あなたにピッタリなアウターは... ブルゾン

流行をおさえながら、きちんとしたコーディネートに落とし込むタイプ。だがこの秋のオフはジャケットではトゥーマッチ。そこで注目株・ブルゾンの出番だ。一見カジュアルだが、シャツと合わせるなど着こなし次第で十分洗練された印象になれる万能選手。

小柄さんにおすすめ

ブルゾン

小柄な人にベストなのは、ブルゾンの裾が腰骨より少し下にくるくらいのショート丈。四角い、ボクシーなシルエットのものを選ぼう。さらなるスタイルアップをはかるなら、スキニーボトムを合わせて縦のラインをしっかり作ること。インナーはシンプルなカットソーでもよいが、大胆な色味を合わせるのもよい。ストライプのシャツで縦長効果をダメ押しすれば尚良し。ストライプシャツに、胸元に刺繍が入ったブルゾンなんて気の利いた組み合わせができれば完璧!

小柄さんNGファッション

目指すとこ間違えてるブサメン着丈の長いブルゾンを小柄な人が纏うと、ズルっとした見た目に。ここに上半身のカジュアルなテンションに揃えた太めのボトムを合わせると、大人ストリートの失敗作が出来上がる。

大柄さんにおすすめ

ブルゾン

窮屈に見えないように、羽織ものは前を開けてクリーンに着たい。前開きで着る時、襟が綺麗に立ち上がると、よりかっこよくキマる。ただしミリタリーをそのままラフに着るのではなく、大人の風格を出すコーディネートを。インナーはシャツにして、さらにその中にタートルネックを持ってきて、首元をレイヤードさせるとさらによい。ボトムの色味はアウターに合わせて、同系色でまとめよう。

大柄さんNGファッション

息苦しいブサメン確かに涼しい。だが、前を閉じたブルゾンは見た目に息苦しい。せめて秋口くらい、お洒落は我慢と思って耐えてほしい。インナーのコーディネートまで見せつけるくらい颯爽と前開きを。

この情報は2016年10月21日時点の情報です。