トレンド

【エンタメ】直木賞作品が遂に映画化!「何者」の見どころは?

人気小説『何者』が2016年10月15日(土)から映画化されることが決定。佐藤健・有村架純が出演するこの映画は、就職活動を通して見えてくる人間の本音が描かれている。

作品紹介

直木賞受賞作品「何者」の書影画像

 

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。

光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。

瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。

だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。

直木賞受賞作。

 

編集部からのコメント

人気小説家、朝井リョウの『何者』は、就職活動を通して見えてくる人間の本音をリアルに描いた小説です。

就職活動をしている「仲間」の一人が内定してしまったら・・・「おめでとう!」といいながら本音は違う。

途端に「裏切者」に変化してしまう恐ろしさが見え隠れするシーンがいくつも出てきます。

普段何気なく目にするSNSの投稿。

その言葉の裏側から見えてくる人間の「本音」と「本性」を自分や友人に置き換えて鑑賞できる作品です。

映画では佐藤健・有村架純をはじめ山田孝之、岡田将生など豪華キャストが出演。

迫真の演技に胸が高鳴ります。

「自分や相手が何者なのか・・・。」この言葉の裏には何が隠されているのか・・・

まだ見ぬ観察系エンタメは必見です。

 

※この記事の内容は2016年10月12日時点の情報です。