トレンド

【エンタメ】禁断の恋の行方は?!「PとJK」

亀梨和也と土屋太鳳が主演をつとめる映画「PとJK」が2017年3月25日から待望の映画化。原作作家三次マキが描く「禁断の恋」の世界から目が離せない。

作品紹介

女子高生のカコがオトナの合コンで出会った功太(こうた)。

 

やさしくて、ちょっと照れた顔が印象的な功太といきなりいいムードになって……と思ったら、まさかの「P」!!

 

少女マンガ史上初、JKがPと××!?

 

「完璧☆彼氏彼女」が大人気の三次マキが放つ、笑えて泣けるLOVE&COPストーリー!


編集部からのコメント

 

「年齢」「職業」「病気」「親の反対」など好きという気持ちだけでは乗り越えられない壁があるのが現実でしょう。しかし「好き」という気持ちがその壁を越えたとき、どんな素敵な未来が待っているのだろう…と勇気をくれる映画です。

 

誰かを心から好きになったとき、自分は二人の間にある壁を乗り越えるために「向き合うのか」それとも「向き合うことを諦めるのか」など考えさせられるシーンもあります。

 

亀梨和也が演じる「佐賀野功太」は警察署に努める23歳。
土屋太鳳が演じる「本谷歌子」は高校2年生のJKです。

 

合コンで出会った二人が恋に落ち、関係を深めていく姿に「キュン死する!」という声が上がっているんだとか!

 

警察官という職業柄、未成年との交際が許されていない状況で功太がとった行動とは?!

 

純粋に「好き」という気持ちを大切にする二人の関係に、思わず自分の恋愛経験と重ねて胸が熱くなり、涙が溢れるかもしれません。

 

監督は、2015年の人気映画「ストロボ・エッジ」でお馴染みの廣木 隆一。その他、豪華キャストからも目が離せません!

 

別冊フレンドで連載中の原作は、2016年12月に単行本8巻が発売されました。2016年11月の段階で累計販売数230万部を突破しているほどの人気ぶりです。漫画でしか味わえない「PとJK」の世界もぜひ覗いてみてくださいね。

 

 

 

※この記事の内容は2017年3月24日時点の情報です。

三次マキの人気コミックもチェック♪