トレンド ~毎週火・金曜日更新~

【鬼滅の刃】知っておきたい人気キャラクター・登場人物一覧

【鬼滅の刃】知っておきたい人気キャラクター・登場人物一覧_画像1_640_430
一大ブームを巻き起こしている「鬼滅の刃」には、たくさんの個性的な人気キャラクターが登場します。そこでこの記事では炭治郎や禰󠄀豆子といった主要キャラクターから映画に登場した煉獄等、物語にかかわっていく重要人物をご紹介します!
今話題の「鬼滅の刃」とは?あらすじを初心者向けにわかりやすく紹介>>
胸が熱くなる鬼滅の刃の名シーン・名セリフまとめ【前編】>>
胸が熱くなる鬼滅の刃の名シーン・名セリフまとめ【後編】>>

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
大人気!鬼滅の刃のメインキャラクター
とにかく強い!個性豊かな最強の柱たち
これからますますかかわっていく重要人物
まとめ

大人気!鬼滅の刃のメインキャラクター

まずは、鬼滅の刃を語る上で欠かせないメインキャラクターたちを見ていきましょう。

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)

竈門 炭治郎(かまど たんじろう)

家族の仇討ちをめざす心優しい少年で、額のあざと花札風の耳飾り、隊服の上に着た市松模様の羽織が特徴的な主人公。頑固で石頭という二つの意味で頭が固く、生真面目過ぎてズレた言動をすることも。相手の感情まで嗅ぎ取ることができるほどの嗅覚を持っており、戦闘では優れた直感や柔軟な思考力を発揮します。

竈門 禰󠄀豆子(かまど ねずこ)

炭治郎がいない間に鬼に襲われて鬼化してしまった、炭治郎の妹。人を襲わないように竹製の口枷をくわえており、鬼化している禰󠄀豆子は日に当たると燃えて灰化してしまうため炭治郎が背負っている木箱の中に入っています。ほかの鬼とは違って炭治郎を守るように行動し、戦闘時は蹴りをメインにして戦います。

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)
画像:右下

金色(黄色)の髪に太い眉、隊服の上に着用した鱗文様の羽織が特徴的で、炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士。稲妻のような刃文が走った日輪刀(にちりんとう)と、雷の呼吸をつかって戦います。普段は臆病でネガティブ思考が強く情緒不安定気味ですが、優れた聴覚によって他人の感情も読み取ることができ、眠ると本来の力を発揮します。

嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)

炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士で、戦いが好きで乱暴な野生児。猪の毛皮を被っており、上半身は裸で隊服はズボンのみという奇抜な格好をしています。負けず嫌いですが意外と精神的に打たれ弱い部分もあり、人が変わったように落ち込むことも。刃こぼれした日輪刀と、獣(けだもの)の呼吸で戦います。

とにかく強い!個性豊かな最強の柱たち

鬼殺隊のトップで圧倒的な強さを誇る「柱」*たち。それぞれのキャラクターの特徴や性格、呼吸の流派になぞらえた肩書きをご紹介します!
*柱…鬼殺隊の剣士の頂点であり、選りすぐりの強さをもった者たちがその地位に就く

冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)

冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)
画像:右

青みがかった刀身の日輪刀をつかい、水の呼吸を操る「水柱(みずばしら)」で、隊服の上から左右で柄の違う羽織を着ています。現実的で冷めた雰囲気で、感情もほとんど顔に出さず、口下手なので誤解を招いてトラブルになってしまうことも。しかし鬼となった禰󠄀豆子を見逃して炭治郎を鬼殺隊に導くなど、根は優しくて情に厚い性格です。

胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)

蝶の羽根を模した髪飾りや羽織を身に着けており、蟲(むし)の呼吸をつかう「蟲柱(むしばしら)」。誰に対しても笑顔と敬語で接しますが、ときには歪んだ価値観や毒舌な一面を見せることも。華奢で刀を振る筋力は弱いですが、突く筋力の強さや瞬発力を活かしながら、鬼を倒す毒を刃に纏わせて戦います。

煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

快活な笑顔を浮かべて正論を好んで語り、炎の呼吸で鬼を殲滅(せんめつ)する「炎柱(えんばしら)」。炎柱を輩出している名家の出身で、幼い頃から鬼狩りとしての腕を磨いていました。戦闘力が高いだけでなくリーダーシップに優れているため、ほかの柱からも一目置かれており、無限列車内でも炭治郎らに的確な指示を出します。

宇髄 天元(うずい てんげん)

「派手」が口癖で、鎖でつながれた2本の日輪刀と音の呼吸を操る「音柱(おとばしら)」。派手好きで宝石が散りばめられた額当てを着けており、左目の周囲に化粧をしています。大柄な体格でありながら、元忍なので俊敏に動くことができ、戦闘の補助として火薬玉も使用します。

時透 無一郎(ときとう むいちろう)

最年少の柱であり、霞のように白い刀身の日輪刀と、霞(かすみ)の呼吸をつかう「霞柱(かすみばしら)」。すべての呼吸の源流となる「日の呼吸」の使い手の子孫で、刀を握ってわずか2か月で柱となった天才です。記憶障がいを患っていて物事を長く覚えていられず、無表情で他人への関心が薄いこともあり、マイペースな言動をしがちです。

甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)

桜色と緑色をした三つ編みの髪が特徴的で、恋の呼吸と鞭のようにしなる日輪刀をつかう「恋柱(こいばしら)」。社交的で心優しく、惚れっぽくて周囲の人物に男女問わずときめきます。かわいらしい顔立ちで可憐に見えますが、特異体質で常人の8倍の密度の筋肉による怪力を持っており、人一倍食欲も旺盛です。

伊黒 小芭内(いぐろ おばない)

蛇のようにうねる刀身の日輪刀と、蛇の呼吸を操る「蛇柱(へびばしら)」。オッドアイや包帯で隠した口元、ねちねちしたしつこい話し方が特徴的で、白蛇の「鏑丸(かぶらまる)」と常に行動をともにしています。冷酷非道な印象がありますが、柱の中でも蜜璃とは仲がよいです。

不死川 実弥(しなずがわ さねみ)

風の呼吸をつかう「風柱(かぜばしら)」で、炭治郎の同期である不死川 玄弥の兄。短い白髪で身体中に傷痕があり、短気で粗暴な性格です。鬼への憎悪や敵意が特に強いため、鬼である禰󠄀豆子の存在を柱の中で最も強く否定しました。実戦経験が豊富で瞬発力が高く、見た目や性格に反して仲間との協調性を持ち合わせています。

悲鳴嶼 行冥(ひめじま ぎょうめい)

岩の呼吸をつかう「岩柱(いわばしら)」で、常に数珠を手に合掌して念仏を唱えるなど、僧侶を思わせる身なりをしている大男。柱の中では最年長のまとめ役で、周囲から鬼殺隊最強と高く評価されているほど強く、柱たちからの信頼も厚いです。手斧と鉄球を鎖で連結した日輪刀をつかい、鎖鉄球をぶつけて鬼の頭部を粉砕します。 柱たちはアニメにも登場するので、ぜひdアニメストアでチェックしてみてくださいね!

物語にかかわっていく重要人物

今後の重要な鍵を握るキャラクターたちの特徴や性格、関係性についても、ネタばれしない程度に見ていきましょう。

鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)

1000年以上前に生まれたすべての鬼の始祖であり、冷酷非情な性格で鬼たちにすら恐れられている絶対的な支配者。炭治郎にとっては禰󠄀豆子を鬼に変えた宿敵で、外見や攻撃を自由自在に変えられます。自身の血をわけ与えることで人間を鬼に変えることができ、血に仕込んだ呪いで鬼たちを支配しています。

産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや)

鬼殺隊第97代当主で、鬼舞辻 無惨の打倒を願う鬼殺隊最高統率者。隊士たちからは「お館様」と呼ばれ、鬼殺隊の剣士たちのことを「私の子供たち」と呼んでいます。代々短命の一族で病に侵されており、顔面上部の皮膚が変質しているなど病弱ではありますが、高い知性やカリスマ性を持つため柱たち全員に慕われています。

栗花落 カナヲ(つゆり かなを)

炭治郎の同期で、胡蝶しのぶの継子(つぐこ)*である鬼殺隊の女剣士。花の呼吸の使い手で「全集中・常中」を会得しており、機能回復訓練(リハビリ)では炭治郎たちの相手をします。指示を受けたこと以外は自分では判断できないため、コイントスの結果で決めていました。感情が表に出づらいですが、しのぶのことを心から慕っています。
*継子…現役の柱の直弟子で次の柱候補

不死川 玄弥(しなずがわ げんや)

炭治郎の同期にあたる鬼殺隊剣士で、風柱・不死川 実弥の弟。顔に傷があって目つきが鋭く、髪はモヒカンで無口なためかかわりにくいと思われがちですが、意外にも常識人で心優しい性格をしています。体格はよいものの呼吸の才能が全くなく、日輪刀と大型弾を撃ち出す鉄砲をつかって鬼と戦います。

まとめ

ここに出てくるキャラクターを把握しておけば、鬼滅の刃への理解がより深まりさらに楽しめるはずです。炭治郎や禰󠄀豆子だけでなく、ほかにも魅力的な登場人物がたくさんいますので、好きなキャラクターを見つけてみてはいかがでしょうか?
鬼滅の刃のあらすじや登場人物についても気になったら、以下のページから確認してみてくださいね!
今話題の「鬼滅の刃」とは?あらすじを初心者向けにわかりやすく紹介>>
「鬼滅の刃」のグッズはこちら>>

毎日ポイントもらえるチャンス!

閉じる
dマーケット限定!dマーケットで使える!dポイントが当たる「dマーケット毎日くじ」開催中!