トレンド

【エンタメ】遂に完結!?綾野剛出演映画『闇金ウシジマくん』

2016年10月22日公開の映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」。コミックとドラマ、映画で展開する人気シリーズだ。完結編では本郷奏多と藤森慎吾が物語の軸に。

作品情報

人気コミック「闇金ウシジマくん」の書影画像

 

丑嶋のもとを毎朝9時に訪れる「奴隷くん」と呼ばれる人々。

それはパチンコ依存症の主婦たちのことで、丑嶋(うしじま)は彼女らに3万円の現金と引き換えに5万円の借用書にサインさせる。

 

あらかじめ金利・手数料2万円を引いた上、13割もの暴利を課しているにも拘わらず、今日も彼の会社には哀れな訪問者が引きも切らない…。

 

オモテの金融機関に見捨てられた、哀れなヤツらの人生にトドメを刺す――闇金融の世界に生きるダークヒーロー、ここに誕生!!

 

 

編集部からのコメント

 

闇金業者「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマの徹底的な追い込みや、債務者が転落していく描写などが、読者の心を捉えて離さない「闇金ウシジマくん」シリーズ。

 

「闇金ウシジマくん  ザ・ファイナル」はそのシリーズの完結編で、シリーズ最大のマネーゲームを繰り広げます。

 

映画やテレビシリーズでは、山田孝之がウシジマを演じて6年目、綾野剛は戌亥(いぬい)役を演じて4年目です。

作品とともに成熟していく俳優たちの、迫真の演技が見ものとなっています。

 

人生の逆転を狙う沢村(本郷奏多)、女性関係が破綻しているサラリーマン・加茂(藤森慎吾)の顛末も気になるところです。

 

予告編のラストに「自分の命かけて勝負したんだろ、何もしねえよりマシじゃねえか」と追い立てるウシジマ。

この言葉が一体何を意味しているのか、まずは原作でぜひ確かめてください。

 

 

※この記事の内容は2016年10月21日時点の情報です。