トレンド

【エンタメ】松山ケンイチ主演。感動の実話が映画化!「聖の青春」とは

人生を将棋に懸けた天才棋士・村山聖の生きざまが描かれた小説『聖の青春』がついに映画化。松山ケンイチを主演に、2016年11月19日(土)から公開。

作品紹介

聖の青春書影画像

 

重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。

 

弟子の名前は村山聖(さとし)。享年29。
将棋界の最高峰A級に在籍したままの逝去だった。

 

名人への夢半ばで倒れた“怪童”(かいどう※)の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動ノンフィクション。

 

第13回新潮学芸賞受賞作。

 

並外れて力があり、体の大きい様子

編集部からのコメント

 

小説『聖の青春』は、難病と闘いながら人生を将棋に懸けた天才棋士・村山聖の壮絶な生きざまが描かれている感動のノンフィクション作品です。

 

映画では、村山聖が自らの命と向き合い、全力で駆け抜けた最期の4年間にフォーカスを当てて描かれています。

 

驚くべき肉体改造を経て身体的・精神的に役作りをして村山聖を演じる主演・松山ケンイチの、まるで本人が乗り移ったかのような鬼気迫る熱演は圧巻です。

 

最大のライバルとされた、東出昌大が演じる羽生善治との手に汗握る対局がこの映画の見どころ。

 

映画『聖の青春』を通して、村山聖のわずか29年間の人生に詰まった、家族愛、友情、師弟愛の真実を観ることができます。

 

主人公の決して諦めない姿、名人に懸ける想いに感動必至の作品です。

 

※この記事の内容は2016年11月18日時点の情報です。