入るなど、スキーウェアに比べて薄めに仕上がっています。スキーではプロテクターを使用しないため、スノボウェアでスキーをすると転んだり尻もちをついたりしたときに痛みを感じやすくなるので注意しましょう。

■エッジガード

スキーウェアのパンツ裾には、スキー板との接触で裾が切れるのを防ぐエッジガードがついていますが、スノボウェアにはついていません。そのため、スノボウェアでスキーをすると、転倒時にパンツの裾が切れる可能性があります。

■肩ベルト

スキーウェアのパンツにはずり落ちたり雪が入ったりするのを防ぐために、肩ベルトがついていますが、スノボウェアにはついていません。

■お尻部分の防水性

スノボではお尻から転ぶことが多く、またゲレンデで休憩する際にも雪の上に直接座ることが多いため、お尻部分の防水性がスキーウェアより優れた仕様になっています。

どちらのウインタースポーツを楽しむにしても、兼用せずに専用のウェアをそろえた方がいいいでしょう。