トレンド

【エンタメ】胸キュン人気コミック「ひるなかの流星」が映画化

やまもり三香が描く「ひるなかの流星」が2017年3月24日から待望の映画化! 人気俳優の三浦翔平と白濱亜嵐に加え、ヒロインは今注目の永野芽郁! 2人のイケメンが争う恋の行方は?

作品紹介

幼い頃に見た、真昼の空の流れ星。

 

夢だったのか、それとも私の道しるべなのか──。

 

すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の高校に転入することになりました。

 

上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは…?

 

恋も友情も全てが未知の新生活が始まります!!


編集部からのコメント

 

「同時に二人を好きになっちゃた!」という経験はありますか?

 

もしその二人から告白されたらどちらを選びますか?

 

永野芽郁が演じる田舎からきた純粋な主人公「与謝野すずめ」は二人の男性から好意をもたれます。

 

一人は三浦翔平が演じる担任教師の「獅子尾」。もう一人は白濱亜嵐が演じるすずめの同級生「馬村」。男性二人の想いに揺れるすずめは最終的にどちらと結ばれるのか…!目が離せません。

 

「担任教師」という立場に翻弄されながら自分の想いをすずめに伝えるか否か葛藤する獅子尾の姿にキュンキュンする女子が多発!そして、自分の想いをまっすぐ伝える馬村に「私も言われたい。」と思う女子も多いようです。

 

「担任教師との禁断の恋。」「同級生との甘酸っぱい恋…。」すずめが葛藤の末どちらを選ぶのか気になりますね!今二人を好きになっている女子にとって背中を押してくれる映画になるかもしれません。

 

監督は2016年に公開した「四月は君の嘘」でお馴染みの新城毅彦。監督の世界観がどうこの映画に反映しているかも見どころです。

 

2014年まで『マーガレット』にて連載されていた原作は、単行本にして全13巻。作家のやまもり三香が描く漫画「ひるなかの流星」が多くの女子心を掴んできました。

 

「最近キュンキュンしてないな」と思う方もそうでない方も、ぜひ単行本も映画も楽しんでくださいね。

 

 

 

※この記事の内容は2017年3月24日時点の情報です。

やまもり三香の人気コミックもチェック♪