トレンド ~毎週火・金曜日更新~

【冬に観たい】ほっこりするおすすめ映画10選

だんだんと空気が冷たくなってきましたね。肌寒い季節には、家でほっこりする映画を観るのがおすすめです。今回は冬に観たい名作を、洋画・邦画に分けてそれぞれ5作品ずつ厳選してみました。dTV内にある作品ばかりなので、気になるものがあればぜひ観てみてくださいね!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

<目次>
寒くなる季節こそ心温まる映画を観よう
ほっこりしてまた観たくなる洋画5選
心がぽかぽかする邦画5選
まとめ

寒くなる季節こそ心温まる映画を観よう

寒くなる季節こそ心温まる映画を観よう

寒くて外出が億劫になり、家にこもって人に会う機会が減ったり、体が冷えて気分まで沈んでしまったりと、冬はネガティブ思考に陥りやすい時期です。そんな時はヒューマンドラマやラブストーリーを観ると、作品に共感したり感動したりするうちに心がぽかぽかして、前向きな気持ちになれます。また、冬に関する作品も季節感があって感情移入しやすいですし、寒い日に思い出す特別な作品になるはずです。家族や友人と一緒に映画を観て感想を話し合ったり、自分があまり知らない時代やジャンルの作品に挑戦してみたりするのもおすすめです。周りの人とのコミュニケーションが生まれるきっかけとなり、ますます心温まるでしょう。

ほっこりしてまた観たくなる洋画5選

まずはdTVで観られる、ほっこりする洋画のあらすじや見どころをご紹介します!名作揃いで何度観てもジーンとくる作品ばかりですよ。

ジュディ 虹の彼方に

ジュディ-虹の彼方に
(C) Pathe Productions Limited And

才能に生かされ、才能に苦しみ、それでも決してステージを諦めなかった伝説のミュージカル女優の物語。ハリウッド黄金期を象徴する映画「オズの魔法使」の主人公ドロシー役のジュディ・ガーランドは、17歳にして一躍スターダムを駆け上がります。その後も不朽の名作「スタア誕生」を始めとする数々のヒット作に出演し、華々しくハリウッド史を代表するミュージカル女優へと上り詰めたのです。それから歳月が経った1968年の冬、彼女は単身、ロンドンの舞台に立っていました。波乱の女優人生を送ってきたジュディが47歳で亡くなるまでの最期の日々、命を燃やし尽くしたと今も語り継がれる起死回生をかけたステージとは…!?魂で歌い上げる「オーバー・ザ・レインボー」は圧巻です。
※「ジュディ 虹の彼方に」はdTV内のレンタル作品のため、視聴するには別途料金がかかります
■「ジュディ 虹の彼方に」についてはこちら>>

真珠の耳飾りの少女

真珠の耳飾りの少女
(C)Archer Street (Girl) Limited 2003

17世紀に活躍した、オランダの天才画家フェルメールが描いた1枚の絵を巡るヒューマンドラマ。事故で失明した父に代わって家計を支える少女グリートは、フェルメール家の住み込みの使用人となります。重労働に追われる日々の中で美的感覚の鋭さをフェルメールに認められたグリートは絵の具の調合の仕事を任され、弟子として画家にインスピレーションを与えます。主人と使用人としての距離を保ちつつも、次第にお互いが運命の相手だと気付く2人。フェルメールの妻カタリーナは彼らの関係に嫉妬し、パトロンのファン・ライフェンは狡猾な策略を巡らせます。彼の挑発に乗せられて、フェルメールはグリートをモデルに絵を描くことになりますが…。フェルメールとグリート心の変化が官能的に綴られています。
■「真珠の耳飾りの少女」についてはこちら>>

パパが遺した物語


(C)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

小説家のジェイクは交通事故を起こして妻を失い、自身もまた入院することになり、7歳の娘ケイティとは離れ離れに。7ヶ月後にようやく退院できたジェイクは、これからはずっと一緒にいるとケイティに約束します。それから25年が経ち、成長したケイティは大学院で心理学を専攻していました。ケイティは両親を亡くしたトラウマから、人を愛することができずにいました。しかし娘とのことが綴られた父の遺作を愛読する作家志望のキャメロンと出会ったことにより、ケイティは過去と向き合おうとするのでした。時を超えて結ばれた父と娘の絆を、カーペンターズの名曲「Close to You」が引き立てます。
■「パパが遺した物語」についてはこちら>>

最強のふたり

最強のふたり
(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

事故で首から下が麻痺してしまった大富豪と、彼を介護する黒人青年の友情を、実話に基づいてコミカルに描いたヒューマンドラマ。 スラム街出身で刑務所を出たばかりの黒人ドリスは、生活保護の申請に必要な不採用の証明書を目当てに、車いすで生活している大富豪フィリップの介護者を選ぶ面接を受けます。ところがフィリップはドリスを気に入り、採用することに。 年齢や育った環境、趣味などもまったく違う2人ですが、ぶつかりながらもお互いを認め合い、次第にベストパートナーへと変化していきます。立場が違ってもお互いを尊重し本音で向き合う姿に、笑いながらも気付けば感動して泣いてしまう、心に沁みる作品です。
■「最強のふたり」についてはこちら>>

私の頭の中の消しゴム

私の頭の中の消しゴム
(C)2004 CJ Entertainment Inc.& Sidus Pictures Corporation. All rights reserved.

建築家のチョルスとファッションデザイナーのスジンは幸せな新婚生活を送っていましたが、スジンの物忘れが深刻になっていきます。不安になり医者を訪れたスジンが宣告されたのは「若年性アルツハイマー」でした。この日から、失われていく記憶を繋ぎ止めるための2人の闘いが始まります。チョルスは家中に何枚ものメモを貼り巡らせますが、彼女の記憶はどんどんこぼれていきます。家族や自分すら誰なのか分からなくなっていくスジン。ある日、仕事から戻ったチョルスが目にしたのは空っぽの家と、1通の置き手紙でした。若年性アルツハイマーに侵されたヒロインと、彼女を支え続ける夫の姿に胸が熱くなります。
■「私の頭の中の消しゴム」についてはこちら>>

心がぽかぽかする邦画5選

続いて一度は観ておきたい、ほっこりする邦画を5作品に絞りました。どれも観終わった頃には、感動で心がじんわりと温まっているはずです。

天使の恋

天使の恋
(C)2009『天使の恋』製作委員会

携帯小説史上最高のアクセス数を誇った純愛ストーリーを映画化。美しくてカリスマ性のある女子高生・理央は常にグループの中心にいましたが、過去のトラウマから人を信じられずにいました。友人も恋人も自分のために利用することしか考えず、お金にだけ価値を見出していたのです。しかし理央はある日、無愛想でどこか寂しげな大学講師・光輝と出会います。光輝と運命的な恋に落ちた理央は、今までの自分を悔い改めます。初めて人を愛することに戸惑いながらも、ストレートに想いをぶつけてくる理央。光輝も理央に惹かれていきますが、彼には彼女を受け入れられない秘密があったのです…。トラウマを抱えた女子高生が、大切な人との出会いによって変化していく姿に注目です。
■「天使の恋」についてはこちら>>

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク
(C)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

伊坂幸太郎の小説を原作として、三浦春馬と多部未華子の3度目のタッグで10年越しの恋を綴るラブストーリー。 会社員の佐藤(三浦)は宮城・仙台駅の前で街頭アンケートを行っていましたが、なかなか道行く人から相手にしてもらえません。そんな時にギターの弾き語りが聞こえたため少し聴いていると、スーツを着ている紗季(多部)も同じくギターの音色に聴き入っていました。紗季と目が合ったため佐藤が思わず声を掛けると、紗季は快くアンケートに応えるのでした。この2人の小さな出会いが上司や親友、その周囲の人々を巻き込み、人と人とを繋いで奇跡のような瞬間を呼び起こします。
※アイネクライネナハトムジークはdTV内のレンタル作品のため、視聴するには別途料金がかかります。
■「アイネクライネナハトムジーク」についてはこちら>>

白夜行

白夜行
(C) 2011映画「白夜行」製作委員会

廃ビルの密室で、質屋の店主が殺されました。妻の桐原弥生子と従業員で弥生子の愛人・松浦に嫌疑が掛かりますが、10歳になる息子の桐原亮司が、刑事の笹垣に母親のアリバイを証言します。一方、捜査本部は、被害者が事件の直前に西本文代の家を訪ねていたことを突き止めます。笹垣の職務質問に嘘で答えようとした文代を制したのは、10歳の少女・西本雪穂でした。その後、文代の恋人が事故死、質屋殺しの証拠品も発見され、その後を追うかのように文代がガス中毒死、事件は被疑者死亡のまま解決となります。しかし笹垣の脳裏には被疑者の息子と容疑者の娘の姿がちらついて離れず、腑に落ちません。19年もの月日が流れた頃、笹垣は確かな絆の存在に思い至るのでした。幼い頃にとある殺人事件に関わった男女の宿命が、様々な登場人物の視点を通して描かれています。
■「白夜行」についてはこちら>>

溺れるナイフ

溺れるナイフ
(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

ジョージ朝倉の伝説的少女コミックを実写映画化し、菅田将暉・小松菜奈が2度目の共演を果たした青春ラブストーリー。東京で雑誌モデルとして活躍していた美少女・望月夏芽(小松菜奈)は、ある日突然、父の故郷・浮雲町に引っ越すことになります。退屈な田舎町に不満を募らせていた夏芽が出会ったのは、一帯を仕切る神主一族の末裔で跡取りである、長谷川航一朗₌コウ(菅田将暉)でした。意地悪で気まぐれでエキセントリックなコウに反発しつつも、やがて夏芽は強烈に心を奪われていきます。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と似たものを感じていました。互いに惹かれ合っていく2人でしたが、夏祭りの夜に思いもよらぬ事件が起きて…。
■「溺れるナイフ」についてはこちら>>

手紙

手紙
(C)2006『手紙』製作委員会

幼なじみの祐輔とプロのお笑い芸人を目指している直貴。直貴には自分の学費のために強盗を犯した兄・剛志がおり、手紙でやり取りを続けていました。そのため周りの人とは距離を置いていますが、食堂の配膳係・由美子にだけは好意を抱いていたのです。 やがて祐輔とのお笑いコンビ『テラタケ』はブレイクしますが、インターネットの書き込みによって直貴が殺人犯の弟だという噂が広まってしまいます。由美子が救いの手を差し伸べるも、 直貴は殺人犯の弟というレッテルを貼られ、家族まで巻き込むことにもがき苦しみます。差別が延々と続くと感じた直貴は、剛志に手紙を出すのでした。罪を犯すことの重さと、兄弟の心の変化を思うとつい号泣してしまいます。
■「手紙」についてはこちら>>

まとめ

観たくなる映画はありましたか?心も体も温めて、寒い冬をしっかり乗り越えましょう。紹介した作品はどれもdTVで視聴できるので、この機会にぜひお気に入りの名作を見つけてみてくださいね!dTVの他の作品は、以下のページからチェックできます。
■dTVで気になる作品をチェック!!>>