トレンド ~毎週火・金曜日更新~

呪術廻戦が人気を集める3つの理由とは?初心者向けにわかりやすく解説

アニメ化されて、鬼滅の刃に続いて注目を集めている「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」という作品をご存知でしょうか?この記事では呪術廻戦がなぜ人気なのか、その理由を初心者向けにわかりやすく解説します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
呪術廻戦ってどんな話?
1:The王道のストーリー
2:あなたの身近にもある!?「呪い」がテーマ
3:個性的なキャラクターたち
0巻に隠された秘密とは?
まとめ

呪術廻戦ってどんな話?

呪術廻戦の特徴やあらすじについて、簡単に見ていきましょう。

「呪術廻戦」とは?

「呪術廻戦」とは、人間の負の感情から生まれる化け物である「呪霊」を、呪術師が呪術を用いて倒していくバトル漫画です。2018年3月から週刊少年ジャンプで連載されており、2021年1月時点ではデジタル版を含めたシリーズ累計発行部数は2500万部を突破、アニメも第2クールが放送されているほどの話題作となっています。ダークファンタジーで「呪い」などのホラー要素も満載ですが、コミカルな要素も多くて中毒性があるためハマる人が続出。現代の東京や京都が舞台として描かれていたり、主人公が高校生だったりと読者が親近感を抱きやすい設定になっていることも特徴です。

冒頭のあらすじ

高校生・虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)が通っている学校に、突如「呪霊」が現れました。人間から流れ出た憎悪や後悔といった負の感情は「呪い」となり、特に学校や病院などの大勢の思い出に残る場所に吹き溜まりやすく、この呪いが呪霊という化け物となって人間を襲います。虎杖が通う学校には呪霊を防ぐために、強い呪力が宿る「呪物(じゅぶつ)」が魔除けとして置かれていましたが、封印が緩んで逆に呪いを呼び寄せていたのです。呪物を回収するために、呪術師の伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)も助けに駆けつけます。しかし虎杖は呪霊との戦いによって窮地に追い込まれ、力を得て呪霊を倒すために、呪物である「両面 宿儺(りょうめん すくな)の指」を飲み込んでしまい…!?

人気の理由その1.The王道のストーリー

呪術廻戦が人気の理由として、まずは「友情・努力・勝利」といった、いかにも王道の少年漫画らしいストーリーであることが挙げられます。あくまで一例ですが、象徴的なシーンをご紹介しますね!

~友達を全力でかばう~「死なせたくありません」

虎杖と行動をともにした伏黒が、虎杖がピンチのときに「死なせたくありません」と主張してかばうなど、これぞ友情!といった胸が熱くなるシーンも盛りだくさんです。普段は素っ気ない態度のキャラクターでも、実は仲間想いであることがわかる瞬間も多く見られ、思わずグッときます。(1巻2話)

~地道な努力~「強くなりたい『最強』を教えてくれ」

虎杖は人を助けられる力を身につけたいと考え、誰もが最強と認める呪術師である、五条 悟(ごじょう さとる)に「強くなりたい『最強』を教えてくれ」と伝えて修行をすることに。その訓練方法は、呪力を保つためにクマ(?)の人形と一緒に映画鑑賞をするという意外なものでした。地道で斬新な修行シーンも見ものです。(2巻12話)

~覚悟を決めて勝ちをつかむ~「生き様で後悔はしたくない」

虎杖は呪術師の学校に転入する際の試験で、何を求めてここに来たのかを問われて「生き様で後悔はしたくない」と覚悟を決めたことにより、試験に合格します。虎杖たちが修行や実戦を重ねて強くなり、呪霊を倒していく姿を見ていると、成長を見守りながらもつい応援したくなるでしょう。(1巻3話)

そして頻繁に出てくる、各々の呪術をつかったスピード感と迫力のあるバトルシーンも圧巻で、こちらまで白熱してしまうほどにかっこいいです。

人気の理由その2.あなたの身近にもある!?「呪い」がテーマ

タイトルに「呪術」が用いられていることが象徴しているように、本作は「呪い」が重要なテーマとなっており、「呪術師」「呪霊」「呪物」など、あらゆるところに呪いが関連しています。

呪いと聞くと「怖そう」といったネガティブな印象を受けたり、あくまでフィクションだと考えたりする方も多いはずですが、身近にある「約束」なども場合によっては呪いになり得ることが、この作品では描かれています。たとえば虎杖の祖父が「オマエは強いから人を助けろ」という言葉を遺しますが、これは虎杖にとって大事な人との守り抜きたい約束であると同時に、常に意識し続けることになる呪いであるともいえるでしょう。そう考えてみると、呪いは意外と誰しもが抱えているものかもしれないと気づかされ、ファンタジーにも関わらずどこか親近感が湧くはずです。

人気の理由その3.個性的なキャラクターたち

呪術廻戦には、個性的な人物ばかりが登場します。

驚異的な身体能力を持っていて、快活・素直な性格の主人公である虎杖 悠仁、クールですが実は仲間想いな伏黒 恵、口が悪く都会に強い憧れを持っている釘崎 野薔薇(くぎさき のばら)、敵からも最強として恐れられる呪術師の先生、五条 悟など、主要キャラだけでもかなりのインパクトがあります。さらには呪術師の学校の先輩も、男勝りでツンデレな禪院 真希(ぜんいん まき)、もはや人間ではないパンダ、「しゃけ」といったおにぎりの具しか言葉を発しない狗巻 棘(いぬまき とげ)など、これだけでもかなり癖が強そうなことがおわかりいただけるのではないでしょうか。各々の性格や背景を知っていくと次第に愛おしく感じられるようになり、新しいキャラの登場やバトルシーンも楽しみになると思いますよ!次回の記事で詳細をご紹介します!

0巻に隠された秘密とは?

実は呪術廻戦には、本編より前のストーリーを描いた番外編の単行本0巻「東京都立呪術高等専門学校」が存在します。

本編にも出てくるキャラクターの過去や秘密についても知ることができますよ!これからの展開にも大きくかかわってくる可能性がありますので、呪術廻戦をもっと深く知りたい方はぜひ単行本の0巻も読んでみることをおすすめします。

まとめ

呪術廻戦はこれからますます注目され、さらに面白くなっていくはずです。これから盛り上がってくる呪術廻戦、詳細が気になる方はぜひ本作を楽しんでみてくださいね!
「呪術廻戦」のグッズはこちら>>