トレンド ~毎週火・金曜日更新~

新しい趣味を見つけよう!おすすめのアウトドアアクティビティ特集

なかなか遊びに行けずに部屋で過ごす日が続いている方は、プライベートな時間を充実させるためにも新しい趣味に挑戦してみませんか?今回は海や山といったフィールドごとに、大人も楽しめる、おすすめのアウトドアアクティビティをご紹介します!スポーツ以外もピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
休日はアウトドアでリフレッシュしよう!
山・大地でのアウトドアアクティビティ
川や海でのアウトドアアクティビティ
こんなアウトドアもおすすめ!
新しい趣味をはじめるなら、dマガジンをチェック!
まとめ

休日はアウトドアでリフレッシュしよう!

新しい趣味を見つけよう!おすすめのアウトドアアクティビティ特集

「アウトドアアクティビティ」とは、基本的には海や山、川、雪、空といった自然をフィールドとして屋外で行われる活動の総称で、略して「アウトドア」と呼ばれます。デスクワークや在宅勤務の方は特に長時間同じ姿勢で座り続けたり、外に出る機会が減ったりしているはずです。運動不足だと筋力や体力が低下しやすく、疲れやすくなってしまいますが、アウトドアで体を動かす機会を増やせば健康を維持しやすくなりますよ。ストレス解消にもつながるので、仕事の生産性も上がります。日常生活ではかかわらない人たちと交流するきっかけにもなり、共通の趣味を持つ友人が増える可能性があるのもメリットです。休日を何となく終えてしまわずに、アウトドアを満喫してリフレッシュしましょう!
■「【隙間時間を上手に活用】晴れの日におすすめの趣味をご紹介」を読む>>

山・大地でのアウトドアアクティビティ

山・大地でのアウトドアアクティビティ

まずは山や大地で新鮮な空気を吸い込みながら、思いきり楽しめるアウトドアを見ていきます!

トレッキング・登山

「トレッキング」とは、樹木や川といった山周辺の風景を楽しみながら、傾斜が少ないゆるやかな道を歩くことです。動きやすい服装や靴、バッグがあればはじめられて、体力に自信がない方でも挑戦しやすいのが特徴です。トレッキングで体力がついてきたら、「登山」にステップアップするのもよいでしょう。登り続けて山頂に到達したときの達成感や、山頂での食事は格別です。初心者であれば標高が低い山や、比較的簡単なコースを選び、経験を積みながら少しずつ標高や難易度の高い山に挑戦していくのがおすすめです。落石や気温差にも気をつけて、防寒対策もしながら無理のない範囲で登りましょう。
■dショッピングで「登山用品」を見る>>

ゴルフ

ピンポン球に近い大きさのボールを棒状のクラブで打って飛ばし、できるだけ少ない打数でホール(穴)に入れて得点を競い合う「ゴルフ」。基本的には整備されているコートで2〜4人が1組となり、各プレーヤーがそれぞれのボールを順番に打ちます。力はそこまで必要ありませんが、ボールを遠くまで正確に飛ばす、ホールに近付いたらボールを転がすといった技術がスコアを左右します。初心者はまずボールを打つために、ゴルフ練習場(打ちっぱなし)で練習するのがおすすめです。
■「ゴルフ用品」はこちら>>

乗馬

「乗馬」を体験できる施設は意外に多くあり、ヘルメットなどの道具もレンタルできます。馬に乗っているだけなので簡単にできそうに見えますが、実際にはかなり揺れるため、バランスを安定させるための筋力が必要です。体幹を鍛えられるので、回数を重ねれば姿勢の改善も見込めます。初心者のうちはスタッフの方にサポートしてもらい、馬に乗る際の正しい姿勢などを学びます。さらに上をめざすなら、本格的なレッスンを受講するのもよいでしょう。

キャンプ

自然のなかでテントを張って寝泊まりする「キャンプ」は、友達や家族と一緒でも、1人での「ソロキャンプ」でも楽しめる趣味です。バーベキューや釣り、自然のなかでの料理、焚き火など、自宅では味わえない非日常的な体験ができます。キャンプはテント以外にも寝袋やランタンといったグッズが必要ですが、最初は道具のレンタルができるキャンプ場を選ぶと少ない荷物で出かけられます。慣れてきたら、徐々に自分の道具を揃えていくのも楽しいですよ。
■「ファミリーキャンプ初心者は必見!揃えておきたい持ち物は?」を読む>>

川や海でのアウトドアアクティビティ

川や海でのアウトドアアクティビティ

水や波の音にも癒やされそうな、川や海でのアウトドアアクティビティは以下のとおりです。

釣り

「釣り」は単純そうに見えて奥深い趣味で、近場で気軽にできる「川釣り」や、大きい魚も釣れる「海釣り」があります。体力は必要ありませんし、場所や季節によっても釣れる魚の種類や大きさが違うので、年間をとおして楽しめるでしょう。魚との駆け引き、釣れたときの高揚感、釣った魚を食べるなど、釣りでしか味わえない貴重な体験ができます。さまざまな道具が必要となりますが、最初はレンタルできる場所で借りて、本格的にはじめるときに揃えるとよいでしょう。
■「趣味で釣りをはじめる方必見!釣り初心者に必要な道具特集」を読む>>
■「釣り・フィッシング」を見てみる>>

サーフィン

「サーフィン」はサーフボードの上に立って、波の斜面を滑るマリンスポーツです。一見華やかに見えますが、実際には地道な練習を重ねる必要があるので、まずはサーフショップが運営している体験スクールに参加するのがおすすめです。ボードやウェットスーツをレンタルして、コツやルール、マナー、波の特性などについてインストラクターから学びましょう。しばらくはボードの上で腹ばいになって漕ぐ「パドル」だけで精一杯かもしれませんし、海にかよい続ける根気もいりますが、上達するまでに時間がかかるからこそ、できるようになったときの達成感は何ものにも代え難いはずです。

SUP

「SUP」とは「スタンドアップパドルボード」の略で、近年注目を集めている新感覚のスポーツです。海や河川、湖で、サーフボードのような大きめの板の上に立ち、カヤックのようにパドル(オール)を漕いで自由に水面を進みます。サーフィンに比べてテクニックが必要ないため気軽にはじめやすく、ボードは浮力や安定感があり、少し練習すれば立てるようになりますよ。川の下流や湖を選べば、流れが穏やかなので初心者でもあんしんです。

シュノーケリング・ダイビング

「シュノーケリング」は、基本的には水面に浮いたままの状態でほとんど潜らないので、初心者でも挑戦しやすいです。水中メガネや、空気を吸うためのシュノーケル、フィン(足ひれ)を付けて、海の浅い水中を散策します。一方で「ダイビング」は、圧縮空気が詰まっているタンクを背負い、レギュレーターを口にくわえてさらに深い水中まで潜ります。タンクがあって息継ぎをする必要がないため、深い場所でしか見られない魚やサンゴなどを長時間観察できますよ。
■「マリンスポーツ用品」をチェック>>

こんなアウトドアもおすすめ!

こんなアウトドアもおすすめ!

ここまででご紹介したものがしっくりこなかった方は、このようなアウトドアはいかがでしょうか?それぞれの特徴を解説します!

ツーリング

オートバイクを移動手段として利用し、景色を眺めたり、観光地を訪れたりする「ツーリング」。旅行のように目的地を決めますが、バイクに乗って走行すること自体を楽しんでいる方も多いです。最初は短距離や数時間程度のプチツーリングからはじめて、問題なければ次は日帰りでお買物や温泉に出かけてみるのもよいでしょう。さらに慣れてきたらキャンプ場まで行って寝泊まりしたり、宿泊を伴う長距離のツーリングに挑戦したりするのも楽しいですよ。
■「バイク用品」はこちら>>

ボルダリング

「ボルダリング」とはロープをつかわずに、壁に設置されているホールド(石)をつかみ、自力で登るスポーツです。ホールドには色が付いており、スタートからゴールまで同じ色の石をつかんで登ります。初心者向けから上級者向けまでコースわけされている場合が多いので、比較的簡単に登れるコースからはじめましょう。難しいコースは登る前に、ゴールに辿り着くまでにあるホールドの配置を確認し、登りやすそうなルートまたは最短ルートを見つけておくなど、頭をつかって攻略するのもボルダリングの魅力です。

フットサル

サッカーよりも少人数の5人で行い、ボールに触れることを楽しむ「フットサル」。サッカーとはルールが異なり、接触プレーが禁止なので、男性とは体格差がある女性でも挑戦しやすいです。動きやすそうな服装と靴があれば参加できますし、コートが小さいのでボールが回ってくるチャンスも多いですよ。メンバーを揃えてレンタルコートを借りて練習や試合をする方法と、個人参加でフットサルコートに集まったメンバーとプレーする方法があります。

サバイバルゲーム

略して「サバゲー」とも呼ばれる「サバイバルゲーム」は、敵味方にわかれてエアソフトガンで撃ち合って戦う遊びで、非日常的な緊張感や爽快感を味わえます。ルールはフィールドなどによって異なりますが、一般的な「フラッグ戦」では1ゲームにつき10〜15分程度で、制限時間内に敵の旗をゲットするか、弾に当たってチームが全滅した時点で終了です。複数名で参加する印象があるかもしれませんが、1人で参加している人同士でグループを組める施設も増えていますし、ゴーグルやエアガンをレンタルできる場所もあります。
■「スポーツ用品」を探す>>

新しい趣味をはじめるなら、dマガジンをチェック!

新しい趣味をはじめるなら、dマガジンをチェック!

新しい趣味を探しているなら、ドコモのサービス「dマガジン」の雑誌で情報収集するのもおすすめです。アクティビティ関連の雑誌「男の隠れ家」は、休日を魅力的な時間にするための豊富な情報を掲載していますので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね!それ以外にもdマガジンであれば、スマートフォンやパソコンをつかって、ライフスタイルやお出かけ、スポーツといった多彩なジャンルの人気雑誌700誌以上の最新号、最大1年分のバックナンバー約2,000冊が月額440円(税込)で読み放題です。ドコモユーザーでなくても、dアカウントがあればご利用いただけますので、興味がある方は以下のリンクもチェックしてみてください。
■「dマガジン」で雑誌を読む>>

まとめ

まとめ

普段はあまり運動しない方でも、試しにアウトドアに挑戦してみると、意外に面白くて生き甲斐になるかもしれませんよ。興味が湧いたものがあれば、必要なグッズを揃えてぜひ新しい趣味を楽しんでくださいね!アウトドア用品も気になる方は、以下のページもご覧ください。
■「アウトドア用品」を見てみる>>