トレンド

サングラスでオシャレに差をつける!自分の顔型に合うサングラスの選び方

自分に似合うサングラス持っていますか?気に入っているものだから、その時流行ったブランド物だからとかけていても、いまのファッションや自分自身の顔に似合っていないことも。自分に似合うサングラスの選び方のコツはズバリ顔の骨格。自分の骨格を知って、似合うサングラスを見つけましょう。

■紫外線対策にも

サングラス特集
一年のなかで一番紫外線が強いのは、実は5月~6月と言われています。肌が直接太陽にあたっていなくても、目で紫外線を受ければシミや日焼けが進行してしまうのはあまり知られていません。また、強い紫外線を浴びることで眼病の原因になることもあります。

ウェリントン

ウエリントン
最近のトレンドでもあるウェリントン型のサングラス。少し大き目なフレームでクセのない形はどんな顔立ちの人にも似合い、小顔効果もあります。これひとつ持っていることでカジュアルからシックなスタイルにまで似合うサングラスです。
ウエリントン
  • 商品をもっとみる

ラウンド

ラウンド
小さめなレンズがレトロで、かけるだけで個性的になれるラウンド型のサングラス。面長や逆三角形、エラが張っている顔立ちの人はラウンド型サングラスをかけるだけで優しく知的なイメージになります。
ラウンド
  • 商品をもっとみる

ティアドロップ

ティアドロップ
海外セレブやハリウッドスターにも愛されるティアドロップ型サングラス。日本人には難しいように感じますが、ビーチや夏のドライブなどのシーンによくあいます。しずくのように縦が長いサングラスなので丸顔や面長の人に似合います。
ティアドロップ
  • 商品をもっとみる

ボストン

ボストン
ウェリントン型とラウンド型サングラスの中間ともいえるボストン型サングラスは少しレトロな印象で、俳優ジョニー・デップ氏が愛用していることから人気に火がつきました。どんな顔立ちの人にも似合い、太いフレームを選ぶことで小顔効果が狙えます。
ボストン
  • 商品をもっとみる

ひとことにサングラスと言ってもさまざまな種類があり、フレームの形や太さ、レンズの色、大きさなどで印象が変わります。自分の顔立ちにあったサングラスを選ぶことでぐっと夏のファッションがオシャレに。夏の強い紫外線対策とともに夏のファッションの一部としてサングラス選びも楽しんでみてください。
サングラス特集