トレンド ~毎週火・金曜日更新~

dTVで観られるおすすめのミステリー・サスペンス作品特集

事件の推理、スリル満点の背筋の凍るようなシーン、どんでん返しなどが面白いミステリー・サスペンス作品。この記事ではdTVで公開している人気のミステリー・サスペンス作品のあらすじや見どころを、映画とドラマ、洋画と邦画にわけてご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
目が離せない人気のミステリー・サスペンス映画:洋画編
ラストが予想できないミステリー・サスペンス映画:邦画編
面白くて記憶に残るミステリー・サスペンスドラマ:洋画編
夢中で観られるミステリー・サスペンスドラマ:邦画編
まとめ

目が離せない人気のミステリー・サスペンス映画:洋画編

ハラハラして目が離せない、洋画でおすすめのミステリー・サスペンス作品を3つ見ていきましょう。

インフェルノ

インフェルノ
(C) 2016 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved.

ロン・ハワード監督によるミステリー映画「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くシリーズ第3弾。ハーバード大学の宗教象徴学者であるラングドン教授は、フィレンツェの病院で目を覚ましました。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、女医のシエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。2人はアメリカの大富豪で生化学者のゾブリストが、人口増加問題の過激な解決策としてウイルスを生み出し、恐ろしい伝染病を世界中に広めようとしていることを知ります。人類滅亡をもくろむゾブリストは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」の地獄篇(インフェルノ)に暗号を隠していました。ラングドンはゾブリストの計画を阻止するべく、陰謀の謎に挑みますが…。
■インフェルノはこちら>>

ウインド・リバー

ウインド・リバー
(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部・ワイオミング州にある、ネイティブアメリカンの保留地「ウインド・リバー」で見つかった少女の凍死体。遺体の第一発見者であり、地元のベテランハンターのコリー・ランバートは案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナーの捜査に協力することに。ただし、この土地は雪山で隔離されているだけでなく不安定な気候でもあるため、多くが未解決事件となってしまいます。現状の厳しさを思い知るジェーンでしたが、不審な死の糸口をつかんだコリーとともに捜査を続行します。2人はこの地に根づく闇に切り込むことができるのでしょうか?圧倒的な緊迫感がみなぎる、衝撃のクライム・サスペンスです。
■ウインド・リバーはこちら>>

新感染 ファイナル・エクスプレス

新感染 ファイナル・エクスプレス
(C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

時速300キロ超で疾走し、ソウルからプサンへ向かう韓国高速鉄道の車内で、突如発生した感染爆発。主人公のソグが乗るKTX101号にも謎のウイルスに感染した女性が乗り込んでいました。ウイルスに侵された乗客たちは密室のなかで凶暴化しはじめるため、感染者に捕らわれれば死が待ち受けているという極限状態のなか、安全な終着駅までは約2時間。偶然乗り合わせた父と幼い娘、妊娠中の妻とその夫、野球部の高校生などのさまざまな乗客が、生き残りをかけて決死の戦いに挑みます。
■新感染 ファイナル・エクスプレスはこちら>>

ラストが予想できないミステリー・サスペンス映画:邦画編

展開が読めず、ラストが気になるミステリー・サスペンスの邦画もピックアップしてみました。

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

池井戸潤の同名ベストセラー小説を映画化。ある日、トレーラーの脱輪事故によって1人の主婦が亡くなりました。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎は整備不良を疑われ、世間からもバッシングを受けます。しかし赤松はトラックの構造自体の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始していました。それぞれが突き止めた先にあった真実は、大企業の「リコール隠し」で…。果たしてそれは事故なのでしょうか、それとも事件なのでしょうか。
■空飛ぶタイヤはこちら>>

去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

婚約者・松田百合子との結婚を間近に控えた、新進気鋭のルポライターである耶雲恭介。本の出版をめざす彼が目をつけたのは、盲目の美女が巻き込まれた未解決焼死事件と、その事件の元容疑者である世界的フォトグラファー・木原坂雄大でした。しかし、耶雲が事件の真相に近づくにつれて、木原坂の危険な罠は百合子にまでおよび、いつしか耶雲は抜けることのできない深みにはまっていきます。果たして耶雲は、愛する人を無事取り戻せるのでしょうか。緻密に張り巡らされた伏線の先に待ち構える、驚愕のラストまで目が離せません。芥川賞作家・中村文則のベストセラー小説を、「グラスホッパー」の瀧本智行監督が映画化した、予測不能のサスペンスです。
■去年の冬、きみと別れはこちら>>

白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件
(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C) 湊かなえ/集英社

「告白」「北のカナリアたち」など、映像化が相次ぐ湊かなえの同名ミステリーを映画化。日の出化粧品の美人社員・三木典子が惨殺され、遺体となって発見されます。テレビ番組の制作を請け負うディレクターの赤星雄治は、知人の狩野里沙子から三木に関する情報を聞き、典子と同期入社で事件当日から失踪している地味な女性・城野美姫の存在を知りました。赤星がワイドショーで取り上げるために美姫の同僚やかつての同級生、家族ら関係者に取材をすると、彼女についての衝撃的な出来事が次々と暴露されていきます。やがて報道やインターネットで過熱気味に取り上げられ、噂ばかりが一人歩きしていき…。
■白ゆき姫殺人事件はこちら>>

クリーピー 偽りの隣人

クリーピー-偽りの隣人
(C)2016「クリーピー」製作委員会

元刑事で現在は犯罪心理学者の高倉は、かつて同僚だった刑事・野上から、6年前に発生した一家失踪事件の分析を依頼されます。しかし、事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどって調査を進めても、核心にはたどりつけずにいました。一方、高倉が妻・康子とともに引っ越した新居の隣人は、どこかつかみどころのない家族でした。病弱な妻と中学生の娘・澪を持つ、人のよさそうな主人・西野との何気ない会話に高倉夫妻は困惑します。ある日、澪は高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げました。高倉が衝撃を受けるなか、未解決の一家失踪事件と隣人一家の不可解な関係がつながり、高倉夫妻の平穏な日常が崩れていきます。
■クリーピー 偽りの隣人はこちら>>

面白くて記憶に残るミステリー・サスペンスドラマ:洋画編

時間の余裕がある方には、映画よりもさらに見応えのあるドラマもおすすめです。dTVで観られるミステリー・サスペンスの海外ドラマを、3つご紹介します。

ウォーキング・デッド シーズン10

ウォーキング・デッド シーズン10
©️2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

ゾンビがはびこるアメリカを舞台にした、大ヒットサバイバルドラマの10作目。仲間たちは「囁く者」のルールに従い、冷戦状態を保ちながら暮らしていました。囁く者は街の人々に変装して王国に難なく紛れ込んだため、仲間たちは疑心暗鬼に陥ってしまいます。特に仲間の無残な姿を目の当たりにしたセディクと、息子を亡くしたキャロルは、心に深い傷を負っていました。一方、リディアは仲間と打ち解けられずに孤立するようになったため、同じく孤立しているニーガンに悩みを打ち明けていました。しかしニーガンは隙を見てアレクサンドリアから脱獄し、囁く者のもとへ向かうと、アルファに忠誠を誓おうとします。果たして彼の目的とは…?
■ウォーキング・デッド シーズン10はこちら>>

シグナル

シグナル
(C)2016 Studio Dragon & ASTORY

警察のパク・ヘヨンは、ある日、廃棄処分となっていた古びた無線機を拾います。すると突然、壊れているはずの無線機から声が聞こえてきたのです。声の主は刑事のイ・ジェハンで、15年前にヘヨンの同級生が犠牲になった未解決事件の手がかりを伝えて無線機は切れてしまいました。ジェハンの言葉を信じて向かった場所でヘヨンは重要な証拠を発見し、ジェハンの後輩である刑事のチャ・スヒョンとともに謎を解き明かしていきます。一方、スヒョンは15年前に失踪したはずのジェハンを捜し続けていました。過去と未来が無線機を通してつながり、熱い使命感を持って未解決事件の真相を追う、ファンタジーと現実が融合した刑事ドラマです。
■シグナルはこちら>>

ボイス 〜112の奇跡〜

ボイス~112の奇跡~
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION

野性的な感覚を持つ刑事、ム・ジニョクはかつては凄腕でしたが、事件によって妻を失ってからは情熱を持てずにいました。そんなとき、ジニョクの部署にカン・グォンジュが新しく加わり、センター長になります。彼女はジニョクの妻の事件にかかわりがあり、容疑者を裁くことができずに釈放した人物でした。ジニョクは彼女を恨んでいましたが、彼女が能力をつかって人を救い出したことや、共通する犯人を追いかけていると判明したことによって次第に信用していきます。グォンジュが警察組織内にゴールデンタイムチームを結成し、2人は協力し合ってグォンジュの家族やジニョクの妻を殺した犯人を見つけるために動き出しました。
■ボイス 〜112の奇跡〜はこちら>>

夢中で観られるミステリー・サスペンスのドラマ:邦画編

ミステリー・サスペンスの国内ドラマの、手に汗握る人気の作品はこちらです。

dTVオリジナルドラマ 不能犯

dTVオリジナルドラマ 不能犯
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会(C)2017 dTV

連載中の大人気コミック「不能犯」のエピソードを、dTVが完全映像化。殺し屋の宇相吹正は、電話ボックスに殺人依頼を記した紙を貼りつけるとどこからともなく現れ、ターゲットに確実に死をもたらします。自らの壮絶な過去をひた隠しにしながら生きるOLや、宝くじが当選したことで疑心暗鬼に陥ったサラリーマン、出会い系サイトで少女を物色する教師など、宇相吹に狙われた彼らの悲惨な末路とは…?思い込みやマインドコントロールといった、常識的な考えでは犯行を証明できない立証不可能犯罪によってターゲットを殺害する男と、彼を追う女性刑事の対決を描き、人の生死を世に問いかける衝撃作です。
※この番組には一部刺激の強い内容が含まれているため、保護者の配慮をお勧めします。
■dTVオリジナルドラマ 不能犯はこちら>>

悪の教典-序章-

悪の教典-序章-
(C)BeeTV

日常の崩壊を描いた映画版に対して、日常に潜む見えざる悪意を描いたドラマ「悪の教典-序章-」。蓮実聖司は高校の英語教師で、生徒たちから慕われ、校長や同僚からも絶大な信頼を得ていました。そんな蓮見が在籍する学園内で、にわかに不穏な出来事が起こりはじめます。スクールカウンセラーである聡子のカウンセリングルームは「死ね」のメッセージとともに荒らされ、生徒の一人は体育教師の体罰で負傷し、物理教師の釣井は執拗に蓮実の周囲を嗅ぎ回っていました。映画で描かれる凶行の前夜まで、蓮実はどのように悪の本性を隠して学園を支配していったのでしょうか?サイコパス(反社会性人格障がい)によって張り巡らされた謀略の数々が、本作で明かされます。
■悪の教典-序章-はこちら>>