トレンド

【エンタメ】250万部発行ピース又吉「火花」NHKドラマ放送開始

芥川賞を受賞した「火花」が2017年2月26日~NHKでドラマ放送開始!さらに11月に映画化も決定!その魅力にせまります。

作品紹介

NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦)第153回芥川賞を受賞し、2015年の話題をさらった「火花」が文庫化。

 

受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。売れない芸人の徳永は、、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて2人は別の道を歩むことになる。

 

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第153回芥川賞を受賞し、累計発行部数283万部を誇る傑作が待望の文庫化!

 


編集部からのコメント

 

熱い夢を語り合った仲間がそれぞれの道を歩んでいく中で、仲間の人生は好転していき、自分の人生が苦悩の多い日々だとしたら、あなたはどうしますか?

 

「お笑い」という同じ夢に向かって走り出す徳永と神谷のストーリーは、気がつけば自分の人生を投影してしまうほどのリアルな感情の絡み合いに心が打たれます。

 

「俺の伝記を作ってほしいねん。」

 

神谷にそう言われた徳永はどのような行動をするのか。
2人が過ごす日々の中で歯車が合わなくなってきたときに徳永がとった行動とは?

 

リアルな感情をあらわにする2人のやりとりは、ドラマの世界にとどまらず私たちの日常とリンクします。

 

自分が人生を楽しく生きているとき、一緒に熱く語ったり笑いあったりした仲間が意味もなく日々を過ごしていたら、自分はどういう風に声をかけるのか。人間関係で悩んでいる人にとってなにか解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

神谷と徳永を演じるのは人気俳優の林遣都波岡一喜です。2人が「火花」の世界をどのように演じるのか目が離せませんね。

 

原作作家は人気お笑いタレントの又吉直樹。2015年には芥川龍之介賞を受賞し、累計単行本発行部数が283万部に達しました。ドラマと一緒に単行本でしか味わえない「火花」の世界観も楽しんでみてください!

 

 

 

※この記事の内容は2017年3月6日時点の情報です。