トレンド

ストレス解消間違いなし!気分爽快アクション・バトル作品特集

家でストレス発散をしたいと思ったら、アクション・バトル作品を鑑賞するのがおすすめです。迫力のあるアクションシーンを観れば、自然と爽快感が溢れリフレッシュできるはずです。 今回はアクション映画の中でもdTVで視聴できる人気の作品を、洋画・邦画に分けてそれぞれ4つずつご紹介します!

※記事の内容は記事公開時点のものです。

ストレス発散にはアクション映画がおすすめ

ストレス発散にはアクション映画がおすすめ

スポーツをしたり、友達と遊びに出かけたりするのもストレス解消になりますが、疲れている場合などは外出するのが面倒と感じることもありますよね。家にいながら気軽に観られるのが映画の良いところです。

疲れた時やイライラした時、気分が沈んでしまった時こそ、日常の嫌なことは一旦忘れて、非日常的なアクション映画の世界観に浸りましょう。

手に汗握る展開にハラハラしたり、臨場感のあるバトルにスカッとしたり、ヒーローが苦難を乗り越えていく姿に感動したり。作品から刺激を受けて自分も頑張ろうと思えるなど、夢中になって観終える頃には気分転換できているはずですよ。

ドキドキハラハラするアクション洋画4選

アクション映画の中でも特に洋画は、爆破や落下、銃撃戦など、ド派手なシーンも盛り沢山です!
中でもぜひ観て頂きたい4作品を厳選しました。

 

トランスポーター

トランスポーター

© 2002 EuropaCorp – TF1 Films Production. ALL RIGHTS RESERVED.

どんな依頼品も正確に目的地まで届けるプロの運び屋と、その依頼品である女性が追っ手との壮絶な戦いを繰り広げるカーアクション映画です。

凄腕の運び屋(トランスポーター)であるフランクが、自ら決めたルールは3つ。「契約厳守」「名前は聞かない」「依頼品を開けない」。

いつものように仕事を請け負ったフランクでしたが、ふとしたことで新たな依頼品が動いていることに気付き、中身が気になってつい蓋を開けてしまいます。すると中に入っていたのは、手足を縛られた美しい東洋人の女性(スー・チー)でした。

ルールを破ってしまったがために、フランクは次々と事件に巻き込まれていき…。

テンポの良いストーリー展開、激しいアクションやカーチェイスに、気付けば引き込まれてしまいます。

■作品ページはこちら>>

 

レオン

レオン

©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

一流の殺し屋レオンと、孤独な少女マチルダのアクション・ラブロマンスです。

レオンは暗殺者であることを隠して、ニューヨークの安アパートで静かに暮らしていました。しかしある日、隣りの部屋に住んでいるマチルダの家族が、組織の麻薬を横領した疑いでスタンスフィールド一味によって虐殺されてしまいます。

マチルダだけは買い物に出かけていたので無事でしたが、家族を失った彼女はレオンに助けを求めます。

冷酷ながらもどこか少年のような心を持った暗殺者と、不幸な環境のせいで幼いながらも大人びた少女の不思議な共同生活。静かな2人の関係とアクションシーンとのギャップから目が離せません。

キャストの存在感や、家族愛とも恋愛ともつかない感情など、アクションだけでは語りつくせない見どころが満載の作品です。

■作品ページはこちら>>

 

アベンジャーズ

アベンジャーズ

TM & (C) 2012 Marvel & Subs.

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルクなど、マーベルのヒーローたちが集結して壮大なバトルを繰り広げる、アメコミ好きにはたまらないアクション作品です。

長官ニック・フューリー率いる国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていました。しかし突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまいます。

そこから現れたのは、神の国アスガルドを追放され、宇宙人たちと手を組んで地球支配をもくろむロキ。彼の野心を知ったフューリーは最強ヒーローたちによる『アベンジャーズ』を結成し、招集をかけますが…。

マーベル作品が好きな方であれば豪華過ぎる顔ぶれにテンションが上がるでしょう。そうでない方でも個性的なヒーローたちのバトルシーンを存分に楽しめるはずです。

※アベンジャーズはdTV内のレンタル作品のため、視聴するには別途料金がかかります。

■作品ページはこちら>>

 

ワイルド・スピード

ワイルド・スピード

(C) 2001 Mediastream Film GMBH & Co. Productions KG. All Rights Reserved.

カーアクションの代表格と言えば、ワイルド・スピードです。

舞台はロサンゼルス。ドミニクは挑戦してくる連中を相手に、夜な夜なストリート・レースで大金を稼ぐ凄腕のドライバーです。そんな彼の前に突如ブライアンが現れ、ドミニクにレースを挑みます。

同じ時間を過ごしていくうちにファミリーとして親密になる2人でしたが、ブライアンの正体は警察官。トラックの連続ジャック事件を極秘に捜査していたブライアンは、潜入捜査としてドミニクに接触していたのです…。

とにかくスピード感があって息をもつかせぬカーチェイスや、ダイナミックな爆破シーンに興奮しっぱなしです。友情が芽生えたからこそ見せるブラインの警察官としての葛藤や、決断にも注目です。シリーズ全体を通して、観ていてスカッとすること間違いなしの作品となっています。

■作品ページはこちら>>

スリル満点!アクション邦画3選

邦画のアクション作品は刀での戦いや、拳と拳のぶつかり合いなどが多い印象があります。こちらも特に面白いおすすめの作品を3つピックアップしました。

 

るろうに剣心

るろうに剣心

(C) 和月伸宏/集英社 (C)2012 「るろうに剣心」製作委員会

少年ジャンプ連載時より人気を博し、シリーズ累計7200万部のベストセラーとなった漫画「るろうに剣心」の実写映画です。

明治初頭の東京では、人斬り抜刀斎を名乗る男が誰彼構わず斬りつける事件が起きていました。道場を切り盛りする女流剣士の神谷薫が無謀にも男に立ち向かおうとするところを、通りすがりの男が助けます。

その人こそが、幕末には反幕府軍の暗殺者として活躍した人斬り抜刀斎本人だったのです。今は緋村剣心と名乗り、不殺(ころさず)の誓いを立て、斬れない刀を持ち、人助けをしているのでした。

心優しい剣士が大切なものを守るべく敵に立ち向かう姿はつい応援したくなりますし、スピード感溢れる殺陣シーンは迫力があって秀逸です。世界観がしっかりと反映されているので、原作のファンからも初めて観る方からも好評なほど質の高い作品です。

※るろうに剣心はdTV内のレンタル作品のため、視聴するには別途料金がかかります。

■作品ページはこちら>>

 

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

(C) 2012 真鍋昌平・小学館 / 映画「闇金ウシジマくん」製作委員会

違法な高金利で金を貸し付けて容赦なく取り立てる闇金融を営む男と、闇金融に関わり金に翻弄される人々をリアルに描いたベストセラーコミック「闇金ウシジマくん」の実写劇場版作品です。

主人公の丑嶋馨(うしじま かおる)は10日で5割、1日3割という法外に高い金利をつける闇金融業を営んでいます。

パチンコにハマった母の借金を肩代わりした鈴木未來は楽に稼げると友人から勧められ、そのまま出会いカフェのバイトを始めます。売春だけはしないと心に固く誓うものの、簡単に大金が手に入ることを知り決意が揺らいでいきます。

また、成り上がりを狙う小川純はイベントサークルの代表を務め、イケメンダンサーを集めたイベントを主催しては女性たちからチケット代を巻き上げていました。資金集めに奔走し、ようやくスポンサーを見つけたものの…。

金に目が眩んだ2人は、丑嶋の情け容赦ない取り立てに追い詰められます。

裏社会を覗き見たような感覚になり、アクションシーンが金と欲望の恐さをますます引き立てている作品です。

■作品ページはこちら>>

 

新宿スワン

新宿スワン

© 2015 「新宿スワン」製作委員会

アジア最大の歓楽街である新宿・歌舞伎町を舞台に、スカウトマンたちの生き残りをかけた争いを描いた作品です。原作の漫画は、作者自らの体験が元になっています。

一文無しであてもなく歌舞伎町をさすらっていた白鳥龍彦は、伝説のスカウトマンである真虎に誘われてスカウトの世界に足を踏み入れます。

街を行き交う女性に声をかけては水商売、風俗、AVの仕事を斡旋し、紹介料を稼いでいく龍彦。男女の様々な思惑が絡み合う裏社会で、スカウトマンたちの頂点を目指した熾烈な争いが繰り広げられていくのです。

個性溢れるキャストがぶつかり合い、激しく暴れるシーンは躍動感があってヒヤヒヤしてしまいます。暗いテーマに反して、不器用ながらもスカウトマンとして成長していく龍彦の姿は潔くも感じられます。

■作品ページはこちら>>

まとめ

今回ご紹介した映画で気になる作品はありましたか?アクション映画はストレスを解消できるだけでなく、あなたにとって何度も観たくなるほどに大事な作品になるかもしれません。

この記事でご紹介した映画はdTVで視聴可能です。どれも名作なので、ピンときたものがあったらぜひ観てみてくださいね。