今更聞けない!基礎情報&用語集★もっと知りたいAKB48グループ・乃木坂46・欅坂46特集

国民的アイドル!AKB48

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める。2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いに行けるアイドル」。
メンバーはすべて全国各地からの応募によるオーディションにより選出され、現在5つのチーム(チームA、K、B、4、8)と研究生で構成されている。
リリースされる新曲は26作連続ミリオンセラーを達成し続けており、日本を代表するアイドルグループとして、テレビ、ラジオ、雑誌と多方面の媒体にレギュラーを持つなど、劇場公演をベースにしつつ、その活躍の場は多岐に亘っている。

姉妹グループ おすすめ曲☆

NMB48大阪市中央区及び浪速区の難波(NaMBa)地区が拠点。

HKT48福岡市が拠点。博多(HaKaTa)から名づけられている。

NGT48新潟県新潟市(NiiGaTa)が拠点。

AKB48 関連用語集

ぐぐたす
「AKB48 on Google+」内で生まれたGoogle+の略称。「Google」→「ぐぐ」、「+」→「たす」と言い換えた造語。
推しメン [読み方:オシメン]
「推しメンバー」の略。自分の好きなメンバーや応援しているメンバーのこと。
神推し [読み方:カミオシ]
最も推しているメンバーのこと。そのメンバーを神とあがめるほど推すという所から、こう呼ばれる。
激推し [読み方:ゲキオシ]
2番目に好きなメンバーのこと。神推しとまではいかないものの、激しく推すことから、こう呼ばれる。
認知 [読み方:ニンチ]
メンバーから名前を覚えてもらうこと。握手会で何度も握手したり、公演で自分の名前を叫んだりすることで、覚えてもらえる。
古参 [読み方:コサン]
初期から劇場に来ているファンを指す用語。
PD [読み方:ピーディー]
「ポッと出」の略で、新規のファンを指す用語。「古参」と比較されることも多い。
DD [読み方:ディーディー]
「誰でも大好き」の略であり、どのメンバーでも好きなファンの事。
在宅 [読み方:ザイタク]
劇場やイベントには行かず、家で応援するファンを指す用語。
神7 [読み方:カミセブン]
AKB48の人気上位7人の事。第1回、第2回の総選挙で上位7人顔触れに変化がなかったことから、彼女たちを神7と呼ぶようになったのがはじまり。
研究生 [読み方:ケンキュウセイ]
AKB48の正規メンバーではないメンバーのこと。正規メンバーのバックダンサーを務めたり、研究生のみの公演で活動を行っている。
組閣 [読み方:ソカク]
チームの再編や異動のこと。2009年に行われた「AKB104選抜メンバー組閣祭り」以後、この事を『組閣』と称するようになった。

AKB公式ライバルグループ!乃木坂46

AKB48の"公式ライバル"として秋元康がプロデュースを担当。名前は最終オーディション会場の乃木坂に由来。「46」の由来は、「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み(秋元康氏)」から。
メンバーは全国規模のオーディションにより、38,934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選ばれる。
2012年2月に「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし、同年5月の2ndシングル「おいでシャンプー」以降はシングル連続1位を更新し、瞬く間にトップアイドルへと躍進。
2016年の紅白では2度目の出場を果たした。

AKB公式ライバルグループ!欅坂46

秋元康の総合プロデュースによる"坂道シリーズ"第2弾として、第1弾の乃木坂46結成から4年後の同日・同場所となる2015年8月21日に結成。1期生募集段階当初は"鳥居坂46"としていたが、結成と同時に"欅坂46"へ改名して活動開始。
2016年4月のデビュー・シングル「サイレントマジョリティー」は女性アーティストのデビュー・シングル初週売上歴代1位記録を樹立するなど、一躍注目を浴びる存在に。また、2016年5月には"けやき坂46"(通称:ひらがなけやき)も発足。
2016年8月、2ndシングル「世界には愛しかない」を、11月に3rdシングル「二人セゾン」をリリース。
デビュー1年目にして2016年の紅白初出場を果たした。