トレンド

【エンタメ】石原さとみ主演。ドラマ化「校閲ガール」の見どころとは?

働く女性のための小説『校閲ガール』(宮木あや子著)が待望のドラマ化。石原さとみを主演に、2016年10月5日(水)から放送。

作品紹介

人気小説「校閲ガール」の書影画像

 

ファッション誌編集を目指す河野悦子(こうのえつこ)が配属されたのは校閲部。

担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり…。

読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ!

 

編集部からのコメント

 

『校閲ガール』は、校閲という仕事を通して、「本気で仕事に取り組めば、どんな仕事もおもしろい」ということを描いた小説です。

主人公の河野悦子(石原さとみ)は、編集部の中でもファッション関連の部署を希望していましたが、配属されたのは校閲部。

ファッション関連の部署を狙いながらも、校閲の仕事を全力でやることにより、悦子の中でとある心境の変化が起こります。

登場人物とのウィットに富んだ会話劇や、校閲の仕事の奥深さなどが見どころ。

またドラマ化されるにあたり、石原さとみの華やかなお仕事ファッションも必見です。

自分の今いる地点が追い求める夢とは違ったとしても、真摯に現状と向き合う過程で、見えてくるものもある…。仕事を頑張るあらゆる人に、読んでもらいたい作品です。

 

※この記事の内容は2016年10月12日時点の情報です。