トレンド

秋冬のトレンドカラーは?秋冬ファッション通信

押さえておきたい注目の秋冬カラ―と、ベストマッチな組み合わせカラーをズバリご紹介!手持ちのアイテムもぐっと今年らしくなるコーディネートのポイントは要チェックです。
d fashionで使えるお得なクーポンはこちら>

注目カラー1:レッド

深めのボルドー・バーガンディーに加え、鮮やかなレッドも注目カラー。着るだけで華やかな印象を与えてくれるレッドは、ポイント使いにもオススメです。少し抵抗のある人は、靴やバッグ、リップなどから取り入れみては?

<おすすめの組み合わせカラー>

ブラウン、ブラック、ネイビー、ボルドー、バーガンディー

ROPE’ PICNIC(ロペピクニック)袖ボリュームチュニックニット

各ブランドの今季イチオシ先取りカラーといえばボルドーを筆頭としたレッド系。ふんわりニットトップスでトレンド顔に!

注目カラー2:グリーン

引き続き人気継続中のグリーンは、モスグリーンなどの深みのあるカラーがおすすめ。秋冬注目のチェック柄とも相性がよく、一気に今年顔のコーデになります。

<おすすめの組み合わせカラー>

イエロー、ブラウン、ブラック、ボルドー、グレー

coen(コーエン)ラムウールVネックワンピース

気分もアガる!流行色を全身にまとって。美シルエットのワンピースは何着持っていてもOK!?秋冬は表情豊かなグリーンをまとってお出かけしましょ♪

注目カラー3:ブラウン

女性らしいやわらかさを演出できるブラウンは、淡いカラーも濃いカラーも、多様な表現ができる万能カラー。その他の流行色との相性もよく1枚は持っておきたい注目カラーです。

<おすすめの組み合わせカラー>

イエロー、グリーン、レッド、ピンク、ブルー、ベージュ

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ)アシンメトリーラップベルトワイドパンツ

今季も引き続きトレンドの最前線はワイドシルエットのパンツ。 ブラウスや上品なニットと合わせてオンスタイルに、リラックスカットソーやオーバーニットでオフの着こなしに、とアレンジによって幅広い印象にマッチするのも魅力。

注目カラー4:イエロー

春夏も人気のイエローは、マスタードイエローなど深みのあるカラーが秋冬は大活躍の予感♪アウターが暗くなりがちな分、トップスやボトムス、小物に取り入れることで、華やかさを演出できます。

<おすすめの組み合わせカラー>

ブラウン、ブラック、ネイビー、グレー、グリーン

UNBILLION(アンビリオン)カシュカシュ cachecache / タッセル引手親子ショルダーバッグ

人気ブランドでイエローの色出しをチェック♪さし色をコモノで取り入れるならバッグがオススメ! 秋冬のイエローは春夏とは違って捻った色出しのものが多く、コレクションしたくなる可愛さです。

注目カラー5:ピンク

秋冬らしいくすみピンクや、こっくりピンクなど、春夏とは違うカラーリングのピンクに注目です。同系色や反対色など、さまざまなカラーリングを楽しんでください。

<おすすめの組み合わせカラー>

ブラウン、ブラック、ネイビー、グレー、ボルドー、バーガンディー

PROPORTION BODY DRESSING(プロポーションボディドレッシング)ビッグポケットロングペンシルスカート

可愛らしくも大人っぽくも着こなせるくすみピンクは、女性らしいコーデに大活躍!タイトスカートは通勤スタイルにも休日のお出掛けにも相性抜群♪

注目カラー6:ネイビー

品のある洗練されたおしゃれが楽しめるネイビーは、どんなカラーにも合わせやすく、ベーシックなブラックやグレーの置き換えカラーとして取り入れてみることをおすすめします。

<おすすめの組み合わせカラー>

ブルー、ボルドー、グレー、ブラウン、ホワイト、ベージュ

velikoko(ヴェリココ ラクチンキレイシューズ)スクエアトゥパンプス(4cmヒール)

技アリワンポイントはスウェードの質感!スタイリングを品よく引き立てるのはやっぱりネイビー。 いろいろなシーンにマッチするシンプルなパンプスはスウェードをチョイス。

秋冬コーデのポイント

注目カラーは、「レッド」「グリーン」「ブラウン」「イエロー」「ピンク」「ネイビー」

暗くなりがちな秋冬ファッションも、今年は明るいカラーが充実しているため、コーディネートのバランスがとりやすく、カラー合わせの幅が持てそうです。

それぞれのカラーを自分らしくコーディネートに取り入れるために、配色のパターンをルール化するとぐっと簡単におしゃれが楽しめますよ。

たとえば、ベーシックカラー×ポイントカラーの濃淡をしっかりとつけたコーディネートなら手持ちのアイテムを活かしてすぐに今年らしい装いに。

上級者は、イエロー×ブラウン、レッド×ピンクなどの同系色コーデや、イエロー×パープル、レッド×ブルーなどの反対色コーデがおすすめです。
異なるカラーも、例えばダークなレッド(バーガンディー)と暗めのピンク(スモーキーピンク)などトーンを合わせると、まとまりのある今年らしいコーデになるので、ぜひチャレンジしてみてください。

※掲載商品が完売の場合はご容赦願います。

★こちらも合わせてチェック!

閉じる

最後まで記事を読んでいただき
ありがとうございます。
下記ボタンからアンケートに
ご回答いただけます。